FC2ブログ
 
 
 
 
 

秋葉原における時代の流れを感じさせる映画

 
 今更書きますが、先週金曜日に放送された映画「陰日向に咲く」をビデオで鑑賞しました。すでに原作を読んでいるのでおおよそ理解できますが、いきなり映画見ると各登場人物の関係性分かりにくいと思います。尺の問題もありますが、違う話がいろいろ展開しているので戸惑った人もおおいのではないでしょうか。最後はバラバラだった登場人物がつながっていって、感動できるのですが。

 2008年公開の映画ですが、秋葉原関係のシーンを見ると「懐かしいな」と思ってしまいます。と言っても2~3年前の撮影された映像のはずですが。例えば、崖っぷちアイドルみゃーこ(平山あや)とゆうすけ(塚本高史)が最初に出会うシーンがあるだけど、サトームセンのロゴがあります。ちなみにすでに秋葉原にサトームセンは存在せず、現在あの場所はヤマダ電機になっています。そしてみゃーこがイベントをやるシーンがありますが、そこのロゴも石丸電気の古いものです。石丸電気はエディオングループの下で現在も営業してます。そして現在もアイドル関連のイベントも実際に行われています。イベントのシーンでみゃーこが後ろ向きのまま幕が開き、正面を見たらファンが3人しかいなかったシーンの動揺は笑いました。原作にもあるので分かってはいたのですが。

 原作ファンのサービスで原作者の劇団ひとりも出演しても良かったのではないか?と思いました。演技経験もありますし。そういえば朝ドラ「純情きらり」で映画に出ていた宮あおいと劇団ひとりと共演したことを思い出しました。しかも2人婚約まで発展したはずです。結局分かれて、桜子は幼なじみと結婚するのですが。

 映画のストーリーとはほとんど関係ないが、秋葉原は変化し続ける街だということを実感できた映画でした(そっちかよ)。ツッコミをいれると、みゃーこのビデオが流れていた秋葉原駅前の店は、アイドルを扱っている店ではなく、自称大人のデパートの店です(これ以上は自粛(笑))。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー