FC2ブログ
 
 
 
 
 

米Microsoftの米Yahoo!買収提案過熱報道に驚く

 
 MicrosoftがYahoo!を買収を提案しただけなのに大手一般紙が1面と大きな記事で掲載しました。提案だけでYahoo!側も「提案を慎重かつ速やかに検討する」というコメントしか発表していなのに、これほど大きな扱いをする必要があるのでしょうか?
 実際は「【解説】米Microsoft,迷走の末の「Yahoo!買収」提案」という記事にあるように、MSNやWindows Liveの独自戦略が行き詰まり業界第2位のポータルサイトYahoo!買収するしかないという結論に達したのだろう。
 MicrosoftがGoogleを追撃したい気持ちは分かる。それはWindows VistaやMS Office2007が互換性の問題からが不評だからだ。特にMS-Officeは他のビジネスソフトに比べて高い。わざわざYahoo!を買収して投資に見合う収益が上がるのだろうか?IE7などの主要プラウザに検索ボックスが標準装備されたことでポータルサイトを閲覧する機会が激減したユーザも多いだろう。実際私もそうだ。『資本開国論』で批判記事で書いたようにGoogleも検索サイトの次の成長分野を試行錯誤して探していると思われる。Microsoftは下手にGoogleの後追いをしないで、ソフトウェアの開発販売に専念するのが得策ではないだろうか。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2008/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー