FC2ブログ
 
 
 
 
 

友野典男『行動経済学』を読み終える

 
 実験などの抽象的な内容が多いせいで、ようやく友野典男『行動経済学』を読み終えた。経済学の主流である効用価値説(マルクス経済学では労働価値説)を批判するのはたやすいが、それら超えようとする研究が着実にされていることを評価する。確かに経済は感情で動いている側面が私の予想以上に多いなと感じた。
 私は「理論的な経済学よりも、経済政策のような実践的な経済学が好きなんだな」と改めて思ったのであった。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー