FC2ブログ
 
 
 
 
 

食材料高騰を実感して思うこと

 
 毎月仕事帰りに遅い夕食を食べる居酒屋があるのだが、ここ数ヶ月量の減少が激しい。特にお得意先の担当者が中生を頼んだら、量が減っていたため「これ小か?」という大きさ。飯はとこかく、「居酒屋なんだから酒はケチるな」と思ってしまった。でも「食料費などの高騰で、ここまでしないと経営大変なんだ」と考え直す。

 日銀がわずかでも金利下げてくれば、原材料高に苦しむ中小企業にとって金利が減れば経営が助かるし、個人的にもデフレを脱却してくれれば「材料費の高騰も賃金上昇でカバーできるのに」と、いつも思ってしまう。福井前総裁によってある程度成功した量的緩和(それも「任期中の金利正常化」という大義名分のもと、自分で積み立てた「景気回復という貯金」を取り崩してしまったが(笑)」)なのに、なぜ低金利政策や量的緩和に批判的な白川氏を副総裁そして総裁にしてしまったのか、政府と国会は何を考えているか全然分からん。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2008/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー