企業年金124万人未払い、総額1544億円に

 
まずは、日経新聞の記事を引用します。
 転職した会社員の企業年金の資産を預かる企業年金連合会は5日、60歳以上の受給資格者の約3割にあたる124万人に、本来支払うべき年金を支給していないと発表した。未支給総額は累計で1544億円。転居などで受給者に連絡が取れなくなったのが主因だが、「加入者からの請求が支払いの前提」という連合会の方針も支給漏れ拡大につながった。国民年金などの公的年金と同様に、長期間にわたる年金加入者の管理制度の欠陥が、年金受取額の減少などの被害を呼んだ形だ。
 記事にあるように「加入者からの請求が支払いの前提」などの制度上の欠陥など様々あるのでしょう。「企業年金未払い、厚労相が報告義務付け検討」と発言したようだ。調査しなければ何も始まらないが、単なる調査だけに終わるのではあまり意味がない(それもまだ「検討」の段階だから実施されるかどうかも不明)。
 企業年金不払い問題で、ほっとしているのは「年金不払いが自分だけではなかったと思ってくれるだろう」と考える社会保険庁ではないだろうか(笑)。こんなことを書いている自分の性格の悪さに感心する。ろくでもないことばかり考えていると今朝も暴風雨が残るという天罰がありそうな予感が・・・。


スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2007/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー