FC2ブログ
 
 
 
 
 

経済学マニアの最高傑作 上念司『デフレと円高の何が「悪」か』

 
 田中先生のブログでこの本を知り、購入しました。著者は経済学部出身ではないため、「経済学マニア」を自称していますが、その高い執筆能力で経済の啓蒙書としては上位にランクできます。トンデモ本を書くプロのエコノミストは見習うべきです。

 中国発デフレなどを一言で切り捨てるなど非常にスマートに書かれています。国と個人の違いを理解させるためにサイボーグの個人にたとえるなど、経済学をよく知らない人に対する説明の仕方も感心させられました。リフレ派の概説書多くを読んでいる私にとって新鮮な情報は皆無とはいえ、経済学を知らない人にとっては満腹になるのは間違いありません。「デフレや円高の何が悪いのか」と疑問に思っている人には、お薦めの一冊です。

 著者は、野口旭教授の『経済論戦』を読み感銘を受けてリフレ派を支持するようになったと本書に書いてありました。私も野口旭教授の経済評論が大好きです。野口旭教授の経済評論本を早く読みたいと思っています。

 今度も田中先生が執筆を担当された『日本思想という病』も購入したと思っていましたが、『デフレと円高の何が「悪」か』を購入した書店では見あたりませんでした。今日にでも購入してみたいと思っています。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2010/01│≫ 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー