FC2ブログ
 
 
 
 
 

建前ばかりの大学カリキュラム到着目標設定

 
 昨日の読売新聞夕刊1面で「大学のカリキュラム、学部ごとに到達目標を国策定へ」という記事を見ました。
 ネット上の記事にはありませんが、紙面によると「たとえば経済学では「経済学の概念と法則を説明できる」といった目標」などの設定することを、日本学術会議に依頼し2010年度までに結果を出す、という。

 これら目標設定も「学生の学力低下を招く」などとといった文科省の批判をかわす単なる建前だろう。大学の科目に立派なシラバスが書かれてあっても「建前」であり、実際には教員が話の脱線ばかりして教えるべき内容がなかなか進まないという講義があることは、文科省の役人を含め大学に通った人間ならば誰でも知っているからだ。厳格な終身雇用が存在する大学で、授業の下手な教員という理由で排除することは大学側に出来ない(研究業績のある教員ならなおさら)。それに目標を定めるだけなら、その目標が達成されたかどうか試験等で評価しない(この点はかつてこのブログで批判した(その1)(その2)が)ので、誰も責任が問われない。

 こうしてまた無意味な建前によって無駄な時間と金を消費することになりそうです。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2008/03│≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー