FC2ブログ
 
 
 
 
 

経済思想における自分の位置を考えてみる。

 
 経済/経済学@ichigobbsを見ていたら興味深いレスを見つけた。
46: 名無しさんの冒険  2009/12/26(Sat) 10:24
 構造改革が総需要調整の事前か事後か。規制緩和がGDPギャップ解消の事前か事後か。

47: ドラエモン  2009/12/26(Sat) 11:47
 要するに、改革←→現状維持と、マクロ政策←→反マクロ政策の二つの軸で分けた四つの領域のどこにいるかということやわな。

 このレスを見て自分の立ち位置を考えてみた。

 「改革か」「現状維持か」という論点では、どちらかと言えば改革派ということになります。正社員と非正規労働者の区別など非合理的な点については改善は必要ですが、今までの日本の経済システムを全てぶちこわして新しい経済システムにする必要があるとは思えません。なぜなら、新しい経済システムができたとしても、今までのシステムよりも優れている保障はまったくないからです。当然、現状維持を認める訳でもありません。

 「マクロ政策は必要か」「必要でないか」という論点は、もちろん必要ですし、効果があると思っています。長期の成果は、短期の積み重ねが重要だと考えている。長期を重視すれば、不況をできるだけ短期に終わらせるマクロ経済政策(金融+財政政策)は必要である。「ゾンビ仮説」のように需要不足でもマクロ経済政策が有害だとか、グローバル化した現在ではマクロ経済政策が無効という意見も結構ありますが、論理性の一貫性や現状分析をすればそのような考え方は支持できません。アメリカ発経済危機によって、マクロ経済政策の有効性は再認識されたといえます。

 でも「長期に成長させるのは、どのような手段があるか」という問いには、「市場のなりゆきにまかせる」という消極的な答えしかない。産業政策をはじめとする成長戦略は、成功した例はない。規制緩和をすると言っても、「今どきそんな分野があるのか?」と、このブログにもさんざん書いたように規制緩和の効果は疑問だ。これらを考えると成長戦略に対して消極的な発言にならざるをえないのだ。

 まだまだ考えが変わるかも知れないが、現状の私の考えは以上です。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2009/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー