FC2ブログ
 
 
 
 
 

目標に値しない目標

 
 不祥事に悩み続ける安倍政権だが、政府税調会長辞任で迷走している「減税による成長化戦略」と並ぶ経済政策と私が勝手に考えている「再チャレンジ支援総合プラン」がまとまった(本文)。
 本文を読んでみると、大きく2つの点が疑問だ。
 第1点は、重点課題として「長期的デフレによる就職難、経済的困窮等からの再チャレンジ」が書かれている。実施しようとしている政策自体は悪くない。就職難・経済的困窮の原因が長期的デフレと認めるならば、デフレを止めることを最優先すべきという論理になる。しかし、どうやってデフレを止めるかという話は本文には出てこない(笑)。まあ、日銀の独立性が保障されており、日銀幹部は言うこと聞かないので、政府はどうにもならないという言い訳なら私も理解はできます(苦笑)。
 さらに問題は、政策の目標です。具体的数値がなければ、その政策が成功したかどうか判断できないので、数字目標は必ず入れるべきです。しかしどう考えても実現不能な数字目標を設定しても意味がありません。再チャレンジ支援総合プランの一次目標の具体例(達成できなくてもあくまでも「例だ」と逃げるのはバレバレ(笑))にはこう書いてあります。

 1 2010年までにフリーターをピーク時(2003年)の8割に減少させる。
 2 2015年までに女性の労働者人口を2005年比で25万人増とする。
 3 2010年度までの5年間でハローワークにおいて22万人の障害者の就職   を実施する。
 4 2015年に60歳以上の労働力人口を2005年比で160万人増とする。


 これらの例が達成できると本気で信じている人はどれだけいるのしょうか?これだけの内容を達成できるほどの経済成長が達成できれば、財政問題など問題は自然に解決してしまうでしょう。少なくても実務を担当する官僚は「無理だ」と信じていないでしょうし、官邸から押しつけられた政策ですから失敗しても省内から誰も責任は問われませし、問われた例も聞いたことがない。
 安倍政権も小泉前政権が行った幻想の「530万人雇用計画」みたいなことを継承する必要は全然ないと思うのですが・・・。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2006/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー