FC2ブログ
 
 
 
 
 

トンデモ度が低い野口悠紀雄『資本開国論』

 
 以前読んでみたいという野口悠紀雄『資本開国論』を読み終えた。感想としては、本書の主張は全然納得できないし、かつトンデモ度が低い(笑)という散々たる評価。

 特に「グローバルデフレ論」なんか5年以上前の時代遅れな考えです(笑)。野口氏の主張する技術革新やグローバル化など日本がデフレになる要因は世界中で起こっているが、デフレが持続している国は日本しかありません。野口説に従えば日本と中国の中間にある工業国が日本以上にデフレになっていないとおかしい訳です。グローバルを強調する野口氏の主張を世界レベルで考えると、どう考えても間違っているという点は多少笑えました。
 これらの主張は野口旭『経済学を知らないエコノミストたち』日本評論社、2002、P153~154でも載っているように使い古された反論です。
 今さらグローバルデフレ論を出すのだから、もしかしたら野口氏はこの反論をうまくかわすかと少し期待していましたが、無理なようで完全スルーでした。「経済学の教科書的な意味の「デフレ」とは、相対価格の変化をもたらさない一般的な物価水準の下落である」(P26)から相対価格が変化してデフレになっているのでリフレ派の主張は間違っているって、そんな定義をしているのは野口悠紀雄氏だけです。勝手に定義をでっちあげて、人を批判する(証拠がないので実名で批判できない(笑))ってフェアじゃないですよ。

 日本経済の診断結果が間違っているから、その対策がいかにトンデモでも不思議ではないが、この記事を書いている昨日は忙しいのでこの点は後日書きたいと思っています。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2008/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー