FC2ブログ
 
 
 
 
 

定義が難しい「秋葉原のメイド喫茶」

 
 「笑っていいとも!」の昨日の放送で、「AKB48と秋葉原のメイド喫茶どちらが多い」という出題をされたと噂で聞いた(噂かよ)。増刊号録画して確認してみます。

 でも「秋葉原のメイド喫茶」というが、厳密に区別することはなかなか難しい。

 (1)秋葉原はどこまでか? 一般的に「秋葉原のメイド喫茶」と認識されている所でも、最寄り駅が末広町である店もある。既に閉店した「CAFE&BAR VIERGE」のように御徒町のほうに近く「秋葉原じゃね~よ」という店もあった。
 (2)どこまでがメイドか? メイド服の有無を基準にすると、店名は戦国メイドカフェでも「もののぷの制服はメイド服か?」ということになる。一般的なメイド喫茶とされていても、Cos-Chaのように店の中ではエンジェルと呼んでメイドと呼んでいない店もある。
 (3)コスプレ喫茶とメイド喫茶との区別 私にはCos-chaがメイド喫茶と言われると違和感がある。なぜなら現在のHPで見る限り、メイド服を着て営業している方が少ないからである。これではメイド喫茶でなくてコスプレ喫茶だ。メイド喫茶が他のコスプレをするならば、イベント時の月に数日が許容範囲だと私は勝手に思っている。

 このように考えていくと「秋葉原のメイド喫茶の定義は何か」という答えるのが一見簡単そうだが、厳密に考えるとかなり難しい。店ごとにいくつかのグループに区分しようとするならなおさらだ。私は全ての店に行ったことがないので、こういった区分を行う能力がないので、分類できませんが。

 メイド喫茶の客ならば、こういった区分などは「お遊び」の範囲で済む。政治経済の話になると、厳密な定義のない話は駄目だ。
 たとえば「自ら提言している構造改革の厳密な定義を人に説明できない人」はプロ失格である。構造問題が何かということを説明する以上に、どのような政策で構造問題を解消するかは論理的な説明をするのは非常に難しい。まあ、簡単に解消できないから構造問題なのだが・・・。
 構造改革を積極的に主張する人に構造改革の内容を聞くと、具体的な内容がない規制緩和だったり、過去成功例のない産業政策の焼き直しだったりするのは、良くある話だ。具体的な話をないのは政策として採用不要だし、昔の産業政策をそのままやるなら、確実に失敗する。私は、正直こういった話を聞くのはうんざりしているのだ。

 激しく脱線してしまったが、「真面目な話をするには、厳密な定義は必要」という話でした。
 ってそんな話だったっけ・・・?

(追記 2010/4/17 5:55頃)
 朝起きてネットを確認していたら、まいくさんのTwitterに当記事がリンクされてていた。私、Twitterやらないので、ここでお礼書いておきます。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー