FC2ブログ
 
 
 
 
 

最後まで気分が晴れなかった朝ドラ「どんど晴れ」

 
 昨日は「ラジオ番組が終わって残念だ」という話だったが、今日のネタは昨日朝ドラが終わってくれた」という内容です。

 朝ドラ「どんど晴れ」批判はこのスレに何度か書いた(その1その2その3)が、そのドンデモ内容は最後(先週金曜)まで止まることはなかった・・・。好評だった同じNHKドラマ「ハゲタカ」のようにヒロイン一家が老舗旅館(最高のおもてなしを提供する一流旅館の設定らしいが、実際やっていることは潰れそうな三流旅館にしか見えない(笑))経営している株式会社加賀美屋が乗っ取られることになる・・。
 だが考えれば考えるほど訳分からん。株式会社加賀美屋は10年ほど前に法人化した同族会社なのだが、何故か株式の譲渡制限がないようなのだ(爆)。
 半分の株式を所有する支配人を半分騙すようか格好で株式を入手することになるのだが、もし、支配人がおバカでなかったら、乗っ取り屋はどうしていたのだろうか?それも乗っ取りの半年前から3%の株式を取得しているから株主総会開催を取締役に請求できる(経営陣が知らないので株主名簿に変更記載がないようだ。しかも当然加賀美屋は非上場です。乗っ取りできなければ3%の購入資金は当然回収できません)と後出しジャンケンのように設定が出てくるのだから恐れ入る。
 私のように会社法を多少知っている者が見るとリアリティ重視にしなければならないのにあまりの非現実的な設定に腹が立つ。そもそも朝ドラの主な視聴者は、主婦やお年寄りのはずだが、やれ「株主総会を開催で取締役解任」とか「乗っ取り屋をやめるようその会社の社外取締役にお願いする」とか言われても、多分分からなかった人が多かったと思う(不親切な脚本なので会社法関連の説明をするシーンなどありませんし、脚本家自身も間違いなく正確に理解してません(爆))。
 最後まで視聴者を置き去りにする糞脚本全開でした。この糞脚本に振り回されてきた出演者の皆様本当にご苦労さまでした。このドラマのことをさっさと忘れて次の仕事を頑張って下さい。

 全体的な感想は、私の見た限りなんの愛着も湧かない「むかつき度№1」の朝ドラでした。脚本・主演とも伝説の「天花」に次ぐ最低レベルです。
「そこまで酷評するなら見るな」という当然の意見も出るでしょうが、「どこまで糞か最後まで見届けなければ、気が済まない」という感情が捨てきれなかったのであります。

 月曜からの新ドラマ「ちりとてちん」は脚本はまだ分からない。しかし貫地谷しほりの演技には期待できるので、楽しみに視聴してみます。

(追記 2007/10/12)
 どんど晴れDVDが販売されるというTBはあったので、承認してみました。宣伝とはいえ、この記事を読んでTB申しこむ人の気持ちはなんなんでしょうか?多分「どんど晴れ」とブログ検索しただけで、よくに読まずTBを送信したのでしょう。


スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2007/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー