FC2ブログ
 
 
 
 
 

深刻さを増す地方大学の経営

 
 私大の47%定員割れ 266校に達する 半数未満は29校に

 今春の入学者数が定員を下回る「定員割れ」となった私立4年制大学が全体の47・1%の266校に達したことが30日、日本私立学校振興・共済事業団の調査で分かった。前年度より44校(7・4ポイント)増え、過去最悪の数字を大幅に更新した。定員の半分を下回る危機的な学校は12校増の29校に上っており、地方の小規模大学を中心に、経営難が深刻化している状況が浮き彫りになった。

(中略)
 首都圏の大規模大学が『地方会場入試』や『全学統一入試』などの入試改革で受験生の囲い込みを始めている影響で、「地方より大都市部」「小規模大学より大規模大学」という人気の二極化傾向に拍車がかかっている。記事その1その2
 こういった記事を読むと、なぜいまだに大学が増え続けるか訳が分からない。文部科学省は認可の条件がそろえば認可せざるをえないだろうが、大学経営に参入する理由は一体何だろう?ビジネスはやってみないとどう転ぶか分からないのは確かだが・・・。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2008/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー