最後まで気分が晴れなかった朝ドラ「どんど晴れ」

 
 昨日は「ラジオ番組が終わって残念だ」という話だったが、今日のネタは昨日朝ドラが終わってくれた」という内容です。

 朝ドラ「どんど晴れ」批判はこのスレに何度か書いた(その1その2その3)が、そのドンデモ内容は最後(先週金曜)まで止まることはなかった・・・。好評だった同じNHKドラマ「ハゲタカ」のようにヒロイン一家が老舗旅館(最高のおもてなしを提供する一流旅館の設定らしいが、実際やっていることは潰れそうな三流旅館にしか見えない(笑))経営している株式会社加賀美屋が乗っ取られることになる・・。
 だが考えれば考えるほど訳分からん。株式会社加賀美屋は10年ほど前に法人化した同族会社なのだが、何故か株式の譲渡制限がないようなのだ(爆)。
 半分の株式を所有する支配人を半分騙すようか格好で株式を入手することになるのだが、もし、支配人がおバカでなかったら、乗っ取り屋はどうしていたのだろうか?それも乗っ取りの半年前から3%の株式を取得しているから株主総会開催を取締役に請求できる(経営陣が知らないので株主名簿に変更記載がないようだ。しかも当然加賀美屋は非上場です。乗っ取りできなければ3%の購入資金は当然回収できません)と後出しジャンケンのように設定が出てくるのだから恐れ入る。
 私のように会社法を多少知っている者が見るとリアリティ重視にしなければならないのにあまりの非現実的な設定に腹が立つ。そもそも朝ドラの主な視聴者は、主婦やお年寄りのはずだが、やれ「株主総会を開催で取締役解任」とか「乗っ取り屋をやめるようその会社の社外取締役にお願いする」とか言われても、多分分からなかった人が多かったと思う(不親切な脚本なので会社法関連の説明をするシーンなどありませんし、脚本家自身も間違いなく正確に理解してません(爆))。
 最後まで視聴者を置き去りにする糞脚本全開でした。この糞脚本に振り回されてきた出演者の皆様本当にご苦労さまでした。このドラマのことをさっさと忘れて次の仕事を頑張って下さい。

 全体的な感想は、私の見た限りなんの愛着も湧かない「むかつき度№1」の朝ドラでした。脚本・主演とも伝説の「天花」に次ぐ最低レベルです。
「そこまで酷評するなら見るな」という当然の意見も出るでしょうが、「どこまで糞か最後まで見届けなければ、気が済まない」という感情が捨てきれなかったのであります。

 月曜からの新ドラマ「ちりとてちん」は脚本はまだ分からない。しかし貫地谷しほりの演技には期待できるので、楽しみに視聴してみます。

(追記 2007/10/12)
 どんど晴れDVDが販売されるというTBはあったので、承認してみました。宣伝とはいえ、この記事を読んでTB申しこむ人の気持ちはなんなんでしょうか?多分「どんど晴れ」とブログ検索しただけで、よくに読まずTBを送信したのでしょう。


スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 

ニッポン放送ラジオ「森永卓郎と垣花正の朝はニッポン一番ノリ」放送終了

 
 昨日、ニッポン放送ラジオ「森永卓郎と垣花正の朝はニッポン一番ノリ」が放送を終了した。私は仕事の都合上たまにしか聴けなかったが、真面目な政治経済ネタと、「メタボリック川柳」などのおバカなコーナーがうまく共存していた奇跡のラジオ番組だった。森永氏に関しては、このブログにもいろいろ(経済ネタやらメイドネタやら)書いたが、自分を決して飾らないあのキャラクターは私は大好きだった。その森永氏と同調できる垣花正アナウンサーのかけあいもお見事。常に暴走しそうな2人をうまく止めている那須恵理子アナウンサーの位置も絶妙だった。
 昨日の最終回は、午前5時の放送開始最初だけ聴くことが出来ました。徹夜明けの帰りの車内で(笑)。聴いた範囲では、いつもの放送と変わった様子はありませんでしたね。せめて最後まで聴きたかったのですが、睡魔に負けました・・・。
 平日に楽しい放送を聴かせてくれた出演者・スタッフの皆様、本当にご苦労さまでした。森永先生は、来週から夜が明けるまでゆっくり寝て下さい(午前5時放送開始なので、起床が3時あたりになるらしい)。

 今日は、ようやく朝ドラ「どんど晴れ」が終わります。ドラマ全体の感想は、明日にでも書く予定です。 


 
 
 
 
 
 

特色なくて書きようがない福田政権

 
 福田政権が発足した。この国会を乗り切ることが最優先課題なので、閣僚の留任が多く特色がなさすぎてブログに書きようがありませんでした(笑)。記事によると福田政権支持の理由も「「首相に安定感がある」が50%で際立って高く、「政策に期待できる」「首相に指導力がある」はともに10%前後に過ぎなかった」というように、独自色が出せない現状では支持理由もイメージ優先なのは仕方ないことです。

 経済関連だと日銀総裁に武藤副総裁昇格の可能性が高まったという報道が相次いでいます。「2003年3月の前回人事で、総裁に福井俊彦氏、副総裁に財務次官OBの武藤氏らを充てる人事の実現に尽力したのは官房長官だった福田氏。」(記事)とのこと。最大の問題が参議院第1党の民主党が武藤氏昇格に賛同するかどうかです。以前に書いたように民主党は武藤氏が財務省OBという理由で反対しています。しかし「参議院で不同意にすれば「じゃ誰がいいだと」政府与党から追求されると答える必要が出てくるので、実際に反対しないのではないか」という意見もあります。

 この国会で福田政権が解散総選挙から下野の可能性もゼロではないと私は考えているので、「次期日銀総裁人事はまだまだ分からない」と思っています。本当に次期総裁は誰になるのでしょうか?


 
 
 
 
 
 

MP3 CD初作成 

 
 MP3 CDって何だ?と思うが多いでしょう。実は私も新しいCDプレイヤーを買うまで知りませんでした(笑)。とりあえず私が理解している範囲で書いてみます。MP3形式で変換すればCDの音を圧縮することで長期間録音できる訳です。そのMP3ファイルとCD-Rに焼いて再生できれば、普通のCDよりはるかに長時間再生可能なCDが出来ます。最大の欠点は普通のCDプレイヤーでは再生できないことです。

 昨日も書きましたが、長い交響曲だと1曲CD2枚になると曲の途中でCD入れ替えることが面倒なので作成してみることにしました。ソフトはCDプレイヤーを買ったソニーにあったので早速ダウンロード。2つのCDから1枚のMP3 CD作成は慣れないと結構難しいですね。
 CD-Rに無事焼けたので早速再生してみました。最初はPC上で再生しましたが、予想以上にいい音です。私の耳の感度があまり良くないせいだと思いますが(笑)。新ポータブルCDプレイヤーで再生してちゃんと再生できたのを確認したのですが、演奏時間が90分近いんでまだ全部聴いてないのですね。ブログも書き終わったことですし、これから確認してみます。


 
 
 
 
 
 

仕事用デジカメ+ポータブルCDプレイヤー購入

 
 月曜日(振替休日)は、書類の整理のため午前中仕事をしてました。外仕事が忙しくて事務仕事すっかり忘れていたが、予想以上に仕事が進んでいなくてびっくり。連日の疲れ(昨日休んだだけと(笑))こともあり、気分転換するために懲りずに秋葉原へ。

 秋葉原に行ったのは、2つの目的があります。

 1つは激しく時代遅れですが(爆)、自分用(ほぼ100%仕事用ですが)のデジカメが欲しかったんですよ。私はプライベートで写真を撮るのも、顔に自信がないので撮られるのも嫌いです。従って日大通信の学位授与式の写真は一枚もない(爆)。今の時代いろいろなデジカメがありますが、うっかり者の自分が外仕事で安心して使えそうな完全防水で衝撃に強い手頃なデジカメはなかなか販売されてなかったです。そこで秋葉原最大の量販店「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」に行ってきました。目標のオリンパスμ790SW(710万画素・3m防水・防塵仕様・1.5m耐衝撃)が33,000円と予算が3万円とちょとオーバーでしたが、ポイント使って1GBのxD-ピクチャーカードと延長保証がつけられたので特に不満はありません。

 もう1つの目的はポータブルCDプレイヤーの購入です。本体は特に問題はなさそうですが、リモコンの液晶が消えたり誤作動したりもう寿命のようです・・・。旧型なのでリモコンだけ売っているとは思えず、本体ごと買い換えることにしました。今はiPodのようにHDDに音楽を録音して持ち歩く方法が主流だと承知していますが、私のようなクラッシックを聴く人間は演奏時間が足りるとは思えません。長い交響曲になると1曲CD1枚で終わらない作品もある位です。圧縮すると音の低下は避けられませんが、1曲2CDだと再生面倒くさいので、CD-R/CD-RW・MP3再生対応CDプレイヤーをこれも手頃な値段で購入しました。唯一不満なのが薄型を追求したため今まで使っていた単3充電池が本体だけで使えないことですね。

 こんな買い物をするとあっという間に財布の中身が消えていきます・・・。会社には事前にデジカメ購入するの言うの忘れていたんで、ダメもとで申請してみました。無事認めて貰ってデジカメ代回収できました。なによりです。

 それよりもCDプレイヤーの購入してびっくり。展示品が本体だけだったので分からなかったのすが、新しいリモコンが白色でした。今使っている黒色の密閉式イヤホンと全然色が合わない(爆)。面倒くさいんでそんなの気にしないことにしました・・・。そのうち買い換えて色を統一するかも知れませんが・・・。


 
 
 
 
 
 

メイド整体 初体験

 
 メイド喫茶&リフレ店のくろすろ~どでメイド整体を始めたというので、行ってきました。実は腰の調子があまりよくないかったりする。でも重い物を持った記憶がなので、年のせいかな?連休中は混む(特に上の店(笑))と思いましたが、30分ほど待つだけで済みました。
 同店のラウンジ(喫茶)の方で待ちましたが、何も頼まずにいるのも気まずい(メイドさんは知っていても他の旦那様・お嬢様は知らない)ので、アイスコーヒー注文しました。私にとっては居心地がいい店なので時間があれば紅茶を頼んでゆっくりできた、と思うとちょっと複雑な思いです。

 感想は普通の強さで頼みましたが、意外に強く押されました。先程書いたように腰を重点的に頼みましたが、左肩の肩胛骨あたりが効いたのが予想外でした。終わった後のメイドさんの話だとやはり左肩が硬かったようで・・・。メイド整体の最大の問題点は、最後までうつぶせ状態なのでメイドさんの姿が全然見えないことです(笑)。先週は、徹夜続きだったのでうつぶせでいると、意識は半分なくなるし・・・。
普通メイドさんの姿を鑑賞することが、メイド喫茶やリフレ(施術中に世間話をすることを含む)の最大の目的ですから、一般の旦那様(この店のラウンジでは、男性客をこう呼ぶ)の感情してどうなんでしょうか。まあ若い女性限定でマッサージしてもらえるので個人的にはありと思います(念のために書いておきますが、どのメイド整体・リフレともエロ厳禁です)。
 腰の状態が改善しなければ、親が通っているプロのマッサージ師の所に通ってみようか検討中です。その先生、腕もいいし施術時間も長いが格安だと聞きますが、ちょっと偏屈者だと聞いているので、尻込みしています。匿名ですから偉そうなことをいろいろ書いていますが、実は私小心者なので・・・。


 
 
 
 
 
 

サブPCのインストール順調

 
 昨日は、サブPC用のWindows XP Home(Vista Home Basicの方が安いのだが、CPUパワーがないので断念)を購入してWindowsからインストールしました。前回苦労したドライバー関係は下調べしてあるので、問題なくインストールできました。やはりDVD関係で少し手間取りましたが(笑)、最新のPower DVD7でも再生でき無事停止してもフリーズしないようです(CPUが一世代違いますからね。64Bitだし)。まだインストールすべきソフトがありそうだが、思い浮かばないのでとりあえずバックアップ取って終了しました。これで1つ寝不足の原因が消えた。うれしいが連日の徹夜がたたってこの日記実際に書いているは23日の午後9時30分頃だがもう眠い・・・・。
 ということで、PC以外の日曜の話はカテゴリー分ける必要からまた明日公開します。


 
 
 
 
 
 

「金に糸目は付けない」と言われるは、商売としてうれしいのだが・・・

 
 木曜日にPCを自作する途中で緊急の呼び出し。「徹夜明けな上、PCまだ完成してないよ」愚痴りたいのは山々だが、私にしか場所が分からないみたいなので、他の人を同行して行ってきました。現場は悲惨な状況。発注先からは、「お客様からクレームが多くてどうにもならない。金に糸目は付けないから、なんとかしろ」という商売人にはうれしい一言。だが、状況があまりにもひどすぎて「正直どうすんだ」という状況。原因分かり、とりあえずの対応が決まるるまで夜の9時すぎまでかかりました。結局、帰宅したのは、午後11時過ぎ。翌日午前1時くらいまでPC作成(前の記事参照)に粘りましたが、とうにもならず・・・。しかも金曜日は早朝出勤です(笑)。
 金曜日は予定の仕事を済ませて、人が足りなくて急遽昨日緊急で行った先に急行。昨日決めたとりあえずの対応も実際やってみると結局ダメだと分かりガッカリ。方針変更してとりあえず対応してきました。仮に対応しただけなので、まだまだ仕事が残っていますが、被害の拡大は止めることができました。
 対応ができた後、帰宅する暇もなく以前から決まっていた徹夜にそのまま突入(涙)。汗だくで帰宅できたのは、土曜日の午前4時頃でした。
 先週の土曜日から運勢が悪い(占いは信じてないが、実際運勢が悪いとしか思えないことがたまにある)が、ここまでヒドイくて長期間続くのは珍しい。
 本当に参った。来週は、運勢が改善していると祈るしかない。


 
 
 
 
 
 

サブPC自作開始も未だ果たせず・・・

 
 木曜日は、徹夜明けだったのでPCを自作しようとしました。問題は以前に書いたCPUクーラーでした。クーラーを取り付けてみると、マザーボードがケースに入れられません(爆)。仕方なくマザーボードを取り付けた後、電源に干渉一歩手前でしたがなんとかCPUクーラーを取り付けました。やはり、もう少し小さいクーラーにすればよかった・・・。
 OSはメインPCを買ったときに挫折したXP 64Bit版を選択。無事インストールできましたが、付属CDは「OSノーサポート」の文字が・・・・。なぜか、メーカーのサイトにもマザーボードの情報は一切ない(WEB上では新製品情報あるのに・・・)ので、訳分かりません。AUDIOドライバー入れて失敗したせいか、CPUのパワー不足か分からないが、ブルースクリーンで停止を連発。だめだこりゃ。明日にでもXP(32Bit)のOEM版買うか。
 実はこの時に仕事でひどい目にあったが、明日の記事で公開します。  


 
 
 
 
 
 

やっと原因分かったが空しい・・・。

 
 サブPCのDVDの再生を終わらせた後しばらくするとフリーズするエラーに散々悩まされましたが、ようやく原因が分かったみたいです。やっぱりCPUのパワー不足のようです(爆)。
 先日整理をしているとPowerDVD5(OEM版)のCD-ROMが出てきたので、サブPCに早速インストール。DVDの再生して終了させてしばらくしてもフリーズしません。それにしてもPowerDVD6(最新は7)でも同様の現象が起きたので原因判明まで相当時間がかかりました。昔のDVD再生ソフトはAthron1GHzでも余裕で動いた記憶(当時の性能ではたいした画像が表示できませんでしたが・・・)があるので原因判明まで遅れた訳です。
 GPUがRadeon HD X2400 PRO(AGP8X)でもPowerDVD5だとAVIVOやUVDなどの再生支援機能に対応してないんだよね。ソフトが販売していた当時はAVIVOやUVDという再生支援機能事自体がなかったので仕方がないのですが・・・。
 サブPCでPowerDVD7を使うには、日曜に購入したマザーボードを使って自作するしかなさそうです。新マザーはPCI Express x16なので、以前購入した最新ミドルレンジのGeForce 8600GTカードが使える。しかし8600GTが対応している動画支援機能 NVIDIA PureVideo HD テクノロジってWindows XPだとまだ正式対応してない(笑)。対応しているBETA版インストールして正式対応まで気長に待つことにします。


 
 
 
 
 
 

FRB利下げは適切な政策だと思うのだが・・・。

 
 サブプライムローン問題に揺れるアメリカだが、昨日FRBが0.5%の利下げをした。アメリカ経済に詳しくない私でも0.5%の大胆な利下げも想定内でした。それでも米国株は急反発(記事)、東証も一時570円高・1万6000円台回復(記事)するなど、市場にとりあえず良い影響を与えたようです。
 これほどの利下げをするのは、アメリカ経済がかなり混乱していてFRBも必死なのが容易に想像できます。日本がこの程度の影響で済んでいるのは、「経済のグローバル化がまだまだ」ということになりますが、グローバル論者はどうお考えなんでしょう。本当に金融がグローバル化しているなら、FRBだろうが日銀だろうが実質金利を動かすことなどできないし、市場にこれだけの影響を与えることもできないはずですが(笑)。
 アメリカ経済の混乱が収まらない理由で、今月の日銀の利上げ見送りました。先月も書いたが、他国の不幸により、自国の経済を守るような自分の発言は、書いてていい思いはしませんね・・・。


 
 
 
 
 
 

なぜか昨日はソフトの更新が多い。

 
 昨日は、Office 2003 Service Pack 3Firefox 2.0.0.7などソフトの更新が相次いだ。
 Firefoxは、「QuickTime のメディアリンクファイルを通じたコードの実行」という最高レベルの脆弱性の修正だが、私のPCにQuickTimeがインストールされていないので、インストールしなくても影響は受けないと思う。
 Office 2003 SP3は105MBもある。私のように光で30MBの速度があればさほど負担にはならないだろう。でもADSL時代(実際の速度約1.5MB)を考えるとかなり時間がかかりますね。しかも再起動はまだしも、MS-IME強制切り替えという余計なおまけもついてるし、日本のWindowsユーザーはMS-IMEだけ使っている訳ではないのだが・・・。


 
 
 
 
 
 

大学「9月入学」来年度にも解禁って意味あるの?

 
 最近ネタ切れなので、こんな話題でお茶を濁します(笑)。
 文部科学省は18日、現在は「原則4月」と定めている大学の入学時期について、年内にも完全に自由化し、各大学の判断に委ねる方針を決めた。
 日本の大学は、海外の大学に比べて外国人教員や留学生の受け入れが遅れており、「4月入学」がその最大の要因とされている。同省では、この規定を撤廃することで、欧米などで一般的な9月入学の大学を増やし、優秀な学生や研究者を日本に呼び込む環境を整えたい考えだ。
 学校教育法の施行規則は、「大学の学年は4月に始まり、3月に終わる」と規定している。ただ、現在も帰国子女や留学生などに配慮し、学生を学年の途中から入学させたり、卒業させたりすることは可能。2005年度も全国で322学部が4月以外に学生を受け入れたが、入学者は1569人(放送大学を除く)にとどまっている。
 一方、世界のトップレベルの大学の間では、優秀な学生の争奪戦が激化しており、「『4月入学』が壁になり、優秀な人材が欧米などに流れている」との指摘が相次いでいた。このため、政府の教育再生会議が今年6月の第2次報告に「9月入学の促進」を盛り込んだほか、「経済財政改革の基本方針(骨太の方針)2007」の中でも、4月入学の原則を見直すよう求めていた。
 これらの提言を受け、同省は9月入学を進めるためにはまず、「原則4月入学」の規定を撤廃する必要があると判断。年内にも同施行規則を改正し、規定を「学年の開始と終了の時期は学長が定める」と改めることを決めた。早ければ来年度から、独自の判断で入学時期を定める大学が出てくることになりそうだ。
 ただ、9月入学を拡大するには、入試時期との調整も必要になる。夏に入試を行うことも可能になるが、毎年1月に実施されている大学入試センター試験をどうするかなどの課題もあり、日本で定着するには時間がかかりそうだ。
記事全文

 9月入学導入の理由が優秀な学生の受け入れや流失防止ならば、該当するのは一流大学だけでほとんどの大学には関係ない話だろう。日大通信も10月入学を実施しているが、4月入学・3月卒業のほうが多い(私もその1人だ)。日大通信に4月入学が多いのは、4月入学のほうが年間予定が立てやすいという事情があるが・・・。
 どのような理由にしろ、選択の機会が増えることや、18歳人口減少で学生集めに苦労している大学は、入学チャンスが増える(入試検定料なんかの収入も増えるし(笑))ので歓迎すると思われる。


 
 
 
 
 
 

結局、マザーボード買ってしまった・・・。

 
 以前書いたマザーボードですが、日曜日に秋葉原に行っているとそれなりに好評のようで、在庫が残り少なくなっていました。

(追記 2007/09/23)
 この記事によると、「中~上級者向け製品を多く扱うショップでは好調な売れ行きを見せている一方で、初心者向け製品を多く扱うショップではあまり目立った動きを見せていない」とのこと。私のようなSocketAのマザーボードが多くてDDRメモリーが流用して格安のPCを組み立てられるユーザでもない限り、あまり手を出さないかもしれない。
 時間が無く売れているツクモ以外で在庫を確認してなかったので(下の行から既存記事)、 

もうすぐ在庫がなくなると思うと「この機会を逃すと勿体ない」とつい購入しました。
 店内を出ようとしたら「CPUクーラーない」と思い出しました。値段が安かったのでかなり巨大なCPUクーラーを購入してしました・・・。Athlon 64 3000+に巨大CPUクーラーは明らかにオーバースペックです(冷えすぎて困ることはないと思う)が、静音は期待できます。ただ取り付けられるとは思いますが、実際に取り付けてみないとやはり不安です。

(追記 2007/09/23)
 そのCPUクーラーを取り付けた時の記事はこちら

 昨日の仕事でも、土曜日に不運続きなので運気が回復するまでPC組み立てを自粛したいと考えています。その組み立てもいつになるやら・・・。

 日曜は、秋葉原到着が遅かったので、秋葉原恒例のメイド関連はパス。もう少し待てば自民党総裁選の麻生候補の演説を聴けたことを知り、ちょっとガッカリ。でも、帰宅が遅くなったので早く戻ってきて正解でした。


 
 
 
 
 
 

遠距離ドライブ

 
 昨日、私にとっては遠距離のドライブをしてきました。「そんな趣味あったけ?」と思った人は大正解。もちろん仕事です(笑)。
 ほとんど行かない場所なのでナビを使っていったのですが、車がほとんどいない有料道路を誘導されました。お金(自腹)はかかりましたが、全然知らない道を通るのはいい経験です。私はスピードは出さない方ですが、白バイが猛スピードで私の車の前を通過した(前のバイクを捕まえた)のでスピード全然出せませんでした(笑)。
 仕事の内容は移動時間ばかりかかるが、現地では数10分で終わるというものです。日程的に間に合わなくなったので日曜日の昨日に行った訳です。
 午後2時過ぎに帰宅できたので秋葉原に行きましたが、ネタがないので明日に書きたいと思います。

 「今日は祭日なのでゆっくり休みたい」ところですが、朝から仕事です(笑)。しかも今日は、ちゃんとした1日仕事で、場所も遠距離(爆)。


 
 
 
 
 
 

自民党総裁選挙始まる

 
 自民党総裁選挙が正式に始まり、麻生氏と福田氏の一騎打ちとなる。結果は福田氏に決まってるようだが、一番気になるのが福田氏の経済政策です。
 安倍政権の経済政策は、効果は別にして評価できる再チャレンジ支援政策と、それ以外は基本的に市場放任というものでしたが、福田氏はどのような経済政策を目指すのでしょうか。安倍政権で国民負担が増えたのに、さらなる国民負担による財政再建だけは勘弁して欲しいのですが、どのようになるかはそのうち分かるでしょう。

(追記 2007/09/16)
 記事によると福田氏は、「消費税上げに言及、小泉構造改革の方向性」とのこと。社会保障費増大がとまらないので消費税を含めた増税は仕方無いかも知れない。しかし小泉政権下の経済政策って竹中プランによる強引な不良債権処理を挫折後、郵政民営化以外は基本的に市場放任でした。この放置路線の継続なんでしょうか? 

 安倍政権最初で最後の『経済財政白書』を読む前に政権が終わってしまったのが残念である。最低でもテロ特措法期限切れになる10月末までは続くと思っていたんだが(笑)。


 
 
 
 
 
 

通教に入学までの歩み (4)近代経済学を再評価した経済学者 その1

 
 昨日「中国発デフレ(笑)」など古い話を書きましたので、久しぶりに日大通信入学を決意するまでの話を書いてみます。
 その1で書いたように近代経済学に不満だった私ですが、経済学毛嫌いを克服するきっかけを与えてくれた経済学者の一人が小野善康教授です。
 小野善康『景気と経済政策』岩波新書、1998を読みましたが、当時の私にとっては実に勉強になりました。この本で強調されてることは、国と個人や企業と異なる原理で動いていることだ。私が一番好きな言葉は「企業は社員を解雇できるが、国は国民を解雇できない」(小野善康『誤解だらけの構造改革』日本経済新聞社、2001、P65)という言葉である。このように国と企業が異なる論理で動いているのだから、経済学を学ばない限り国の原理は理解できないと考えるようになったのである。

 小野教授が『誤解だらけの構造改革』でインフレ・ターゲットに反対し、私の考えがリフレ派に転向したことで小野教授の評価は低下した。小野教授はバブルで失った1,000兆円にも匹敵する規模で金融緩和しなければならないが、現実にそんな巨額の金融緩和はできない」(『前掲書』P169)と主張している。一方リフレ派は、過去のデフレ脱却の経験からデフレ期待を解消する(その手段がインフレ・ターゲットや国債の大量買い取りによる非伝統的金融政策)ば良いと主張する。私が知る限り小野教授の著作で歴史に関して言及している部分はない。リフレ派の主張が説得力を持つのは、経済史を熟知しているからであり、歴史から積極的に学ぼうとしない小野教授の認識の差が生まれてきたと、私は思っている。
 また小野教授は不況回復のために新産業創造を主張しているが、日本の産業政策の歴史を知れば、政府による新産業創造がいかに無駄な行為かが分かるはずである。

 この文章を書いていて「歴史から大事なことを学ばなければならない」と思いました。


 
 
 
 
 
 

サブプライムローンに関する2つの文章

 
 昨日の日経新聞「経済教室 動揺世界経済 サブプライムローン問題の教訓」の竹森俊平慶應大学教授が書かれた「不確実性の備え急げ」という文章に感動した。私のようにアメリカ経済に詳しくない人間にも「サブプライムローンがなぜここまで深刻な経済問題になったか」を限られた紙面で的確に説明している。昨日の新聞の話を書いて入手が難しくなっているが、興味のあるが、この問題に関して良く分からないと考えている人は一読すべきだと考える。

 実は、私も『週間 ダイヤモンド2007年9月15日号』の「特集 全解明 混迷の世界経済」でサブプライムローン問題の記事を読んだが、実力不足によりあまり理解ができなかったので、竹森教授の記事は非常に助かりました。

 野口悠紀雄早稲田大学教授も連載「「超」整理日記」でサブプライムローン問題に関するネタを書いているが、これが笑える。サブプライムローンの話から、金融政策の話を進むのだが無知丸出しなのだ。「九十年代以降の物価変動が(中略)私は、中国からの製品輸入やITの生産性向上によって生じた相対価格の変化が中心だと考えられる」(P117)
 相対価格がいくら変化したって物価を中長期的に動かす力はありません(笑)。野口先生大学レベルの経済学をもう一度勉強してください(笑)。もし相対価格の変化が物価にすぐに影響するのだったら、最近の原油高で物価が上昇しデフレが終わっても不思議ではないはずです。
 それに中国発デフレですか・・・・。ずいぶん古いネタですね(爆)。何も大恥をかいた過去の話を、わざわざ御本人が蒸し返すことはないと思いますが(笑)。トンデモさんは都合が悪いことはすぐ忘れるようで、仕方がないようです。


 
 
 
 
 
 

史上まれに見るひどい辞意表明

 
 今の国会で安倍総理が総辞職する可能性が高いと誰もが思っていたが、まさか代表質問の目前、それも小沢民主党党首との会談を断れたという幼稚な理由で辞任するとは想像もできなかった。
 健康を害されているなら、遠藤前農相の辞任で責任を取るという選択肢もあったはずだ。
 せめてテロ対策特別措置法が期限切れになるまで粘れよ。
 野党の代表質問キャンセルして、明日からの国会どうするんだ。

 辞任を決意した総理へ庶民から最後の一言。

 安倍さん総理だけでなく、国会議員も辞めてくれ。こんな無責任な男に税金を使って食わせる義理はない。

 以上。

(追記 2007/09/13)
  安倍総理入院しました(記事)。お体をしっかり治してください。なぜ、このような体調で国会を乗り切れると考えたのはさっぱり理解できませんが・・・・。


 
 
 
 
 
 

無理して物を入れるものじゃない!

 
 このタイトルの意味が分かるまでちょっと長いですが、気長に読んでみた下さい。

 今まで使っていた財布が一部破れたので、先日財布を購入しました。いままでの財布は2つ折りのものでしたが、実は困っていた点があったのです。第1種電気工事士免状が大きくて(約9㎝×5.5㎝)前の2つ折りの財布だとうまく入りません(笑)。なんでそんな財布に入れてたかというと、電気工事(滅多にしませんが)を行うときは免状の携帯が義務づけられています(電気工事士法第5条第2項)が、財布を買った時はまだ資格取得してなかったです。免状取得後財布買い換えるべきでしたが、勿体ないので無理矢理折り曲げてしまった訳です。
 財布を購入して久しぶりに免状を見ていると写真が曲がった部分だったので顔が判別するのに困難な状況になっていました・・・。orz
 来年5年に1度の法定講習があるのですが、講習会に免状持参が条件なので人に見せない訳はいきません。と言う理由で、申請先の近くで用事があったことに便乗して、社長には内緒(笑)で写真撮って(どうせろくな顔じゃないので気にしない)・再交付の県証紙買って再交付申請をしてきました。今まで持っていた免状を提出したので比較的早く自宅に届くと考えています。

 今回買ったの財布は2つ折りではなく、第1種免状が折り曲げずに入れられることを確認したので心配ありませんが、サイズが大きくて使いにくい(苦笑)。

 「普段使わないだったら、無理して免状持ち歩かなければいいのに」という意見もあるでしょう。でも仕事上不慣れでも突発的に作業することになったり、私だけかも知れませんが免状持ってないとなんか気になってどんでもないことやらかしたりするんだよね。今は第1種免状返却したので、数年ぶりに第2種電気工事士免状を財布に入れました。第2種のサイズ(約8.5㎝×6.5㎝)だと小さいので入れやすいです。第1種もこのサイズだといいのですが、経済産業省が決めることなのでどうにもなりません。


 
 
 
 
 
 

正統派メイド喫茶は良いもんだ

 
 昨日の秋葉原の様子を公開しましたが、数少ないブログの読者は何かが抜けているかお分かりだと思います(笑)。実は昨日公開の記事に書いている途中で眠くなった上昨日の出社が早かったので、メイド喫茶ネタを書かずに寝てしまった訳です。

 日曜日に正統派メイド喫茶の1つであるcure maid cafeさんに初めて行きました。こういった正統派メイドカフェは好きなのに何故か敷居が高そうで尻込みしていましたが、今月25日から来月5日まで休業するそうなので行ってみました。感想は評判通りですね。私にはとにかく落ち着きます。日替わりのケーキと紅茶を頼みましたが(注:全然似合ってないと思う(笑))値段も良心的ですし、紅茶もおいしいかったです。
 個人的には床に届きそうなロングスカートのメイド服にはあまり萌えることができなかったのですが(爆)、当然これはお店の責任ではありません。キュアさんにもしばしば来店(この店はメイドさんが「お帰りませ」と言わないので、これが正しい表現だと思う)したいと思います。

 こんなおバカなことをしている私ですが、この趣味はしばらくはやめられそうになさそうです。さて、日曜買った本を読まないと・・・。


 
 
 
 
 
 

昨日の秋葉原

 
 6日にソフマップ秋葉原本店が開店したので、早速様子を見に行ってきました。開店最初の日曜だからすごい人でした。店内は予想していたよりは狭いし、ソフマップがなぜ家電の販売を始めたのは私には良く分かりませんでした。ヤマダ電機やコジマ等の郊外型電器店が出てきたので、家電は秋葉原の主力とは思えませんし、秋葉原内にはソフマップ本店より大きいヨドバシカメラがありますしね・・・。とりあえずPCパーツ関連は他店の改装が終わってからでないと評価できません。
 気になっていたマザーボード結局購入しませんでした。サブマシンはDVDさえ再生しなければ問題ないですし、購入するとハードの組み立てはまだいいのですが、ソフトのインストールで昨夜また寝不足になりそうなのでやめました(笑)。


 
 
 
 
 
 

今朝も眠い・・・

 
 最近は暑さのせいで午前5時起床が普通のなので、夜更かししない私ですが、昨夜午前1時過ぎは電話が止まらない。「こんな夜中に何だ?」と思ったら緊急の呼び出しでした(笑)。
 道具もないし半分寝ぼけていた(笑)ので、警報外すのが精一杯でした。また警報が止まらないだけで、正常に作動しているのが不幸中の幸いです。結局ご帰宅は午前3時すぎでした。
 どうせ今日は日曜だし何も出来ないし、下手に寝ても体内時計が狂うので秋葉原にでも行って眠気防止しますか(笑)。


 
 
 
 
 
 

飯田泰之『歴史が教えるマネーの理論』を読む

 
 先週の日曜日に購入した1冊です。「本書の目的は、歴史や学説史を「ツールとして利用する」ことで、現代的な経済理論、ことにマクロ金融論・貨幣経済学(Monetary Ecomics)の簡潔な入門的紹介を行う」(P1)とあるが、私は成功したと思っている。「第1部 貨幣数量説の栄光と挫折」(本ではローマ数字)では、原始的な貨幣数量説から、金融政策に「将来の期待が重要である」であるというインフレターゲットにつながる主張を見事に導いている。「第2部 為替レートの悲劇と喜劇」では、固定相場制の利点と欠点も無理なく説明している。「第3部 金融政策 -マネーは一体何なのか」では、中国の古典『管子』の引用や江戸時代の貨幣制度から金銀複本位制を説明するなど意外な例だったが非常に勉強になる。

 しかしリフレ派の論客は経済理論だけなく、本当に歴史に詳しいのに感心する。それでも「リフレ派は歴史を知らない」というリフレ派の本を読んだこともないのに批判する人はいるんだよな(笑)。


 
 
 
 
 
 

自作PCが普及するのは良いことだが・・・

 
 ネタが古くなるので、連続投稿します。
 おとといの日経新聞によると中高年や女性のPC自作する方が増えているようです。背景には写真のいっぱい掲載されている自作の解説書が出たり、Web上のサポート(英語のページも多いが)が充実していることにあります。確かに私も秋葉原でもPCパーツ売り場に私のようないかにもPC好きな男性に混じって中高年の方や女性の方をしばしば見かけてます。

 ただ私はPCの自作を他人に勧めせん。その理由は「自分でPCことを理解できない人は手を出すべきではない」と考えているからです。自分のCPU・メモリー規格・GPU・チップセットなどPCの主要構成が分かっていないと質問さえできません。マザーボード等の付属CD-ROMを使えばとりあえずは動くと思います(CD-ROMに入っているドライバーが最新でないことが多いので、不具合が残っていたり、性能を100%発揮出来ない場合が多い)が、チップセット等のドライバーがとこにあるか分からないと適切な管理は難しいでしょう。そして日進月歩の分野ですのでライバー更新の情報もチェックしないといけません(私のように毎日する必要はありませんが)。そして、こまめにバックアップを取らないと突然の不具合の対応も大変です。

 ここまで自作の面倒くさいことを書きましたが、勉強する覚悟と根気があれば、自由に構成変更できるので自作PCを使うのは楽しいですよ(PCパーツの進化は早いので、私も日々勉強中です)。今も低予算で組めるマザーボード+CPUのセットがあるが、拡張性がないので悩み中(笑)。


 
 
 
 
 
 

昨日の発言に深く反省

 
 冗談のつもりで昨日の日記に台風のことを書きましたが、深く反省しております。まさか、こんな長時間雨や風が続くとは思っていませんでした。午後には、雨がやんで晴天になりましたが、強風は午後まで残るとは、本当に予想外という他ありません。
 私個人の台風の影響は、昨夜の強風のため寝不足になった程度ですが、交通機関の麻痺でなかなか自宅に戻れなかった人が多数いたことを考えると寝不足になったことなど、たいしたことはありません。今夜はぐっすり休みたいと思います。
 東北・北海道の方は寝不足の方が増えると予想されますが、台風の勢力も大分衰えたはずなので、気を抜かずに頑張ってください。


 
 
 
 
 
 

企業年金124万人未払い、総額1544億円に

 
まずは、日経新聞の記事を引用します。
 転職した会社員の企業年金の資産を預かる企業年金連合会は5日、60歳以上の受給資格者の約3割にあたる124万人に、本来支払うべき年金を支給していないと発表した。未支給総額は累計で1544億円。転居などで受給者に連絡が取れなくなったのが主因だが、「加入者からの請求が支払いの前提」という連合会の方針も支給漏れ拡大につながった。国民年金などの公的年金と同様に、長期間にわたる年金加入者の管理制度の欠陥が、年金受取額の減少などの被害を呼んだ形だ。
 記事にあるように「加入者からの請求が支払いの前提」などの制度上の欠陥など様々あるのでしょう。「企業年金未払い、厚労相が報告義務付け検討」と発言したようだ。調査しなければ何も始まらないが、単なる調査だけに終わるのではあまり意味がない(それもまだ「検討」の段階だから実施されるかどうかも不明)。
 企業年金不払い問題で、ほっとしているのは「年金不払いが自分だけではなかったと思ってくれるだろう」と考える社会保険庁ではないだろうか(笑)。こんなことを書いている自分の性格の悪さに感心する。ろくでもないことばかり考えていると今朝も暴風雨が残るという天罰がありそうな予感が・・・。


 
 
 
 
 
 

台風が来る前なのに・・・

 
 今週末関東に台風が来る予報があるが、今日の天気は凄かった。「もう台風きたの?」と思うほどの土砂降りだと思ったら、数10分後には晴天なのだ。お陰で晴れると蒸し暑い(笑)。今日から台風の動向に警戒しなければならない。今日のノルマ終わらせて自宅に帰らないと。
 個人的な都合だが本日開店するソフマップ秋葉原本店と改装閉店セールのある石丸電気に行きたいので日曜の暴風雨は避けて欲しいものである。今のところの予報は、週末天気回復するようだが・・・。


 
 
 
 
 
 

ブログ一部変更+Gmail作成

 
 このブログにカレンダーを追加しました。「ほぼ毎日更新するこのブログに更新日を知らせるカレンダーなど無意味では?」という意見が出るでしょう。このブログに表示されるカレンダー・天気予報・ブログ内検索は、あくまでも私自身が使うもので、他のユーザーのために意図されたものではありません(爆)。
 このブログとは全然関係ない話ですが、Gmailを新規作成しました。このブログにメールアドレスを載せてもいいのですが、管理人のみ閲覧可能のコメントを頂ければ問題ないと思うので、公開は見送ります。公開が必要な場合は検討しますので御連絡ください。Webメールはyahooの時に経験済みです。yahooの方はHなお誘いメール(笑)が迷惑メール判定をすり抜けたり一般的なメールソフトでの受信の設定が面倒でしたが、Thunderbird2.0.0.0以降だとGmailからの転送設定が簡単ですね。使い始めたばかりなので、Gmail側の迷惑メール判定はどの程度かまだ判断しかねます。
 くだらない宣伝メールなんかはGmailの方にメルアド変更したいと思います。


 
 
 
 
 
 

森永卓郎「ネットカフェ難民がスラムをつくる日」に関して

 
 このブログで「ネットカフェ難民に関する実態報告」に関することを書いたが、同じ報告書から森永卓郎「ネットカフェ難民がスラムをつくる日」を公開した。興味深く拝見したが、この文章に対する感想を書いてみたいと思います。
 内容のほとんどは同意できるが、「ちょっと意見が違うな」と思うのは最後の部分です。
 
 厚生労働省も事態を重くみて、ネットカフェ難民が金をためられるように、資金管理の支援をするという。だが、それよりも大切なことは、彼らが住む場所を得られるようにアパートを借りる資金を融資することではないだろうか。

 ネットカフェ難民はニートやホームレスとは違い、ある程度の仕事の能力を持ち、仕事をしたいと思っている人が多い。いったん家を借りさえすれば、毎日の生活をするだけの金は稼げるのだ。

 彼らは働きたがっている。要は、住所さえ確保すればなんとかなる話なのだ。言ってみれば金で済む話なので、ニートやホームレス対策よりはるかに解決は簡単なのである。

引用元、ゴシック体:引用者)
 私は単純に金で済む話だとは思えない。ネットカフェ難民は、家賃が支払えなくてネットカフェ難民になる場合が多いと考えれられるで、日雇いではなく家賃を支払った上で生活できる「定職」につく必要があるからだ。実態報告書によるとネットカフェ難民の平均月収は約10万円である。これでは、無償に近い家賃で一定期間公営住宅に入居できても収入上住み続けることは難しいだろう。
 確かに住所がないと就職活動は難しい。しかし、きちんとした収入がないと逆戻りである。ネットカフェ難民対策は、住居確保+定住できる収入のある職場確保だと、私は考える。そうなると職業訓練などが不可欠だが、日々の生活で精一杯で訓練参加は簡単にはいかないだろう。実態調査は何故か「職歴・技能が不十分」という解答が意外に低い(東京19.2%:非正規労働者19.9%:大阪7.2%)。「履歴書に書く住所がない」(東京40.2%:非正規労働者46.6%:大阪53.7%)という職歴・技能以前の問題で就職できないからだろう。

 やはり、ワーキングプア解決は簡単ではない。


 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2007/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー