FC2ブログ
 
 
 
 
 

テレビの経済討論番組なんか見るものじゃない・・・

 
 昨日、たまたまテレビ朝日の「サンデープロジェクト」の「ガチンコ討論! 竹中 VS 金子 構造改革は、日本をどう変えたのか?」を見てしまった。
 最初に断っておきますが、2人ともトンデモ経済論者です(笑)。とりあえず箇条書きで感想を書いてみます。

 構造改革の本筋ではない不良債権問題について討論するのは時間の無駄でしょう。両者とも「竹中プランは銀行に不良債権処理を強制しただけで、景気回復に関してほとんど効果なかった」という認識がない。金子勝氏も竹中プランの意義を認めたの笑ってしまった。金子氏は「不良債権の処理が遅れているから不況になるんだ」と考えているが、実際は不良債権は不況の結果であり、関係が逆である。
 派遣切りの問題に関して、竹中氏は「全労働者のうち派遣労働は全労働者の2.6%にすぎない」と主張。「派遣がすぐ切られるのは正規労働者の解雇が法的に保護されているからだ」という主張も確かなのだが、正規労働者の保護をなくしても「不況で誰かが解雇されるのは同じだ」と私は思う。日本経済が外需依存という歪んだ状況になったことを竹中氏も認めたのはちょっと驚いた。竹中氏が小泉政権にとって都合の悪いことを認めるとは思ってなかったからだ。
 財政再建に関しては、竹中氏に不利に動いた感じだ。小泉政権が財政再建路線を早期に放棄したのだから仕方がない。橋本元総理みたいにこだわっていたら、長期政権にはならなかっただろう。竹中氏は「いろいろやる時間はなかった」と弁明していたが、「だったら郵政民営化という構造改革とあまり関係ないことをやるからだ」と思った。まあ竹中氏は小泉政権の閣僚だから、仕方なくやってた可能性もあるが・・・。

 いろいろ書いたが、この討論は最初から実りあるものにならないことは確信していた。なぜなら金子氏と竹中氏の構造改革の定義が違うと考えているからだ。以前書いたように竹中氏は「構造改革の勢いがなくなると、不況になる」という訳の分からない考えの持ち主である。それにしても、くだらない番組を見てしまったものである。 

スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2009/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー