FC2ブログ
 
 
 
 
 

やっぱり内閣改造をした方が良かったのでは?

 
 今日も懲りずに閣僚ネタです。

 田中先生のブログで知ったのだが、一言で言って与謝野大臣の発言は「矛盾だらけで自分が何を言っているのかよく分かってない」ようです(爆)。
 インフレの心配がなければ、金融緩和に制限がないことを意味するのですから、日銀が国債でも社債でも株式でも何でも買えばいいのです。株価は上昇しますし、円安がさらに進むことになり製造業は助かります。これらは半分ジョークですが、それでインフレがおきないとは私には到底考えられないのですが・・・。ちなみにクルーグマン教授がインフレターゲットを進言しているのに、リフレ派が聞き飽きた古い(しかもリフレ派の反論に対して再反論できない)理由で拒否するとは、「教授を尊敬しているというのはウソですか?」という反応が出てしまう。

 もちろん日銀が無能(笑)なためインフレが始まったら止まらないという可能性はなくない。でも日本経済が重傷な時に手術後の後遺症とか薬の副作用などのリスクを気にするあまり、有効な治療を拒否することに等しい。「与謝野大臣は臆病者」と言われても仕方がない。今年度の本予算+補正予算程度の金額で金融緩和の支援のない財政出動では、すぐに息が切れます。デフレが止まる訳がありません。私程度の実力でも断言できる話です。

 3閣僚を兼ねている与謝野大臣は相当疲れているのは確かのようです。内閣改造をして与謝野大臣を休憩させた方がいいのではないでしょうか?

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー