FC2ブログ
 
 
 
 
 

システムよりもメイドの個人的な個性が重要だが・・・

 
 実は、こちらを書いた時に以下の文章も書きましたが、長文になったので分割しました。

 メイド喫茶が経営を順調に続けるのに難しいと思われる理由の1つは、人に依存しながらメイドの長期雇用を前提としにくいビジネスだからである。もちろんメイド喫茶にも接客マニュアルはあるだろう。メイド喫茶初心者を萌え萌え系の店に連れて行けば、普通の喫茶店ではあり得ない接客に驚き戸惑うだろう。あくまでも観光客は一見で、今後の来店は望めない。店としては常連を増やしたいが、常連になると接客マニュアルレベルの接客には慣れてしまい何とも思わなくなる。それでも常連が通う理由として考えれるのは、店の雰囲気だったり、メイド個人の個性・魅力ということになる。メイドの個性・魅力こそがメイド喫茶の成功する重要な要素なのに、皮肉にもメイド達を厚遇するシステムにはなっていないのだ。メイドの卒業によって店の売り上げが減少することなど良くある話だろう。

 今は年末いう時期でもあり、私が知る限りでもかなりメイドが今年で店を辞める(他の店に移籍するかもしれないが)。残念である。だが、学生のバイトならいいが「アルバイト専業生活を長く続けて欲しくない」と考えているも事実である。私は正規労働者と非正規労働者を差別する思想はない。だが、現制度では社会福祉などで非正規労働者は正社員よりも差別されるのは事実だ。そしてこの不況では正社員の座れる椅子は限られているし、就活にとって年齢は「将来の可能性があることを証明する」重要な要素であろう。だからこそ、メイドという仕事を長くやってもらいたくないのだ。

 だったら「メイドを全員正社員にすればいいじゃないか」という意見も出るだろう。もしそれをやれば、客の立場から言えば、だだでさえ高めの料金がさらに高くなってしまい困ってしまう。紅茶1杯2,000円で今までのサービスだったら、メイド喫茶通い辞めます(笑)。
 普通の飲食店業界でも、正社員の店長でも人手が足りなかったりバイトが急に休むなどの長期間労働で有名であり、大手でも残業代が払われないで裁判沙汰になっているのが実情だ。この点でも正社員化は賛成できない。

 ここまで読んで、「何お前熱くなってるだ?」と思う方も多いでしょう。私もそう思います(笑)。長文になってしまったので、これで終わります。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2009/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー