FC2ブログ
 
 
 
 
 

安達 誠司『恐慌脱出』東洋経済新報社、2009を読む

 
 精読はしてませんが、ざっと読んでみました。

 他の本では出てこない1907年不況の類似点を指摘したり、著者の率直な意見や予測もありますが、個人的にも納得できるものばかりです。またこの不況が著者の想像以上に進んだことも認めており、自分の過ちを認めない人が多い中で評価できます。

 やはりアメリカは積極的なマクロ経済政策により比較的に早く不況から脱出し、金融緩和に積極的でない日銀首脳と金融政策を評価しない政府・与野党(政権交代での改善はまったく期待できない)のせいで、日本だけの地味な不況は続くのだろう。当たって欲しくない予測だけど・・・。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2009/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー