FC2ブログ
 
 
 
 
 

いまいち分からぬ「日本創新党」の結党

 
 山田宏杉並区長や中田前横浜市長などが新党「日本創新党」を結成した。道州制の導入などを政策にしているが、私には「いまいち分からない」というのが率直な感想だ。山田氏の「今のまま放置すれば、日本はあと3年もたない」という認識は別にして、道州制という日本の行政組織を根本的に変革する制度変更が3年そこらで出来るとは思えない。そもそも夏の参議院の出馬予定者がほぼ白紙では、まさしく絵に描いた餅だ。具体的な戦略自体がない人々が、「「地方経営のプロ」と自称する首長や首長経験者の認識か」と呆れるしかない。

 元首長が、出馬して国会議員になれば主張が変わることも想定されなければならない。立場が変わると以前の主張と全然違うことをやり出すのは、今回の政権交代で嫌なほど見せつけられた。国会では、民主党は今までの自民党みたいなことをやり、自民党は今までの民主党と変わらない行動をとる。「人の行動を規定しているのは、主義主張でなく自らの立場なんだな」ということを実感した半年であった。仮に日本創新党の候補者が当選しても、結局旧来の国会議員と何ら変わらぬ行動しかしない可能性はある。

 そもそも地方の首長の経験が国会議員にそのまま通用するとは思えない。首長は、自分の管轄する地域振興が成功すればいいが、国民全体の代表である政府や国会議員が露骨にやるわけにはいかない。特定地域の利益誘導政策は、不公平であり、利益を受け取れない多くの人々が反対するするのは当然だ。国防なども首長の経験が生かせるとは考えにくい。日本創新党のメンバーはこの点を考えているのだろうか?

 道州制など高い理想もいいが、まず足下を固めなければ何も始まらない。数年後「見切り発車だった」と評価にならないよう期待したい。

(追記 2010/04/19 公開直後)
 新党に対して厳しいことをいろいろ書いたが、地方の疲弊を無視する気は私にはありません。今日『週刊プレイボーイ』を購入したら、鳥取県の人口(約59万)が減少していき千葉県船橋市(人口約60万人)の人口と同程度と聞いて驚きました。これでは、地方のために新党立ち上げる気持ちは分かる。でも中身がないとね・・・。

スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー