FC2ブログ
 
 
 
 
 

菅総理の経済政策の行方がいまいち分からぬ

 
 いつもの如く床屋談義。自分の考えを整理してみました。
 一昨日新総理に菅氏が決まったが、菅政権の経済政策がどのように進むかいまいち分からぬ。

 まずは財政出動思想と財政緊縮や増税思想が混在しているように思える。
 菅総理個人の考えでは、公共事業に偏らない財政出動だろう。ただブレーンであると思われる小野善晴教授の主張そのまま採用とはいかないだろう。なにしろ小野理論の乗数ゼロという考えは、無駄遣いという批判が出て多くの国民が納得できないだろう。「労働力という資源の無駄遣いをなくすために公共事業は必要なのだ」と主張しても、派遣村で多くの批判があったように弱者には厳しいのである。私から言わせれば「運が悪ければ、誰もが派遣村にお世話になっているかもしれないという想像力が欠如している」としか思えないのだが。
 それに菅氏は財務大臣時代に緊縮財政と消費税増税をにおわせている。これは財務省の意向を言っただけだろうが、この発言も今後の政権運営に影響するだろう。今後、総理の心情と実際の財政事情がどう折り合うのか、私にはよく分からないのである。

 次に金融政策である。「日銀を普通の中央銀行にするには、政府による目標の設定と目標を実施させる政策の強制させる日銀法改正しかない」、というのがリフレ派・リフレ支持者の共通見解であろう。菅総理が財務大臣時代にデフレ脱却のために日銀に金融緩和を要求したことは知られている。日銀は金融担当大臣の管轄だという事情もあるだろうが、中途半端だったという印象しか残っていない。どれだけ本気で日銀法改正を含む金融政策を本気でやるのか、よく分からない。そして小野理論がインフレターゲット等の金融政策をほとんど評価しないという点も見逃せない。

 そして小野教授が重視するのが、需要増大させる新産業の創造支援である。この点は、鳩山政権から既存路線なのでほとんど変わらないだろう。こういった成長戦略は経産省役人の書く可能性のない作文であり、評価に値する内容が伴わない。なぜなら、成長戦略は結局旧来の産業政策の焼き直しでしかなく、産業政策は、理論・歴史的にも成功しなかったのは間違いないのだから。成長戦略の実施の結果は、無駄な公益法人が作られ単なるバラマキに終わるのであろう。まあ、「民主党政権は成長戦略がない」と批判するバカが多い(苦笑)から、仕方ない点もあるのだが。

 これらの事情を考慮すると、冒頭に書いたように「菅総理の経済政策の行方は分からない」という結論になってしまうのである。賛成するにしろ反対するにしろ、とにかく菅政権がどのように政策運営していくか、注意深く観察するしかなさそうである。

 一方、連立政権維持のための郵政見直し(疑似国有化)や製造業派遣禁止・時給1000円など一見弱者救済のようで実は弱者に不利になる政策は続くでしょうね。政策がはっきりしない以上、まだ菅政権を支持するか迷っているのが今の正直な気分です。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー