FC2ブログ
 
 
 
 
 

政府の雇用増大有望産業に対する疑問

 
 こちらの補足みたいなことを書いてみます。

 雇用拡大を前提にすれば、地方での雇用先となる農林業や、需要拡大が見込まれる介護等の産業が期待されるのは当然だろう。だが、一国全体の成長なしにはこれらの産業の雇用拡大は見込めるとは思えない。

 農業の場合、緊急対策には「地域ブランドの立ち上げ」(P19)が書かれている。農産物をブランド化する理由はより高く売るためだ。だが今日のようにデフレや失業率の上昇によって買い手が貧しくなれば売れるのは困難である。そのブランドが信用あるものだとしても経済的な理由から安全性に不安があっても外国産の農産物に購入せざるを得なくなる。不況が続けば、地域ブランドを作っても成功する可能性が減るのだ。

 介護分野の場合も、経済が好転してくれない限り、雇用を伸ばすはかなり難しい。現状でも介護の自己負担分が馬鹿にならないのだ。私の祖母も認知症でどうにもならず(嫁の名前や孫の顔が判別できない)介護保険を使ってグループホームに預けているが、月に16万円ほどの自己負担が必要になっている。この自己負担分を維持できない人は、いくら介護の専門家の助けが必要でも、昔と同じく自宅で子供や嫁が介護せざるをえない。これでは介護の仕事がなかなか増えないのだ。
 政府にさらなる負担を求めると言っても、不況ならば税収は少なくなるのだ。不況が続けば個人・政府を問わず負担が重くなっても、軽くなることはないだろう。この状況で介護従事者の数や待遇が改善することは考えにくい。

 これらのことを考えても産業政策等成功した例がほとんどない特定産業の支援よりも、一国全体の視点からマクロ経済政策を適切に実施することが重要となる。このことに現政権は気がつくのだろうか・・・。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2009/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー