安倍総理辞任なぜ辞任しないのか

 
 参議院選挙であれほどの惨敗をして安倍総理が辞任しない理由がよく分からない。現状では、支持率が回復する可能性はまずないからだ。
 消費税引き上げなども国会運営では今までのような強行採決連発が使いにくい。与党内でも民意のない総理の主張をごり押しするのも難しくなった。
 唯一のアピールとなるかもしれない北朝鮮外交では、核放棄をしつつある北朝鮮に、中国・アメリカに対して拉致問題を盾に北朝鮮の経済援助を拒否し続けるのは難しいだろう。
 身辺調査をまともにやらない総理のことだから、内閣改造をしてもまた閣僚の問題が出てきても不思議ではない。

 私は惨敗で総理を辞めるいい機会だと思うのだが、選挙に負けて退陣したという事実を残したくないし、一度手にした権力はなかなか手放せないということか。

 あと驚いたのは、以前書いた義家氏が当選したことです。自民党の各業界団体の支援が減った現状では「他の候補者の知名度が義家氏以上になかった」ということでしょうか。


スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 

今日も秋葉原に行き疲れました

 
 仕事の都合から私のメインPCにもMS-Officeを入れる羽目になりました。問題はMS-Officeがバカ高いことだ。正式版だとWordやExcel2007でも2万円では買えない(インストールしてないし、製品版CDを持ってないので、アップグレード版を買ってもインストールできない)。制限があっても安いMS-Office DSP(OEM)版は存在するが、秋葉原でも扱っている店はなかなかないのだ。選挙に行った後、秋葉原をうろうろ歩き回って見つけた数店から1番安い店で購入。Office 2007はなかったので(あっても互換性の問題でかなり悩んだと思う)Office Personal 2003 DSP版(サービスパック未対応)になりました。
 CD-ROMからインストール→Office 2003 SP2→Windows UpateでSP2以降のパッチをインストールと、Windows同様面倒くさいな。しかもIMEはATOK2007から古いMS-IMEに変更されるのが本当にうざい(笑)。Office 2007形式で作成したファイルでも読めるように互換性パックもインストールしました。
 
 昨日は、秋葉原は急な雷が落ちたりする荒れた天気もあり、本当に疲れたので、食欲あまりないわ。インストールする時間などを考えて昨日はやめたのだが、今頃メイドさんのリフレ(リフレクソロジー)を受けて心身共に癒されれば良かったと激しく後悔・・・(笑)。


 
 
 
 
 
 

今日は選挙ということで

 
 今日書くべきことは、これしかありません。

 みなさん選挙に行こう

 「選挙に行かない人間が、政治を語る資格なし」となるので、私も当然行きます。

 選挙速報に関しては、寝不足が嫌なので、さっさと寝る予定です。
(補足 2007/07/30)結局だらだらと起きてしましました(笑)。

明日ゆっくりと結果を見ることにします。


 
 
 
 
 
 

優秀なサブカルチャー本

 
 これも日曜日に買った本なので、便乗して書いてみます。そのタイトルは、永瀬唯・植木不等式・志水一夫・本郷ゆき緒・皆神龍太郎『と学会リポート ギボギボ90分』楽工社、2006です(笑)。書名のギボとは、霊能力者として有名だった故宜保愛子のことで、宜保氏の霊視を検証し、霊能力に関して懐疑的な主張をするものです。
 (注)予備知識のない人のために書いておきますが、書名にもある「と学会」という名称ですが、大学教員などの研究者が集まって研究するような「学会」ではありませんので念のため。

 このような本だと、宜保氏の人格まで攻撃して否定していると考えがちですが、著者たちは、インターネットの普及していない時代に宜保氏が行ったと考えられる下調べ、ホット・リーディング(下に宜保氏の記事有り。元ネタを書いたのはギボギボの著者の一人である皆神氏)やコールド・りーディングを駆使したテックニックなどを賞賛し、今有名な霊能力者や占い師よりはるかに上だと評しています。

 霊能力に関しての私の立場は「分からない」というものです。私には霊能力なるものがありませんが、自分にないからといって否定するのは非論理的な拡大解釈です。また科学的に検証して「ない」と断言できるような能力もありません。

 私のようにオカルトを余り知らない人でも楽しむ十分楽しめる一冊です。ただ霊能力を真剣に信じている人が読むには辛いかも・・・。


 
 
 
 
 
 

著者のクールさに感心する

 
 日本最大の匿名掲示板である「2ちゃんねる」管理人である「ひろゆき」こと西村博之の著作です。『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか』という本の名前からして、著者が読者から何を求められているかを理解しています。

 内容は極めてクールな内容です。第2章「ITのウソ」では「Web2.0は明確な定義ないので言った者勝ち」「グーグズの素晴らしいのは検索技術ではなく、営業力と企画力とサーバーメンテナンス」、など遠慮がありません。第3章のタイトルは「明るい未来の誤解を解く」なと冷めた主張に終始します。ジャーナリストの佐々木俊尚氏には「西村さんの言っていることは、身も蓋もなさすぎてついてけない」(P118)と言われる始末です。

 私はこういった醒めた人間、自分に正直な人物は大好きです。損害賠償さえ払ってくれればもっと彼の評価は上がるだろが、以前に書いたように4億円といわれる金額を支払うのはやっぱり無理でしょうね。


 
 
 
 
 
 

ソフト買って損したらと思ったら・・・

 
 グラフィックカード Radeon HD X2600 PROを購入した大きな理由は、次世代DVD(HD DVD、Blu-ray Disk)の動画再生時のCPU負荷を大きく軽減するUVD(動画再生支援機能)を搭載しているからです。
 UVDをフルに使用するには、HD DVDやBlu-ray Diskが再生できるドライブ(高すぎて手が出ません(笑))、X2600やX2400など対応するGPU、DVD HD DVDやBlu-ray DiskDVD再生ソフトが必要になると思います(無責任)。
 UVDを少しでも使える環境を見てみたいとことで、HD DVDやBlu-ray Diskも再生可能なUVD対応DVD再生ソフトを先日購入しました。今のCPUでは余裕で再生できるので、DVD再生しても正直言ってあまり軽くなった印象無し(笑)。効果は実感できませんでしたが、一度はやってみないと納得できないということで。

 と思ったら、昨日以前から使っていた前のバージョンにパッチが公開され説明にUVD対応の文字が・・・、「損した」がっかりしましたが、サブマシンに入れてみると上手く動きませんでした。国内版のソフトにインターナショナル版のパッチをインストールしたので当然なんですが。上手くいかなくても「やっぱり高い金出して購入して損しなかった」と、なぜかうれしいのです(笑)。


 
 
 
 
 
 

根性のある中級者には推薦できる本

 
 昨日の続きとしてふさわしい内容だと思うので書いてみます。
 多少昔の話ですが、三輪芳朗+J.マーク・ラムザイヤー『経済学の使い方』日本評論社を読み終えました。このブログでもドラッカー批評の時に著者の文体をマネさせていただきましたが、本家の粘着性はこんなものではありません(笑)。
 副題に「実証的日本経済論入門」とありますが、私には到底思えないのです。
 第1の理由は「機振法にもとづく開銀融資がなぜ有効であり得るか?」(P74)というタイトルですが、経済政策の歴史を知らない初学者には「???」という反応しかないでしょう。しかも内容は政策評価ばかりで、「機振法とは何か」政策手段としての開銀融資とは何か」という説明が全然無い・・・・。
 第2の理由は本書P115で引用される書評(リンク先P1)だけで十分だろう。

 研究者でもない一般の読者にとって、この本の執筆スタイルは、やたらに細かくて、躊躇で、些細なことにこだわって、なんか三輪・ラムザイヤーって性格悪そう、とういう印象を与えるに違いない。こうした読者に対して、経済学はこのように考え、議論しないといけないんだ、性格が悪いわけではないんだ、ということをあらかじめ教育しているのが、この章である。

 今まで批判めいたことを書いたが、全体としては著者の主張や研究に関する情熱や内容は概説書ではトップレベルだと思う。

 本書の目的は、日本経済に関する「通念」の誤りを指摘するわれわれの研究論文の内容を紹介しつつ、「きちんと考えて、証拠に照らして確認すること」の重要性を指摘し、同時に、日本経済を再発見する作業を読者が始めることである。そのためには、ます、眼前の障害である「『社会科』の基本は暗記だ」という認識は捨てていただけなければならない。
(中略)
 「社会科」の基本は記憶ではない。経済学の基本も記憶ではない。いくつかの経済モデルや基本的な経済系列に関するデータを記憶することが有用であるとしても、それ自体が目的・目標ではない。(P21)

 この文章に文句のつけようがありません。

 お金を払って読みにくい本を買うかどうか悩む人は、三輪先生のHP過去の著作の一部がPDFファイルが置いてあります。興味があればそれを読んでみてください。


 
 
 
 
 
 

きちんと調査するのは結構ですが・・・。

 
 全大学教員対象、海外から授与された「ニセ学位」実態調査(読売新聞)からのネタです。

 教育活動の実態がないにもかかわらず、大学として博士号などのニセの学位を授与する海外の団体が増えているとして、文部科学省は、ニセの学位を持つ大学教員の実態調査に乗り出した。

 と記事にありますが「博士号は教育活動ではなく過去の研究実績でしょう」と言ってみます。日本の文系では、博士号を持って無くても教授になれる(現通信教育部部長は博士号持っておられないよう)ので、調査したところでどの程度影響があるかは疑問です。もともと同じ分野の先生なら、まともな大学か「ディグリーミル(学位工場)は区別できるはずだし、明るみになっても該当する教員をそれだけでクビにするのは簡単ではないでしょう。

 少なくても経済学に関しては、国内(ミルではない)海外を問わず博士号(Ph.D)を持っていても、あくまで過去の実績であり現在も経済学者といえる見識を持っているとは限りません。当ブログで批判した人を挙げると、中谷巌多摩大学学長(ハーバード大Ph.D:記事1記事2)、野口悠紀雄早稲田大学教授(エール大Ph.D:記事)なんかがそうですね。

 「そんな経済に詳しいはずの人がトンデモないことを言っているなら何を信じたらいいって?」騙されないために経済学や経済を学ぶのです。


 
 
 
 
 
 

昨日もメイドさんに癒されてきました

 
 メインPC関係も一段落したので、ストレス解消に神保町・秋葉原に行ってきました。
 最初に時間が早かったので久しぶりに神田神保町を歩き回りました。三省堂神田本店3階(経済・経営・法律書等)は本の配置が変更されており、戸惑いました。本の詳しい位置を理解するには時間がかかりそうです。昨日は、東京学習センター開催日なので目の前まで行きましたが、部外者はやはり入りずらい・・・。近大通信の科目終末試験(公式HPで確認すると近大ではこう呼ぶらしい)ではも実施されていたので人は1階ホールに人がいたのは確認しました。

 そして今回の目的である秋葉原へ。
 昼食は今までで一番落ち着けたメイド喫茶でしたが、落ち着いた雰囲気とメイドさんの接待も良く、紅茶はおいしかったのですが料理は並でした。まあ喫茶店ですから飲み物で勝負できるだけでも評価します。秋葉原で落ち着いた場所がないので、こういった店は頑張って欲しいのです。また来てみたいメイド喫茶です。
 しかし天気が悪いとはいえ昼12時なのに空席があると「その店は喫茶だけではありませんが、経営大丈夫か」と余計な心配してしまします。メイドさんとして働いている方のブログを見ると「どの店でも16時~17時が一番混む」ようです。
 先週の夜仕事が続き体が疲れたので、またメイドさんによるリフレ(リフレクソロジー)をしてもらいました。これで心身共に癒されました。年甲斐もなくメイドさんに癒してもらう行為に関して、自分でも「痛い人間」のは良く分かっていますが、自分の欲望に従い飽きるまで続けていきたいと思います(目つきなどは多少怪しいかも知れません(笑)が、メイドさんや店に対して失礼なことをしないのでご安心ください)。

 と言う訳で、今日もなんとか仕事頑張ってます。


 
 
 
 
 
 

3DMarkの動かし方がようやく分かるが・・・

 
Radeon HD X2600 PROで3DMark06を起動させる方法がようやく分かりました。忘れないうちに書いておきます。ちなみに使用しているOSはXP PRO SP2です。
(1)3DMark06を通常通りインストール
(2)DOSプロンストで以下のコマンドを入力  
 cd ¥
 cd program files¥futuremark¥3dmark06
 3dmark06 -nosysteminfo

(注)3Dmark05の場合は06を05に読み替えてください。

(補足 2007/09/18)
 2ちゃんねるを見て知ったのですが、
 (1)3Dmark06を通常インストール
 (2)3Dmark06のアイコンを右クリックしてプロパティを選択。
 (3)リンク先の最後に「-nosysteminfo」を加えてOKボタンを押す。
 上の面倒くさいことをしなくても、これで3Dmark06起動しますね(爆)。


 これでシステム情報がすべて「N/A」となって起動しました。無事テストが終了しましたが、BASIC版ではインターネットを経由しないとスコアが分かりませんが、システム情報が不明なのでそれができません・・・。そのまま見られませんが仕方なく3drファイルでスコアを保存しました。
 困って3drファイルで検索すると次のようなことが書いてあった。 記事に従い、3drの拡張子をZIPに変更して解凍。XMLファイルをIEで開いて調べてみると「3159」がスコアっぽい(HTMLの知識皆無なので、自信全然無し)。ほぼ同条件で実施した1650PROのスコアが「2492」だからこんなもんだろう。同じ会社のミドルレンジのGPUだしXPだからDirectX10独自のプログラムがあってもどうせ実施できません(DirectX10はVistaのみ搭載)。違いはBlu-rayやHD DVD再生時の動画再生支援機能(まだ持ってないけど)で買ったんだから 損したとは思っていませんが。でも、あ~疲れた。
 ちなみに同様に実施した3Dmark05の結果は「6476」みたいです。

(追記 2007/10/18)
 公式の修正プログラムが出ましたので、3DMark本体をインストール後、修正プログラムを入れれば動きます
公式)。


 
 
 
 
 
 

週末は体内時計狂いまくり

 
 今週水曜夜に毎月恒例の徹夜があったのですが、珍しく木曜日の午前中に爆睡してしまったため、体内時計が狂いまくりで今も調子が悪いです。爆睡の原因は、太陽と共に起きる体質みたいです。6月以降昼間が長いので、意味無く5時あたりに起きてしまいます。自分の体ながら、どうにかして欲しいです。
 日曜日にまた秋葉原でメイドさんに心身(心の方が大きいですが)共に癒されたいと、思っている週末でした。

(追記)2007/07/21
 念のために書いておきますが、メイドさんに癒されるといっても喫茶店に行ったり、足をマッサージしてもらう程度で決して風俗とかではありません。一応、日大通信校友会にリンクして頂いているので、そのくらいの分別はあるつもりです。
 昨日に続いて今日も緊急による夜仕事決定・・・。orz
明日は絶対メイドさんに癒されてきます。「たまには真面目に神保町で経済本探してもしなければ」と考えている今日この頃です。


 
 
 
 
 
 

Windows再インストールが裏目に

 
 しつこいようですが、今日もPCネタです。

 Radeon HD X2600 PROが3DMark06と05で起動しない点で、Windows再インストールをしましたが、完全に裏目に出ました。スパイウェア対策ソフトWindows Defenderが更新できません・・・・。仕方なくRadeon HD X2600 PRO取付前の状態に復元して、ドライバー等をインストールし直しました。また面倒なことにならないよう忘れずにHDD内にバックアップを取りました。明日の晩にでもDVD-Rにもバックアップを取る予定です。
 
 某社製Radeon HD X2600 PROには本当に苦労させられます(苦笑)。GPUクーラー等冷却部分は、一世代前のRadeon HD X1650 PROよりも小さい(発熱が少ない?)のでそのへんは評価してます。
 昨日はグラフックドライバーCatalyst7.7の正式版公開、Thunderbird 2.0.0.5の更新(こちらもIE経由の脆弱性が修正されており、何も知らない私はびっくり)、Kingsoft Office 2007のアップデートなどいろいろありました。なんで最近こんなにソフトの更新多いでしょうか?


 
 
 
 
 
 

Firefox2.0.0.5公開などいろいろ

 
 以前にも書きましたが、脆弱性を修正したFirefox2.0.0.5が正式に公開されました。詳しい内容はこちらに書いてあります。10日にFirefoxからIE経由する脆弱性が報告されたばかりなので、結構早い対応でしたので評価できます。IE経由する脆弱性だけでなく、これを見ると他の修正もされていたのですね。全然知りませんでした。

 前に書いた今週購入した某社製のRadeon HD X2600PROが3DMark06と05で起動しない点ですが、いろいろ調べるとハードウェアの取得に失敗して動かなくなってしまうという情報もあります。以前使っていたX1650PRO(1世代前)では何の問題もなく動作しますので、純粋にグラフックカードの問題のようです。非公式のCatalyst7.7でも無理でした。いずれにしろ私の実力ではどうにもならないと悟りました。修正されるまでじっくりと待ってみます。


 
 
 
 
 
 

村上被告1審有罪判決

 
 村上ファンド元代表・村上世彰被告の東京地裁実刑判決が出たが、判決自体は特に異議なし。村上被告ならびに弁護士の先生方高裁の裁判頑張ってください。
 インサイダー事件にならなくても「株を買い占めて経営者に主張するなどして株価を上げて売り抜ける」という村上ファンドのビジネスモデル?は阪神買い占めの時に限界だったと思う。阪急がTOBかけなかったら、村上ファンドは莫大な株式どうやって売り抜けていたのだろうか。売れないで大幅な収益性アップを望めない阪神株を持ち続けていたらファンド破産の可能性もあったのではないかと考えている。
 ブルドックの企業買収防止策を、米系投資ファンドのスティール・パートナーズ・ジャパンに対して発動することを他の株主そして最高裁(8月7日)で認めたように「買収による株価上昇→売り抜けで利益を得る」というビジネスがいつまでも通用することはない(といってもスティールはブルドックから経済的補償しっかり受けっているけど)。
 不合理なことが多い世の中だが、「社会はそんな甘いものじゃない」だと信じたい。


 
 
 
 
 
 

先週の週刊誌ネタを書くのは恥ずかしいのですが・・・

 
 昨日田中先生のブログを見ていたら、今週の「SPA!」に「秋葉原萌え経済」に関してのインタビューが載っている(笑)。こんな取材を受けるなんて田中先生も面白い人だ。

 書きたいの今週号の話でなくて、先週号の話です。台風ネタとかPCネタとかいろいろ書いていたら、次回(今週)号が出てしまいました(笑)。
 先週のSPA!を買った理由は「派遣以下正社員サラリーマンの悲劇」という記事です。記事の概要は、サービス残業などが多いので時給換算にすると派遣社員以下のことも多い。派遣社員よりも仕事が出来ず頭の上がらない新入社員。正社員は有休を取りづらい雰囲気があるが、派遣社員は自由に取れるという待遇の差など・・・・。
 うちの会社には派遣社員はいないので、こういった実態を知るにはいい機会になったと思います。私みたいに仕事のできない人間にはできる派遣社員など正直来て貰いたくないです。
このブログをよく読んでいらっしゃる方(いるか?)なら分かると思いますが、何事も契約通りに行く会社じゃないので、大丈夫だと思います(笑)。 


 
 
 
 
 
 

グラフックカードの導入でいろいろ苦労する

 
 昨日の記事の続きです。
 16日(海の日)にRadeon HD X2600 PROを購入した。前のGeForce 8600GTと外見で比較すると、2600の方がGPUクーラーが小型ですね。カード自体の取付は難なく終了。グラフックカード付属CDを使っても最新ドライバー(Catalyst7.6)をインストールしても、不明なドライバーが登場してインストールができません。途方に暮れて2ちゃんねるのRadeon HD 2XXXシリーズのスレッドを見てみると、同様の質問がありドライバーがリンクしてありました。それは、 HDMIオーディオドライバーでした(そのドライバーがGPUに内蔵されているのはは知っていたが、その時はすっかり忘れていた)。しかも公式HPでATI Radeon HD 2900シリーズとしか書いてません(怒)。これじゃ分からないよ。
 インストールすればDVDの音が聞こえなくなったので、速攻でHDMIオーディオドライバー無効して音出るようにしました。
 というドタバタがありましたが無事インストール終了しました。あ~疲れた(笑)。
 3D性能テストしようとしたら、3DMark06・05とも何故か動かない。なんでだ?


 
 
 
 
 
 

海の日は世間も私もいろいろありました

 
 一昨日一日中家に居たので、午前中晴天だったので早速神保町や秋葉原に出発。電車内で全然気づかなかったのですが、新潟中越沖地震が襲っていたのですね。地震直後から日本中は大慌てですが、帰宅するまでそんなことは全然知りません。
 秋葉原に到着してしばらくすると、お得意先から電話がありました。「緊急だが、祭日で人の手配がつかないので手伝ってくれ」という内容でした。断り切れず、目的を果たせないまま千葉に逆戻り・・・。orz
 緊急の内容はたいしたことはなかったのですが、遅い昼を食べたりして、リベンジのため秋葉原に戻った時は夕方になっていました(笑)。せっかく秋葉原に来たんだからただ見るだけでは悔しいと、かねてから購入を検討していたRadeon HD X2600 PROを購入してしまいました。同レベルのカードを買ったばかりなので、VRAM同じ256MBでは芸がないので512MBの方を買いました。
 夕食はメイド喫茶でメイドさんのオムライスの落書きを初体験(当初は昼の予定です)。馬鹿馬鹿しいと私も思いますが、何事も経験ということで(笑)。オムライスが小さかったのですが、昼の遅かった私には少し多い量でした。最初はメイド喫茶にいること自体すごく緊張しましたが、すぐ慣れるもんですね。いつまでメイド喫茶来店を続けるか分からないです。
 Radeon HD X2600 PROの取付・インストールで予想外にてこずりましたが、話が長くなるので明日書くことにします。


 
 
 
 
 
 

台風通過を待った1日

 
 台風の影響で東海道新幹線などが不通になりましたが、我が家近辺は多少の風とかなりの大雨だけを残し太平洋に去っていきました。わざわざ参議院選挙の選挙ポスター掲示板を外した方々は無駄な努力になったようですが、ご苦労様でした。と言っても元に戻す作業が残っていますね。
 昨日は台風の通過待ちで一日中家にいて部屋の掃除やら、なかなか読めなかった本を片付けたことなどそれなりに充実した1日を過ごしました(と考えないとやってられない)。
 どうせ台風通過が避けられないなら影響の少ない日曜日で本当に良かったと思います。どうせなら水不足解消のためにもっと雨が降ればと思いましたが、それは期待外れのようです。 

 あと昨日書いたFirefox2.0.0.5RC2のWindows日本語版が公開されたので早速インストールしました。やはり慣れた日本語表示のFirefoxはいいですね。正式版が公開されるまで情報収集しなければいけませんが。


 
 
 
 
 
 

なんだかんだでソフト更新

 
 先週は、いろいろな理由でソフトの更新をしました。

 マイクロソフト社今月の修正パッチ
 Flash Playerの脆弱性の修正(9.0.47.0)IE用又はFirefox用
 Javaの脆弱性の修正
 上記のリンク先を見て該当しそうなら、セキュリティ確保のため是非更新してください。
  
 格安だったので筆まめ17(Vista対応 主に郵便番号辞書を使用)のダウンロード版の購入。
 ついでに体験版の有効切れ目前だったため、Kingsoft Office 2007のシリアルナンバーを購入(Open Office.orgは無料だが、MS-Officeの互換性はKingsoftの方が上なので)購入しました。
 Firefox2.0.0.4でIE経由の脆弱性が存在するというので、対応しているというFirefox2.0.0.5RC2(英語版)を導入しました。当然英語表示ですが、Firefoxに慣れた私には何の問題もなし。ただ正式版でないのと、英語版なので一部のHPで文字化けするのであまりおすすめはできません。
 一刻も早い日本語版2.0.0.5の公開を待っています。
 朝起きたら2.0.05 RC2 LinuxとMacの各国版が公開されていました。Windows各国版はまだかな?


 
 
 
 
 
 

こんな時に上京しなくても・・・・。

 
 今日の午前中、弘前から姉一家が上京して都会の空気を満喫するらしい。ホテルに泊まる予定らしいが、自宅に寄れたら寄りたいと連絡があったようだ。上京する自体は文句をつけるつもりはないが、何も明日台風が関東に接近しそうという日に来なくても・・・。新幹線の切符買ったり、ホテル予約したからキャンセル料払いたくないという理由かもしれんが。

(追記)2007/07/14 20:50 
 結局午後「所用で間に合わないから自宅には行けない」という連絡がありました。もともと計画性がない一家なんで、ドタキャンされても何とも思いません(笑)。子供もまだ小さいんだから、あまり長距離移動するのはやめといたほうがいいんだよ。全く。


 
 
 
 
 
 

参議院選挙始まる

 
 いよいよ昨日から参議院選挙が始まった。過去の千葉県選挙区は自民・民主各1名で全然面白くなかったが、今回から議席が1つ増えることにより、8人が出馬。自民と民主それぞれ2人出馬するなど面白い選挙になりそうだ。でも自民や民主の候補に投票する場合はどっちの候補にしていいか悩むな。
 安倍自民党総裁が千葉市を訪問するなど全国的にも注目されている選挙区らしい(記事 千葉日報)。
 選挙に是非行きたいが、最大の問題は比例代表(誰の名前を書く又は政党名を書くか)を含め一体誰に投票するかだ。選挙当日までじっくり悩みたいと思う。


 
 
 
 
 
 

ドラッカーを学者と認めない理由

 
 昨日の記事の続きです。私がドラッカーを学者として認めていないのは「典型的なダメな論議」に終始しているからです。
 私が最初にドラッカーの著作を読んだのは『ポスト資本主義社会』(1993)です。この本最大の問題は「ポスト資本主義」が何かを明確に定義できず論争すらできない」ことにある。三輪(東大教授)・J.マーク ラムザイヤー(ハーバード大学)の著作をまねしてポスト資本主義社会に関する疑問を列挙してみよう。
(1)ポスト資本主義社会においては「知識が重要である」とあるとあるが、その知識の具体的定義が見あたず、ドラッカーの言う知識に関して議論すること自体不可能である。

(2)重視される知識は時代によって変化する。『ポスト資本主義社会』出版時にはインターネットは一般に公開されておらず、ビジネスの知識として全く役に立たなかった。時代を超えての知識の比較をすることは不可能と考えられる。従って資本主義社会とポスト資本主義社会をどの時点で区別することなど無理である。

(3)ポスト資本主義社会が「知識が重要である」というなら「旧来の資本主義が知識を軽視している」と言い換えられる。もし旧来の資本主義が知識を軽視しているならば、なぜ20世紀に限定してもこれほどの技術革命が可能であったのか。

(4)知識の具体的定義があると仮定して、ポスト資本主義社会では、知識が資本や労働よりも重要であるとされる。どのような手段で知識と資本や労働を比較できるのだろうか。比較が可能だったら、なぜ会計学などで知識を貨幣的評価をしなかったのだろうか。


 これらの私の質問に熱心なドラッカー信者でも解答することはおそらく不可能だろう。(1)に関しては、一般的な定義がない場合自分なりに「知識」を具体的に定義しその内容を世に問うというのが、学者としての正当な手続きだろう。これらの手続きを行なわず曖昧な概念のまま主張をするドラッカーを学者として認めることは私にはできない。そもそもドラッカーが本当に優秀な学者ならば、(1)~(4)ような素朴な疑問に関して先回りして著作ですでに答えているはずである。

 学者としては問題外である。しかしドラッカー死去の時に書いた「私も、90歳をこえての執筆活動(享年95)を行う彼の生き方は見習いたい」という気持ちはいまだに変わっていない。ドラッカーの著作は、本の内容を疑って読まず、もっとらしい内容によってビジネスマンを引きつけ続けるのだろう。所詮は多勢に無勢。私が何を言おうがね(笑)。


 
 
 
 
 
 

日経新聞「やさしい経済学」の著者に驚く

 
 昨日日経新聞を見ると「やさしい経済学-名著と現代」というコーナーで伊藤邦雄一橋大学教授が執筆しているではないか。しかも紹介する名著がドラッカー『断絶の時代』です(笑)。日大通信会計学のスクーリングで村井教授が伊藤先生の『ゼミナール会計入門』を参考文献として紹介(注:2kyo.netでも以前書きました(百式@経済卒と書いたレスが私が書いたものです)が、あれは入門書ではありません)しているように、伊藤先生は本来会計学が専門です。と言っても近年は会計の分野から見た経営学という視点で研究されているようで、日経新聞では「専門は企業価値経営論」と紹介されています。新聞社の経営としては、ビジネスマンに人気のあるドラッカーの本について書いてもらうのは当然なのですが、伊藤先生だったので非常に驚きました。
 昨日の伊藤先生の書いた内容も評価できない。伊藤先生は「ドラッカーの特徴は、一体性」ないし「統一性」にある」と書いている。しかし学者が専門ごとに別れているのは、人間は特定の分野を研究するのに手一杯(脳の処理能力の問題やとてつもない論文を読むなどの時間的制約など)だから、下手にいろいろな分野に手を広げると結局何も大成しないという結果に終わる。私はドラッカーはその典型だと思うし、そもそも私はドラッカーを社会思想家としか評価できず「学者としてみなしていない」。

 これだけだと何を言っているか良く分からないと思うので、詳しいこと明日の記事で書きます。


 
 
 
 
 
 

新人さんが来てくれたのでとりあえず期待する

 
 一昨日書いた新人さんだが、昨日来てくれて一緒に仕事をしてみた。実際仕事してみて素直そうでいいのだが、くせ者のベテランに対応できるかとかなり心配です。
 昨日の仕事は難しくはなかったのですが(それでも慣れないので本人は大変だっただろう)、これから我が社の仕事の難しさ・辛さを実感するでしょう。ちなみに昨日は、今日の約束の筈が「先方の都合が良くなった」という理由で急に呼び出されて仕事させられる(ちなみに新人さんは急な仕事は免除でした)ような会社です。
 続いて貰えば間違いなく仕事が楽になるが、後輩の配慮(いないから慣れないんだなこれが(笑))などしばらくはいろいろ気を遣うことになりそうです。


 
 
 
 
 
 

昨日も秋葉原で癒されてきました

 
 昨日はこの記事でRadeon HD X2600 PROのグラフックカードが販売されたと知り、秋葉原に行ってきました。現在のGeForce 8600 GTはどうもDVD再生の色合いが気に入らないのです。某店で「ATI(AMD社)のRadeon HD X2600 PROの性能はNVIDIA社GeForceと8500GeForce 8600の間です」という広告がありましたので、駄目じゃんということで諦めました。
(追記)2007/07/10
 Radeon HD X2600とGeForce 8600の比較記事はこちら。比較されているのは先程書いた両者の上位モデル(Radeon HD X2600XTとGeForce 8600GTS)です。
(追記)2007/07/15
 この記事によれば、Radeon HD X2600 /2400シリーズは結構売れているようです。ATIGPUのファンが多いのか、新動画再生支援機能が支持されているかは分かりませんが。

 Viataを導入するまで以前使っていた一世代前のモデルRadeon 1650 PROに戻すことも検討しています。

 昨日は話のタネ(このブログだけですが(笑))メイド喫茶で昼食をとりました。私には先週のような濃い店よりも、メイド姿で普通の喫茶店のような店の方が気楽に入れます。お嬢様(女性客)も多かったです。でもその店は「ご主人様(男性客)・お嬢様おかえりなさいませ」(いらっしゃいませの意味)と呼ばれませんので、不満な方もいるかも。
 さらに夕方先週とは別な店でメイドさんに足をマッサージしてもらいました。心身ともリフレッシュできましが、当初の目的(PCハーツ探し)はどうなってしまったのやら。

 このブログ日大通信校友会でリンクされています。こんな内容ばかり校友会さんHPにリンクのお願いをしなかったのです。せっかくにリンクさせて頂いたので、承諾のコメントは書きましたが、こんなブログで本当にいいんしょうか?


 
 
 
 
 
 

七夕なのでお願いしてみました

 
 昨日は七夕なので、天にお願いをしてきました。

 明日うちの会社に面接した人が、無事、働き続けて私が楽になりますように・・・。仕事が楽になれば日大通信に再編入できるかも。

 って、リアルすぎますね(笑)。昨日午前3時帰宅でも仕事が間に合わなくて結局午後から出社でした。こう思うのも仕方がありません。


 
 
 
 
 
 

また農水大臣が事務所経費問題ですか

 
 一応記事リンクしておきますが、「またですか」という他に私は言うことないよ。そしていつものように野党からの任命責任をかわすために閣僚をかばう安倍総理、正直もう飽きたよ。無論、すべての元凶は身辺調査せずに任命する総理自身にある。

 こういう与野党の泥試合によって年金問題やら重要な問題は放置されていくのです・・・。orz


 
 
 
 
 
 

一昨日・昨日と重労働でした

 
 昨年11月にもやった仕事だが、一昨日と昨日と重労働してきました。場所は遠い(車で片道4時間ほど)し、社長やお客さんの話し合いの結果、「3日連続では体がもたない」「屋外だから暑い8月の実施は避けよう」と合意しました。といってもまだ約4日分残ってたりしてます・・・。orz
 それにこんな疲れた日になんでの夜に仕事入れるんだ(怒)。こ日記が公開されている時点で仕事中のはずです。多分(初めての内容なので終了時間が分かりません・・・)。

 えっ「日曜にでもまたメイドさんにマッサージしてもらうのかって」予想通り恥ずかしいかったのは確かですが、あの独自の雰囲気は中毒になりそうです(笑)。迷うとこですね。

(追記)2007/07/07 9:55
 昨夜の仕事としては楽でしたが、体内時計が狂うので夜の仕事はやはり嫌いです。 


 
 
 
 
 
 

継続入学のお誘いはうれしいのだが・・・

 
 少し話になるが、今週はじめ放送大学から、「継続用関連入学書類」が郵送されてきた。このようなお誘い(というより商売)は非常に嬉しいが、以前書いたように私には放送大学の学習スタイルは全然合わないので、今後履修するつもりはない。
 現状では仕事の都合もあり、社会人学生の復帰はない予定です。


 
 
 
 
 
 

LEC大学勧告問題のその後

 
 文部科学省からの改善勧告から半月ほど経過しましたが、来年度にむけていろいろ動きがあるようです。

 最初は、LEC大のキャンパス縮小についてです。読売新聞がこの事を報じてLEC側もキャンパス縮小を公式に認めました。それでも昨日読売新聞の記事にあるように、撤退するキャンパスの学生が不安の声があがったり、認可した自治体に対する苦情等対応に苦慮しているようです。
 千葉キャンパスも協議中ということですが、そもそも水道橋から近いのになぜ千葉キャンパスをわざわざ作ったのか私には理解できなかったのであります(どんど晴れのナレーション風(笑))。
 次は大学名称変更が検討されています(応募してみたいが部外者はNG。それ以前にネーミングの才能ないけど(笑))。
大学改善勧告が出された以上、いくら改善しても(どれだけ改善されたかは部外者には分からない)残るので、これ以上マイナスイメージを避けたいという本音でしょう。しかし法人の名称と関係ない大学の名称変更は、ネタ切れ気味で結構難しいと思われます。しかも学部名(総合キャリア)と調和するような名前になると・・・。

 LEC側はいろいろ頑張っていますが、新入生減少で赤字がふくらむばかりですし、私はもう募集停止にした方がいいでしょうが、以前に記事をリンクしたように学長(社長)の決断がないと中小企業は動けないんだよね。

(追記)2007/07/06
 毎日新聞の記事によると、昨年の入学者数が378人、今年は139人だそうだ。改善勧告の後にこの入学者数とは非常に驚いた(記事にも半減したと書かれているが、私はもっと少ないと思っていた)。学生はその父兄は改善勧告のことや驚くべき勧告の内容を全然知らないんだろうね。多分。


 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2007/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー