FC2ブログ
 
 
 
 
 

勝間・宮・飯田『日本経済復活一番かんたんな方法』を読む

 
 勝間和代・宮哲弥・飯田泰之『日本経済復活一番かんたんな方法』光文社新書を購入しました。勝間女史の知名度のお陰?により、で近くのある程度大きな本屋で購入できました。今はネットで購入できるけど、実物を手にとって立ち読みしたいだよね。若くないから(笑)。

 内容に関しては文句なし。経済に対して何の予備知識のない人が読めるように新書ながら注が多く付けられています。初学者が向けなのに、難解な言葉が出てきても放置される本が多い中(実は著者自身がまともに理解してないことも多い)、こういった努力も評価できる。

 勝間女史も宮崎氏もよくマクロ経済を勉強されています、という立場にはありませんが・・・。私よりも数倍理解力が高いはずなので当然でしたね。すいません。
 対談本には対談本なりも面白さがあります。例えば、宮崎氏が研究とはいえ『小悪魔ageha』というギャル系ファッション雑誌に目を通しているとは・・・(P60)、意外でした。話の趣旨としては、本当の好景気を知らない今の若者にとって持続的不況が「当たり前の状況」であることを説明したいい話です。

 田中先生は、ブログで「飯田氏はデフレを歓迎している」と批判しているが、私はジョークだと思っている。デフレの影響を受けない職業として、飯田氏本人が「大学教員もそうですね(笑)」(P132)と(笑)の文字が入っていることで推測できる。勝間女史も宮氏もこの件で叩かなかったのは、実際の発言からの冗談として受け止めているからであろう。活字になってしまうとこういった雰囲気は消されてしまう。
 いずれにしろ、デフレ容認と勘違いされかねない発言はすべきではない。意図的か読解力不足か別にして人の主張を曲げて紹介してしまう池田信夫の絶好なネタにされそうだ(笑)。例えば、「飯田はデフレ容認となり、リフレを放棄した」とか(爆)。

 「この本を読んだ感想をブログ書こう、Twitterでつぶやこう」(P210)と勝間女史が書いているので、堂々とブログに書けます。そして政府日銀が考えを変えてデフレを脱却して欲しいものです。日本経済がこれ以上メチャクチャになってしまう前に・・・。これが冗談になってないのが、悲しいところ。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2010/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー