FC2ブログ
 
 
 
 
 

この調子で人々の経済認識が進歩してくれば良いのだが・・・

 
 政府のデフレ認定以降、このブログでもデフレの話題を書くことが多くなった(そればっかりって言わないで(笑))が、前回(2001~2003年頃)のマスコミ報道とはかなり違っていると感じる。

 それは一言で言って「過去の経験からデフレは悪い」という認識を持ったことだ。前回の「物の値段が下がって何が悪い」という相対価格と絶対価格(物価)を混同した「良いデフレ論」が幅をきかしていたのと対照的である。それに日銀にさらなる金融緩和を要求する主張も多い。こういったマスコミの報道は、世論の鏡(そうでないと新聞や雑誌が売れないから)として重要である。経済/経済学@ichigobbsで語られているようにあのデフレに好意的な毎日新聞さえデフレの弊害を語るとは・・・、本当に時代が変わったものである。

 ただ日銀法改正やインフレターゲットの導入まで人々の認識が変化しているとは思えない。それは岩田教授などが批判する日銀の金融政策実施のひどさ、中央銀行の独立性(他国では手段の独立性はあっても、目標設定の独立性はない。そして目標が達成できない場合責任を明確にとらせる仕組み)が正しく理解されないからであろう。多くの国民が「理論上正しい意識改革」がなければ、長いデフレから脱却できないが、それはまだまだ先のようである・・・。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2009/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー