放置できぬ経済問題による自殺の増加

 
 現政権のキャッチフレーズは「いのちを大事にする」はずだが、こんな記事が
 20~30代自殺率、最悪…動機に生活苦

 遺書などから動機を特定できたのは2万4434人。52項目(複数選択可)に分けられた動機のうち、健康問題が1万5867人と最多で、中でも「うつ病」は6949人で全項目中トップだった。2番目に多かった経済・生活問題を動機とした8377人の分析では、「失業」が前年より65.3%増の1071人。「就職失敗」354人(前年比39.9%増)、「生活苦」1731人(34.3%増)も含めると全体の約4割を占め、雇用や家計の深刻さもうかがえる。(太字引用者)
(中略)
 一方、今年は4月までの自殺者が前年を1017人下回る1万309人となっているが、依然、年間3万人超のペース。警察庁幹部も「景気が落ち込めば増加に転じる恐れもある」と厳しい見方を崩していない。(記事
 景気が悪化すれば経済苦による自殺者が増えるのは仕方がないと思っていた(自殺せずに済むならそれにこしたことはない)。失業や就職失敗による自殺がここまで増えているとは想像もしてなかった。「就職失敗くらいで死ぬな」という意見もあるだろう。だが、新卒で就職できるかどうかで生涯賃金だけでなく社会的地位にも重要なものだ。そして不況で正社員なるのはかなり難しい。現状の厳しさは、その立場になってみないと分からないので厳しい意見に賛同する気にならないのだ。

 普天間問題や政治とカネの問題も放置すべきではないが、経済問題による自殺も、もう少し考えてもらいたいものである。

スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2010/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー