FC2ブログ
 
 
 
 
 

立場が変われば、人の主張はよく変わる

 
 最初に記事の引用から、始めます。
「辛口」池尾氏、日銀には「甘口」 国会で所信表明 市場関係者拍子抜け

 衆参両院の議院運営委員会は3日、日本銀行の審議委員候補として政府が提示した池尾和人・慶大教授(55)の所信を聴取した。池尾氏は「日銀という組織に愛着に近いものを持っている」「日銀の金融政策は極めて適切な判断」(引用者注:どこが?)などと随所で日銀の良き理解者ぶりを強調する発言を繰り返した。
 池尾氏は辛口の金融評論で知られ、日銀の政策に対しても厳しい評価を下すのではないかとの予想もあった。それだけに、この日の答弁には「独創性が感じられず、政策委員会の独立性にやや疑問を感じる」(クレディ・スイス証券の白川浩道氏)と拍子抜けした市場関係者が多かった模様だ。(読売新聞
 ちなみに民主党はケチのつけようがないので、池尾氏の就任を承認する方向だと報じられている。(記事
 私の感想は、記事のタイトルそのまんまです(笑)。省益を考えずに小泉政権に協力し、結局財務省に居場所がなくなった高橋洋一東洋大学教授のような方はなかなかいません。自分も弱い人間ですから、池尾氏の豹変を理解できないわけではありません。でも今までの池尾氏のように日銀に辛口の考えを持つ審議委員がいてもいいはずです。なぜなら同じような考えを持つ人間を多く集めても本格的な議論にならないので、あまり意味がありません。
 私はいずれ、西村副総裁のように池尾氏の審議委員から副総裁への昇格の可能性が高いと想像している。民主党も立場が違うとはいえ、いったん承認した人を反対するのは難しいだろうし、それが政府与党の戦略だと思う。

 池尾氏が就任しても、金融政策は何も変わりそうになさそうである・・・。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2008/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー