FC2ブログ
 
 
 
 
 

自民党復党問題に関する駄文

 
 郵政民営化法案に反対した無所属議員の自民党復党問題が批判的に報じられている。その中で変わっているのは「どこが悪いの?郵政造反組の自民党復党」という記事だ。私も同感だ。
 堀内元政調会長が「「法案には反対したが、郵政民営化には反対していない。なんら矛盾はない」という発言が弁明と報道されている。堀内氏が過去どのような発言をしていたかは調べてないが、確かに論理的には矛盾はない。
 例えて言えば、郵政民営化は政府の4分社化だけが民営化ではない。今の郵政公社をそのまま株式会社化するのも民営化である。私のように民業圧迫(民営化した企業だからこの言葉は適切ではないが)や銀行業務等の採算性が相当疑わしいので、郵貯・簡易保険を廃止して郵便事業(小包は含まず)のみを株式会社形態で行わせるのも民営化である。私の案だと民業圧迫は確かにないが、メールが普及し郵政事業のみで利益が出るかが疑わしいので良い案ではない(笑)。
 堀内氏の発言を単なる弁明と考えてしまう人はもう少し物事を冷静に考えるべきだと思う。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2006/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー