FC2ブログ
 
 
 
 
 

進化していく経済学・変化しない日銀

 
 昨日の日経新聞「経済教室」欄に平田英明 法政大学准教授の「「フォワードルッキング」な経済政策 期待織り込む分析不可欠」を読んだら勉強になりました。フォワードルッキングとは「先読み的」という意味だが、家計や企業の先行きの予想を織り込んだモデル分析が可能になれば経済政策に非常に役に立つと思われる。経済学者には、この先行き不透明な社会を出来る限り回避するために是非とも頑張って欲しい。
 経済学者出身でない日銀首脳は経済学の進歩には、ほとんど興味がないんだろうな。大学教員は少なくても教授になるまでは研究実績を積まなければならないが、日銀首脳は中央銀行の独立性により誰にも責任が問われないのだから、進歩する必要がない。世間はこのような組織をいつまで放置するのだろうか?


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2007/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー