FC2ブログ
 
 
 
 
 

水月昭道『高学歴ワーキングプア』光文社新書、2007を読む

 
 先日購入した本を読み終えたので、早速感想を書いてみます。
 一言で言うと「大学院に縁のない私にも、余剰博士の深刻な問題が理解できる良作」でした。ただ一点を異議があるのを除いては・・・。
 それは「生涯学習としての大学院に将来性がある」という主張です。法科大学院のように職業に直結する大学院は別でしょう(それでも本書で主張されているように司法試験に合格できない大量の余剰法務博士が生まれるのは間違いない。日大法科大学院の司法試験合格率低いし・・・)。しかし多くの大学院では、趣味で大学を卒業した物好きな私でも大学院は、「レベルが高い・修了まで大変・通信制であっても学費が高い・卒業しても得るものが自己満足以外少なそう」というイメージしかありません。
 大学院の個別指導上定員の問題もありますし、「大衆の生涯学習としての学校は大学学部止まりである」と考えています。たとえ学部であっても私だと徹夜明けにスクーリングに参加するなど、社会人大学生を続けるはなかなか大変でした。

 それでも遠い未来になりますが、リタイヤして暇になったら学生に復帰したいという思いがあります。実際には、年金があてにならないので生活費の関係で無理なんでしょうが、はかない夢でも持ち続けたいと考えています。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2007/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー