FC2ブログ
 
 
 
 
 

『週刊東洋経済』5月23日号「特集 賢い副業・使える資格」を読む

 
 私の興味を持ったのは、副業ではなく資格に関する考え方です。なぜなら副業をできる能力も暇も作れません。このブログのネタさえも毎日考えるのも結構大変なのです(苦笑)。

 資格に考え方の違いが出たのは、「[役に立つ資格はどれだ?]「平成の資格王」と資格コラムニストが激突!」(P67)です。中小企業診断士のコメントが特に対照的ですね。平成の資格王とされる中村一樹氏は「MBAの国家資格版といえるくらい試験の範囲が広い。ビジネスマンとしての力量が格段とアップ」(格付け 5つ星)と勉強したことの成果を重視するものが多い一方、資格コラムニストのオバタカズユキ氏は「約8割は普通の勤め人として生きているペーパー診断士。ジコケーイハツ資格の典型例だ」(格付け 星1つ)といったところです。ただ両氏の考え方は相対的なもので、中村氏も「(資格は)しょせんは机上の学問。どんな難関資格を取得しても、経験がなければ仕事はできない。」という資格に対して冷静な考えは変わりません。

 資格に対する幻想を打ち砕くのは、経営コンサルタント・作家等の神田昌典氏だ。神田氏は「前提として、国家資格だろうが、民間資格だろうが、古かろうが新しいかろうが、ほとんどの資格はいかがわしい。そもそも資格に頼るというメンタリティ自体が非常に問題だ。」(P81)。

 今まで過熱する資格ブームに対する警告を引用してきたが、法令上の就業制限があり資格を取得しないと自らの仕事が公的に認められない(下手すると処罰を受ける)のも事実。多くの人が資格とうまくつきあってくれることを願わずにいられない。もちろん私を含めてです。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2009/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー