FC2ブログ
 
 
 
 
 

なぜ、政府が国産検索エンジンの開発を援助する必要があるのか?

 
 おとといの日経新聞夕刊で知った記事について書いてみます。
 私には、政府が国産検索エンジンの開発を援助する必要があるのか、全然分かりません。

 最初に検索エンジンは、ネット上の情報を効率的に収集する道具にしかすぎない。検索の精度を上げるのはユーザとして嬉しいのですが、それよりもネット上に載せる情報をより充実させる方が社会貢献になると思います。

 次に日本語で使える検索エンジンがなければ、政府の後押しで検索エンジンを作ることは反対しません。誰もが知っているように日本語が使えて検索できる検索エンジンはすでに存在します。なぜわざわざ政府が後押しして検索エンジンを開発する必要があるのでしょうか。
 さらに、よほど既存の検索エンジンを超えるヒット率を確保できないかぎり、GoogleやYahoo!から新しい検索エンジンに乗り換えることは、私を含めまずないでしょう。そして開発した検索エンジンの運営できる収益を確保する必要もあります。そのようなリスクの高い分野に税金を投入することは納税者として反対です。

 記事によると「著作権法を改正し、必要な場合は(ネット上の)無許可でのコピーを認める」とあります(括弧内 引用者)。このブログを含めて(笑)検索サイトはネット上からコピーしたデーター本体を日本の著作権法の問題から海外に置いてあるようです。
 問題になるのは、複写されたデータに名誉毀損など法的問題のあるものです。実際、悪名高い掲示板2ちゃんねるに書かれた問題のあるレスが削除されても、多くの場合検索サイトのキャッシュデーターは残っています。検索サイトは、管理者に無断で掲示板にある文章を複製保存している(検索サイトからこのブログの内容を複写する許諾を求めた文章は一切ありません)のですが、コンピューターに詳しくない人はこれが分かりません。そこで掲示板等の管理人に「検索サイトのキャッシュに残るデーターまで削除しろ。」という掲示板運営者に対応不能な要求が出てくるのです。検索サイト側も「訴えるぞ」と言われてると証拠保全やら裁判や捜査が終わる前に消すと、証拠隠滅の法的責任が問われる可能性もあるので、簡単に削除する訳にいかなくなります。これらの問題が簡単に解決するとは思えません。この記事もそうですが、ネット上の情報をリンクしたものをネタにしたり、引用していろいろ文章を書いている私も無縁とは思えません。
 これらの件に関しても著作権法専門の学者さんにきっちり議論して欲しいものです。

 話がかなりズレましたが、報告書を作成するために税金を投入して様々な議論を行った訳ですから「政府が後押しして国産検索エンジンを開発する理由は何か」を我々が納得できる説明すべきです。

 ついでにGoogleやYahoo!に関して一言言わせてもらう。「百おやじ」と検索すると、くだらないこのブログが最初にヒットするのは、やめて欲しい。珍しい固定ハンドルかもしれないが、人の役立つような文章書いているつもりはないので(爆)。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2007/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー