FC2ブログ
 
 
 
 
 

「報道2001」クルーグマン・与謝野・吉川の対談を視聴する

 
 この情報事前に知らなかったけど、偶然テレビで視聴できた。
 (注)ビデオ撮り忘れたので、厳密な内容ではありません。以下の文章はこのような意味のことを言っていたと理解してください。
 厳密な内容に関しては、今朝検索したらこの件に関して記事があったので、リンクしておきます(日経新聞)(朝日新聞)。
 
 クルーグマンの主張は、「定額給付金は効果ゼロ」「エコポイントの経済効果は制度が具体的に決まってないので態度保留」などいつもの如く毒舌だ。もちろん、以前から主張していたさらなる財政出動とインフレターゲットを含む金融緩和も主張されていた。環境産業に期待する(私はこの産業の将来について否定又は肯定できるほどの情報を持ち合わせてない)というクルーグマンの主張以外は全面的に同意できます。

 予想通り情けなかったのが与謝野大臣と吉川氏です。与謝野氏は「日銀はよくやっておりこれ以上無理強いはできない」と早速擁護。もちろんクルーグマン教授は反論しています。私はどう考えても、日銀は流動性の確保するための金融政策は熱心である一方、物価の安定という目的は忘れさられています。吉川氏は「クルーグマンのインフレターゲットの論文には賛否両論だった」と言っているが、インフレターゲットの反論にすらなっていない。財政政策だって「この不況だから景気を下支えするのに仕方がない」と「単なるバラマキで効果ない」と賛否両論ある。賛否両論があるからって政府が行うべき政策が放棄していいという理由にはならない。インフレターゲットが異常であっても(他国でうまく運用されているのだから実際異常でもないが)、麻生政権曰く100年に1度の不況なんだから検討する前に躊躇するのはおかしいことなる。両氏はもっといろいろ反論しただろうが、放送の尺の都合上カットされているはずなので、これ以上追求しません。

 フジテレビに呆れたのは、与謝野氏がクルーグマンの意見に従って経済政策を行っている如く構成されていたことです。インフレターゲットを含む大胆な金融緩和に否定的なんだから、半分以上クルーグマンの意見に従っていません(笑)。最後に財政政策によってインフレをおこすという話になって、開いた口がふさがらなかった。やはり残念ながらクルーグマン教授の主張は全然届いていなかったようです・・・。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2009/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー