FC2ブログ
 
 
 
 
 

東国原氏の痛さが目立つようになってきた

 
 政府与党のドタバタが相変わらず続いています。相次ぐ閣僚辞任によって残った閣僚の兼務が多かったので、今回の補充は一応評価しています。選挙や支持率アップには関係ないでしょけど。

 最近痛くなってきたのが東国原宮崎県知事です。自民党で出馬するなら「総裁候補にする」という仰天の条件提示には驚きましたが、「ここまで言えば条件を呑むことはないだろう」という断りだと私は判断していました。だが知事の「ぼくが行くと自民負けない」という発言を知ったときは「本当に痛いな」といわざるをえませんでした。国会議員になる自体ともかく言う気はありませんが、東国原氏が出馬しても本人単独の議席か、比例で出てもその影響はせいぜい2~3議席でしょう。「地方自治を進める」としても所属する?自民党が下野したら、なんにもなりませんし、その可能性が高いといわれています。特に比例で出て下野したら東国原氏は政党を移ることはできない(当選資格を失う)ので野党のままです。東国原氏はそこまで考えているのだろうか?

 どうやら自分の驕りから総選挙の選挙情勢が見えていないようです。タレント知事として成功してきた東国原氏ですが、今回の発言で私は支持する気が失せました。それでも、「嘘つき・答弁は官僚の文章そのまま」という自分の言葉がないので与党自民党県会議員からも呆れられている鈴木千葉県知事よりは数倍ましですが・・・。

(追記 2009/07/03)
 林新経済財政政策担当大臣は金融政策に関する考えが報道されました(記事)。FRBと比較すればどう考えても日銀は慎重すぎるのだが、そのような考えは新大臣にはなさそうだ。与謝野前経済財政担当大臣もそうだが、永田町の政策通とはこの程度の経済認識なんですね・・・。 

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2009/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー