FC2ブログ
 
 
 
 
 

今年のドラマを振り返ると

 
 私は今年前半のドラマを記憶しているほど別に熱心なドラマ視聴者じゃないけど、「のだめカンタービレ」が一昨日終わった(昨日書く予定だったが、テレビが調子が悪いのを優先して書いてしまった)ので、書いてみました。
 のだめは、ギャグの部分と真面目な部分がうまく混ざった脚本と上野はじめ主要キャストの笑える演技で飽きることなく拝見させて頂きました。ただタイトルからすると上野主演は仕方がないんだけど、このドラマは上野主演じゃなくて上野と玉木のW主演(最後は完全に玉木が主役)といったほうが適切ではないのでしょうか?「のだめ本人だろ?」と思わせる上野の変人演技が見られる機会は今後なさそうなので、DVDが販売されたら購入を検討したいと思います。
 面白いと言えば、秋の「マイ★ボス マイ★ヒーロー」も忘れられません。長瀬のお馬鹿な演技が面白かったのですね。
 でも私にとって今年一番面白かったドラマは、「がきんちょ~リターンキッズ」です。子役含めたキャストも素晴らしいですし、放送中はいきなり急展開する脚本に最後まで驚かせたものです。今DVD見ても主人公の真知(辺見えみり)が1988年から2006年に突然戻るので、全然予測できなかった(笑)。

 期待外れだったのが、習慣としてビデオ録画して見ている朝の連続テレビ小説です。前期の「純情きらり」はオーディション無しで主役に抜擢された宮あおいの演技は正直泣きの演技は下手でした。宮が下手に感じたのは、前年前期の本仮屋ユイカの泣きの演技が特に上手かったこともありますが・・・。
脚本も面白くなかった。ただ、朝ドラの放送は週1時間半(当然CM無し)で25~26週続けること考えると、面白さを持続させるのは困難だとは思いますが。
 後期(放送中)の「芋たこなんきん」もまだ3ヶ月残っているけど脚本は面白いとは思えない。しかし藤山直美のコミカルな演技は見事なのでそれを楽しみに見ているようなもんです。

 私の今年のドラマを見た感想はこんなところです。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2006/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー