FC2ブログ
 
 
 
 
 

主張転換によって矛盾が増える野口悠紀雄氏

 
 構造改革主義者の野口悠紀雄氏が私の今までの疑問を解消してくれる文章をWeb上で公開された。それは浅い新聞グローブの「World Economy-先読み経済」の「[第2回]未曽有の経済危機 最大の障害は政治の貧困」である。興味を持った部分は、以下の部分である。
 現在の経済危機は、産業構造転換の好機ととらえるべきものだろう。ただし、将来の産業構造の具体的な姿は、あらかじめは分からない。高度成長期のように「政府が将来ビジョンを描き、それを官民協調で実現する」という時代ではない。具体的な姿は試行錯誤で探ってゆくしかない。多くの企てが失敗するだろうが、生き残ったものが将来の日本を作ってゆくと期待したい。現在の経済危機は、産業構造転換の好機ととらえるべきものだろう。ただし、将来の産業構造の具体的な姿は、あらかじめは分からない。高度成長期のように「政府が将来ビジョンを描き、それを官民協調で実現する」という時代ではない。具体的な姿は試行錯誤で探ってゆくしかない。多くの企てが失敗するだろうが、生き残ったものが将来の日本を作ってゆくと期待したい。
 「産業構造の転換と主張するが、その具体的内容はない」という私の疑問に野口氏が答えた形になる。私は不況がチャンスとは到底思わないが、基本的には正しい認識だろう。ここで私が指摘したいのは先程の引用により野口氏のいままでの主張との矛盾がより拡大してしまったことだ。
 第1に「その産業構造改革が完了するまでいつまでかかるんだ。未曾有の経済危機に何十年も待っていられない。」という当然の指摘である。産業構造改革が根本的な治療で、マクロ経済政策が一時的なカンフル剤でしかないことを認めても、日本人は重病人と同じで「いつか治る」と放置できる状況ではない。不況が長引けば、野口氏が批判し続けた小泉政権の産業再生機構のような「古い産業を延命させる公的組織」が復活する可能性が高まるのだ。
 第2に「金融政策がなぜ駄目か理解できない」。以前にも書いたが、先進諸国が利下げをして金利差がほとんどなくなっても、金融緩和によっていくら円を増やしても円安にならない理由が書かれておらず、何を考えているか不明である。野口氏は円安になっても「これまでの失敗を繰り返すだけのことだ」と主張するが、アメリカの消費が冷えている以上繰り返しになりようがない。円安になれば、製造業もわずかながら回復し、派遣切りの問題も緩和するだろう。産業構造改革が完了(実際に完了するかどうかも不明だが)するまでの有効な時間稼ぎにはなるはずだ。
 最後に笑ってしまったが、内需拡大に「有効需要落ち込みの補填(ほ・てん)は、財政支出増大によって行われる必要がある。日本では都市・住宅インフラが不十分なため、それを整備する絶好のチャンスでもある。」(括弧内原文)という文章である。これを読んで「野口氏はリチャード・クー氏のような財政出動推進・金融政策無効派に転換してしまったのか」と思わせる文章である。野口氏が以前書いたように「マンデル=フレミング・モデル」によると「変動相場制の下で財政支出を拡大しても、円高になって貿易黒字が減少するから、経済拡張効果はない」ということなどがわかる。この点は、現下の経済危機に対する対応を考える際に、大変重要なことだ。仮に10兆円規模の経済対策を考えようが、効果は期待できないわけだ。」指摘はその通りなんだけど、野口氏は自分で最近何を書いたか忘れているとしか思えない。高橋洋一教授の言うように財政政策と金融緩和を同時に行わないと経済効果がない訳だ。野口氏はきちんと自らの主張を整理して欲しいものである(爆)。

 いろいろ指摘したが、世間の影響力が大きい野口氏が「マクロ経済学批判」「清算主義」から離れ少しながらもまともになってくれることを大いに歓迎する。できればリフレ派に完全転向して欲しいが、そうなると今の野口ファンは完全に離れて本が売れなくなるだろう。野口氏の主張が、今のように混乱したまま終わる可能性が一番高いけど。

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2009/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー