FC2ブログ
 
 
 
 
 

『KiZUNA』で日大通信教育部が大きく扱われているが・・・

 
 日大卒業生と日大を結ぶコミュケーション紙『KiZANA』第13号が自宅に郵送された。当然、来年度の校友会費振り込み用紙入りです。学部の多い日本大学の中で規模が小さいので、どうしても注目されない。ところが今回は、「通信教育で新しい人生に チャレンジ&チェンジ」という特集で通信教育部が大きく扱われている。

 今回通信教育部が大きく扱われているのは、2つの理由が考えられる。1つは、少子高齢化により通学の入学者が頭打ちになることが明白だからである。通学では、社会人では入試・学費・時間の制約など問題が多い。従って、入試がなく(事実上書類審査のみ)、学費が安く、学習にある程度自由がきく通信教育部が適切になる。『KiZUNA』の宣伝によって日大卒業生に通信教育部に入学して大学の収入を増やしたいからであろう。

 「このような状況は以前から変わらない」と思う方も多いだろう。邪推すると、日大通信教育部に新校舎「3号館」ができ今年度から使用を開始するようだ。つまり、日大本部・日大通信教育部として建設費用を回収したいので、通信教育部の学生募集に力を入れたいというのが本音なのだろう。法科大学院では、お茶の水キャンパス再開発によりカザルスホール(私が現役時代にも通信教育部の集夏祭で使われていた)を閉鎖するなど、上昇しない司法試験の合格率同様経営上の苦労が絶えなそうである。

 個人的には、「生涯学習の時代だから日大に限らず(オイオイ。でも日大通信教育部にない学部で学びたい人もいるから)通信教育などで学ぶ方が増えるといいな」と思っている。ただし、社会人学生は学業に力を入れると仕事の両立で体力・精神的な事を含めて本当に大変だけど・・・。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー