FC2ブログ
 
 
 
 
 

次期日銀総裁・副総裁候補の所信聴取に関して

 
 昨日、衆議院議院運営委員会で行われた日銀総裁・副総裁候補への所信聴取に関する話です。
 「経済は重要局面、機動的政策運営で貢献したい=武藤日銀総裁候補」という記事のタイトルだけでも腹が立ちます。記事を読んでも「現在、日本経済は内外多くのリスク要因を抱え、極めて重要な局面に立っている」と指摘。海外では国際金融市場が動揺し、米国経済は減速傾向を一段と強めており「世界経済のダウンサイドリスクが高まっている」としながら、なぜ日銀政策委員の一員として何も提案しなかったのだろうか?これでは言動不一致と言われてもまともな反論できませんね。「世間や専門家の批判を無視して独立した金融政策ができる」という点だけは合格点です。

 その一方、「先進国でインフレ目標の下限がゼロ%の国ない=伊藤日銀副総裁候補」というタイトルから分かるように「世界に通用する金融政策」を主張しています。記事では、「伊藤副総裁候補は、日銀のあるべき姿と果たすべき役割について「金融政策の最大の責務は物価安定との認識が各国研究者や当局の間で共有されている」とし、「この場合の物価安定はインフレ率は低いがマイナスではない、一定の範囲内に収まっているという意味だ」と定義した。」経済にくわしくない人に一応解説を書いておきます。消費者物価指数に現実の数値より高く数値が出る上昇バイアスがあるから、数値上0%でも現実にはデフレであり、低いインフレ率を政策目標とするのがが専門家の常識である。だが、今までの日銀幹部はこれを認めようとしなかったのだ。
 さらに「日銀の独立性に関しては「十分に透明で説得的な説明を行う責務があるととともに、結果に対する説明責任を問われる」と指摘。日銀の総裁・副総裁は内外に金融政策の目的、経済状況、現状と見通しなどを説明することが求められているとした。そうした課題について日銀はこれまでいろいろと改善努力をして前進したが、まだ完成の域には達していないとして、今後の改善のための議論に副総裁として参加していきたいと述べた。」先程の武藤副総裁の発言のように「副総裁として専門家や国民が納得できるような説明はしないし、自分たちの責任を一切認めない」というのが、日銀の悪しき伝統です。武藤副総裁は財務省出身なんだから、こんな伝統を守らなくていいのですが(笑)。

 「伊藤副総裁候補が総裁になればいいのに・・・」と思うが、会社でも役人でも自分の任命責任が問われない人物を任命したがる(小泉政権も一番無難な福井氏を総裁にしたもんな・・・)ので仕方がないことですが、なんとかしてもらいたいものです。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2008/03│≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー