FC2ブログ
 
 
 
 
 

Windows XPダウングレード権を考えてみる

 
 先日、Vistaユーザにとって面白い訴訟がアメリカで行われていることを知りました。
 11日にロサンゼルス郡在住の Emma Alvarado 氏がシアトル連邦地方裁判所に起こしたもので、集団訴訟の認定を求めている。Alvarado 氏は、2008年6月に Lenovo 製の Vistaプリインストール マシンを購入した際、XP に「ダウングレード」するために59ドル25セントを追加で支払うことを余儀なくされたと主張している。
 訴状には「Microsoft は、消費者に Vista がプリインストールされたパソコンを購入させ、Windows XP に『ダウングレード』するために追加費用を支払わせているが、これは Windows XP に対する消費者の需要に乗じ、自らの市場支配力を利用するものだ」とある。
記事
 アメリカの事情は私は知りませんが、日本国内の話だとメーカー製PCでプレインストールされているVistaのほとんど個人向けの「Home Premium」です。このHome PremiumにはWindows XPのダウングレード権がなく、最上級のUltimate又は仕事利用を想定したBusinessに有料でアップグレードした後、XP Professionalにダウングレードを実施するしかありません。万が一ダウングレード権を行使できるように多少高くても「Vista Business」を購入した私のようなユーザーは少ないと思います。最近ではデルがダウングレード権があるBusinessを小規模企業向けに積極的にアピールしています。
 裁判はどうなるか知りませんが、たとえHome PremiumでのXP無料ダウングレードが認められたとしてもプレインストールされた市販PCではダウングレードを行使するのは非常に難しいはずです。なぜならリカバリーディスクはOSとアプリケーションソフトが一体となった状態になっているので、XPにクリーンインストールを行ってもリカバリーディスクからアプリケーションを取り出してインストールすることは、ソフトのインストラーがない以上まず無理だと考えています。個人的には今後のことを考えれば、値段が変わらないのを前提にしてHome Premiumでのダウングレード権があるのは大賛成です。 

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー