FC2ブログ
 
 
 
 
 

今更ながらDOS起動ディスクにはまりました(1)

 
 先日メインPCのBIOSをDOSから書き換えました。最近のマザーボードのBIOSの容量が大きくなったので、DOS起動ディスク+BIOSデーターを1枚のフロッピーディスクで納めることが不可能になっています。そこでDOSを起動させてから、BIOSデーターを入れたフロッピーディスクを入れ替えて無事完了しました。

 HDDにBIOSデーターを置くこともできますが、すべてのドライブのファイルシステムがNTFSなためDOSからはアクセスできません。そこでなぜかHDDの余った部分をFAT16のFドライブとして設定しました。これでDOS起動するとCドライブとして認識できるので問題がなくなるはずです。しかしちょっと困ったことがあります。XPやVistaから作成できるDOS起動ディスクでは、「日本語106キーボード」に対応してない・・・。
 例えば対象をCドライブに変更するのに「C:」と入力するが、「:」キーを押しても「”」になってしまう。この場合「:」を表示させるには、「Shift」と「;」キーを押さないといけない。面倒くさい。幸い、Windows 98から作った「Partition Magic 8.0」と「Drive Image 2002」の起動ディスクから起動させると、日本語106キーボードが選択できるので、それを使用している。だが、そのディスクもいつまで使用できるか分からない。そこで106キーボード認識に必要なファイルを取り出して起動ディスクを作成してみた。成功したので、これで問題なくDOS起動ディスクが使える。

(追記 2008/12/9)
 Googleで「DOS 起動ディスク 106」と検索して出るこのサイトで「ブートフロッピーディスクの作成」という項があります。この内容に従い設定すると、キーボードの選択なしに日本語106キーボードが使えることを確認しました。下手に考えるより、適切なキーワードで検索した方がいい結果が出ますね・・・。

 欲張ってWindows98やMEの起動ディスクも作成したいという思ったが、これが大変。なぜならCD-ROMがあってもこれらのインストールに必要なDOSから光学ドライブを認識できる起動ディスクがないのだ(苦笑)。

 長文になるので、続く。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2008/12│≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー