FC2ブログ
 
 
 
 
 

「ネットカフェ難民に関する実態報告書」を読む

 
 以前に書いたいわゆる「ネットカフェ難民に関する実態報告書」を読んだ。報道されているイメージだとネットカフェ難民=日雇い派遣というイメージがある。しかし上記報告書によると、最も多いのは「派遣以外のアルバイト・パート・契約社員等(1日ごとの有期雇用)」であり、「派遣労働者(1日ごとの有期雇用)」である。職種も建設関係(建設業の労働者派遣は認められていない)が最も多く、東京2位(大阪3位)は「運転・運搬・倉庫関係」、大阪2位は「製造関係」と続く。この調査では、ネットカフェ難民で一番多いのは、建設関連の労働者派遣以外の日雇い労働者ということになる。
 そして正社員経験者が大多数(東京72.9%・大阪80.5%)となっており、東京では35歳未満の若者層では「経験がない者」が48.1%、中高年層では「10年以上正社員経験がある者」が52.4%となっている。就職氷河期による雇用悪化の影響を受けて正社員になれないまま住所不定になってしまった若者層と、リストラされて住居を失った中高年層に2分されると推測できる。

 だが、この調査も厳密なものだと考えてはいけない。調査時にネットカフェのナイトパックを支払うお金がなくて、野宿している人やファーストフード・サウナ等にいる人もいるからだ。調査対象だけに厳密な分析が難しいと現状ながらも、これだけの調査を行い公開してくれた厚生労働省職業安定局を評価すべきである。
 この実態調査からどう支援策を考えるのか。期待はしてないが、とりあえず様子を見てみたい。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2007/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー