FC2ブログ
 
 
 
 
 

メイド・コスプレ店舗での意外な会話

 
 いいネタが他に思い浮かばなかったので、今日はこの話で誤魔化します(オイ・・・)。

 メイド・コスプレ関連の店では、ちょっと変わった店員と客との会話が面白い時がある。世間話(初めての客には「秋葉原初めてですか」「こういった店は初めてですか」というのは定番)なんだが、意外な話題が盛り上がることがあったりする。

 驚いたのが、80年代アイドルが大好きという店員さんがいたことだ。若い彼女は、当然平成生まれ。リアルタイムで80年代アイドルを知っているはずがない。話によると母親からの影響らしい。オジサンの私に対してリアルタイムで80年代アイドルを見ていたことを知ると、羨ましがられた。本人には言えなかったが、80年代にタイムスリップできたとしても、平成生まれのお嬢さんに携帯電話のない(持って行ったとしても当時は現在の通信方式が実用化されてないので通じない)生活は無理だと思う。その時代に生きていた私も、ネットがない生活無理だもん。インターネット自体はあった(もちろん動画配信とかは無理)けど、当時軍事技術で一般に公開してない時代なのです。

 もう1つ驚いたのが、メイドリフレでメイドをやっているのに、メイド喫茶に行ったことがないというメイドさん。私もこういったリフレで実際に会話して知ったのだが、リフレの店員は終日店の中にいるので他のメイド喫茶やリフレ(はさすがに難しいだろうな)店に行く機会が少ないようだ。彼女たちにとっては、秋葉原は遊ぶ場所でなく職場なのだから、当然だ。でも、リフレ店のメイドなのにメイド喫茶に行ったことがない人は珍しいと思う。メイドになる位だから、そのメイドさんは、当然メイドが大好きで、メイド喫茶に行くのが夢らしい。秋葉原のリフレ店なんだから、勤めているお店の近くにメイド喫茶などいくらでもある。仕事がない日にはいくらでも行けるはずだが、初めてのメイド喫茶にはある種の度胸がいる。私もそうだったが、最初は一人では踏ん切りが付きにくいのでよく分かる。メイド喫茶に過大な期待を持って、失望しないことを祈るのみ。

 ちなみに私に「お勧めのメイド喫茶は」と聞かれることも多いが、「それは人による」と答えないことにしている。落ち着いた店が好きな人や萌え萌えが好きな人など、メイド好きにもいろいろいるからだ。私の主観が、あまり信頼できないという理由もある(爆)。
 特に他店の悪口は、せっかくコスプレの店で楽しんでいるのに水を差すようなものだ。野暮なので店の中では絶対にしないようにしている。まあ、私が堂々と店の批判をできないという小心者で、ネット上でしか厳しい意見が書けないという点も大きいけど(笑)。

 メイド・コスプレ関連のお店だと、素人みたいな店員の態度や対応、相手を不愉快にするような追加オーダーのおねだり、店の雰囲気を壊す糞常連(人のことはあまり言えぬが)などで失望することも多い。だが、先程の会話など普通の店では絶対あり得ない面白いこともあるのは事実である。私がこういった店に通うのは、「日常を忘れる」というのが大きい目的だと思う。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー