自民党復党問題に関する駄文

 
 郵政民営化法案に反対した無所属議員の自民党復党問題が批判的に報じられている。その中で変わっているのは「どこが悪いの?郵政造反組の自民党復党」という記事だ。私も同感だ。
 堀内元政調会長が「「法案には反対したが、郵政民営化には反対していない。なんら矛盾はない」という発言が弁明と報道されている。堀内氏が過去どのような発言をしていたかは調べてないが、確かに論理的には矛盾はない。
 例えて言えば、郵政民営化は政府の4分社化だけが民営化ではない。今の郵政公社をそのまま株式会社化するのも民営化である。私のように民業圧迫(民営化した企業だからこの言葉は適切ではないが)や銀行業務等の採算性が相当疑わしいので、郵貯・簡易保険を廃止して郵便事業(小包は含まず)のみを株式会社形態で行わせるのも民営化である。私の案だと民業圧迫は確かにないが、メールが普及し郵政事業のみで利益が出るかが疑わしいので良い案ではない(笑)。
 堀内氏の発言を単なる弁明と考えてしまう人はもう少し物事を冷静に考えるべきだと思う。


スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 

インターネットだけで授業のサイバー大学認可へ

 
 インターネットだけで授業を行うサイバー大学(福岡市)が認可される方向だ(記事)。
 インターネットでの授業を行うことは、大学から遠距離な方や仕事が忙しくスクーリングに参加できない方にはありがたい話だが、「インターネットだけの授業は本当の大学教育か?」と考えるとかなり疑問だ。入学式と学位授与式に参加しない(できない)と他の学生と一切会わないで大学生活が終わってしまう。それにスクーリングに参加しないと学生気分が全くないので学習の持続が難しくなってしまうだろう。
 大学設置・学校法人審議会でも異例の11項目による留意事項(3ページ)が出されている。いかに異例かは他の設置予定大学と比較すると良く分かる。サイバー大学は、ソフトバンクが福岡の企業と共同で設立した「株式会社日本サイバー教育研究所」が運営するという。ソフトバンクは携帯電話の予想外割引のように準備不足まま事業を行ってしまう企業体質(笑)があるから心配だ。同じ株式会社大学のLEC大学のように文部科学省の改善項目に事実上従わない例もあるので、この留意事項がどれだけ守られるかも良く分からない。

 個人的には、学ぶ機会が増えることはいいことだと思うのだが、やはり国は大学を認可する以上一定の基準を守らせるべきだ。


 
 
 
 
 
 

なんでこんな詐欺的行為に引っ掛かるのか

 
 近未来通信社(すでに本社等が閉鎖、社長行方不明)に総務省の立ち入りが入ったようです(記事)。
 IP電話事業は確かに普及するのは確実なビジネスですが(最近うちの会社からもIP電話がよくかかってくるようになりました)、携帯電話の例のように有望なビジネスはすぐに価格競争が始まり、あまり儲からなくなるのがビジネスの常識です。さらにIP電話は従来の固定電話より安くしなければならないので、どう考えても近未来通信社が主張するような利益が長期間持続するはずがないのです。
 近未来通信社の本店が閉鎖された時、数千万投資した被害者?が本社に押しかけたり、民事で出資金返還で訴えらてるようです。たとえ裁判に勝っても相手が破産状態と思われるので投資した金額は1~2割かそれ以下しか戻ってこないでしょうね。それよりも裁判所に破産を申し立てて、破産管財人によって残った資産を保全することが先決だと思います。清算は資産保全の後じっくりやればいいと思います。と書いていたが、行方不明の社長以外取締役・監査役が辞任した(記事)ようで、資産保全は大丈夫そうですね(笑)。ただ、法律に詳しくないので、私の考えが正しいかは保証できません(笑)。

 私からすれば、事業に対して良く理解できない方が投資したり、再起不能になる金額を1社に投資する(分散投資でリスクを軽減するのが当たり前)など、投資に関して素人の私でも被害者?が何を考えているのか理解できません。大きな金銭欲は、冷静な判断が出来なくなるのでしょうか?私には投資する金も度胸もないので、こういった詐欺的投資話に引っ掛かることはない(はず)です。
 ネタがないと言え、今日は常識すぎて書いてても面白くないな。だったら書くなって。すいませんでした。

(追記)2006/12/01
 総務省の調査結果は想像どおりの内容です。記事を引用します。

 不透明な経営が明らかになったIP(インターネット・プロトコル)電話会社「近未来通信」(東京都中央区)で、投資家が購入した通信用サーバー2466台のうち、わずか7台しか稼働していないことが30日、総務省の調べで分かった。
 同社の2005年7月期の売上高約181億円のうち、電話利用に伴う通信料も約3億円しかなく、投資家からの資金が売上高のほぼ全額を占めていたことも判明。「投資家には通信料から配当する」と繰り返してきた同社の説明が虚偽だったことが、具体的な数字で裏付けられた。



 
 
 
 
 
 

ネタがないのでドラマの話

 
 先週の金曜日に「セーラー服と機関銃」(全7回)終わったんだが、内容も視聴率も良くなかった。女子高生がヤクザの組長になるストーリーの整合性に問題があるのは、まあ仕方がないとして(人の建物で機関銃乱射しても主人公がなぜ銃刀法違反に問われないか謎である)、「内容が薄いあの脚本なら4回でも良ったのでは」と思っている。主演の長澤まさみは「融通のきかない女子高生」というキャラクターは合っていたが、組員が殺されたり機関銃を乱射する前の絶叫などは、騒がしいとしか思えなかった。絶叫したり泣いたりする演技はまだ無理みたいです。最終回を見ると目の下がかなり黒くなっていたので、すごくお疲れだったんでしょうね。
のだめカンタービレ」の上野樹里みたいに自分を捨てた演技をしろとまでは要求しませんが・・・(笑)。

 内容が進むと視聴率も低落していって最終回は13.0%、平均で13.27%という数字では合格点とは思えません(数字は2ちゃんねるの視聴率スレッドの引用です)。今日の昼までこのネタを書かなかったのは視聴率が出ないというのが大きな理由です。

 ドラマの唯一の楽しみは「のだめカンタービレ」が今夜放送ですが、仕事でまた見られそうにありません。ビデオは録画しているのであとでしっかり鑑賞したいと思います。


 
 
 
 
 
 

契約社員らの正社員化規定を法案削除を検討

 
 昨日は日記を書く暇がありませんでした。昨日書こうかなというネタを書いてみます。
 最初に朝日新聞の記事を引用してみます。

 短期の契約を繰り返す契約社員など「有期雇用者」の正社員化について、厚生労働省が来年の通常国会に提出予定の労働契約法の素案から、正社員化を促す規定が削除されたことが24日、明らかになった。経済界が「業務の繁閑に対応するために有期雇用は不可欠」と強く反発しているため。厚労省はパート労働法の改正でパートの正社員化を打ち出すが、一方で契約やフリーターなど非正社員全体にかかわる有期雇用の問題には手をつけず、政策の整合性が問われそうだ。

 私からすれば、法案から正社員化削除は残念がら当然の話です。企業がどうしても必要な人材なら何もしなくても正社員として契約するし、正社員になるまでもない人間は契約期間を縮小するか偽装請負などの違法行為を助長させることになるからです。正社員になれない労働者の立場からしても、契約期間の短縮や職場が毎年のように変ってその仕事に対応するのは大変でしょう。結局、保護すべき契約社員等にとって得になる話とは思えません。法律ができればその通りなるというのは考えが甘いというしかないのです。

 「法案に否定的ならお前は非定期雇用労働者の問題をどう考えているか?って、「簡単に解決できる問題だったらここまで深刻にはなってません」と答えるしかないですね。残念ながら・・・。


 
 
 
 
 
 

飯田泰之『ダメな議論』ちくま新書、2006を読む

 
 本書の主旨は「「誤ったもの」「無用なもの」「有害なもの」を見抜く手法を考え、それを現実問題に応用していく。」(P9)というものです。ダメな論議か区別する5つのチェックポイントを用いて、ニート問題・財政破綻論・構造改革論などがいかにダメな論議を説明していく本です。
 その5つの5つのチェックポイントとは、

 (1)定義の誤解・失敗はないか。
 (2)無内容または反証不可能な言説。
 (3)難関な理論の不安定な結論。
 (4)単純なデーター観察で否定されないか。
 (5)比喩と例話に支えられた主張。

 (P79~80)ですが、過去の自分の文章にも該当する部分があるような気がする(笑)。これから5つのチェックポイントに注意してブログを書いていきたいと思います。


 
 
 
 
 
 

週間東洋経済買ってみました

 
 昨日、週間東洋経済を購入しました。その理由は以前このブログで書いたネタの続きといえるものが掲載されていたからです。

 最初はソフトバンクの携帯ネタです。「伸びればケータイ回線パンク、墜ちれば重くのしかかる借金」という一文を読んでもソフトバンクがいかに厳しい状況にあるかが読み取れます。予想外割引も公取委の指摘を受けてCMでも「0円広告」がなくなったり、「予想外割引が本当に安いのか」と疑問視する声も多いので、先行きは依然厳しいのだろう。

 もうひとつはLEC大学ネタです。2ちゃんねるのLEC大学スレッドを閲覧している私にはすべて知っている話ですが、経済の雑誌に載る影響が大きいと思います。この記事で資格対策講座ばかりで大学で一般的に行われる授業がされてないことが知られると、学生の就職活動はますます厳しくなるでしょう。最後に真偽は分からないが、2ちゃんねるのLEC大学スレッドで傑作なのを転載しておきます。

 LEC大学パート21~経理上の手違いで作りました
(補足)2007/1/18
 過去ログ化されたので現在は直接は見られません。



 55 名前: 名無し検定1級さん 投稿日: 2006/11/21(火) 00:17:08
 この大学の売りは簿記3級だろが!
 この大学に行けば、確実に簿記3級取れるんだぜ!
 すげーよ!!

 62 名前: 名無し検定1級さん 投稿日: 2006/11/21(火) 20:30:01
 >>55
 いえ、3人に1人は簿記3級に落ちてます。


 62さんのレスに対する反論はいまのところなし・・・。

 ブラックすぎて笑えません。日商簿記3級(日大通教で言えばメディア授業の簿記論I MAの内容)など、簿記初学者の対象ですし、大学の授業でわざわざ取得させるよう資格じゃありませんが、そんな学生しか集まらないのでしょうかね・・・。


 
 
 
 
 
 

放送大学テキストが読み進まない理由

 
 放送大のテキストの金融論がなかなか読み進められない。
 理由は2つある。1つはコンパクトな本なので「その気になったらすぐに読める」と思ってしまうことだ。すぐ読めると思うとなかなか読む機会がなくなってしまうのは分かっているのだが、意志の弱い私には結構難しい話なのです。
 もう1つは、面白い新書が出版されており、そっちの本を読むことを優先してしまうことだ。最近買った新書は、
  飯田泰之『ダメな議論』ちくま新書、2006
  門倉貴史『ワーキングプア』宝島社新書、2006
だ。新書なんで財布はあまり痛まないし、価格以上の効用は私にはあるのだが、時間が消費されるのが痛い。

 「時間がないだったらこんなブログを毎日のように更新するな」とお叱りを受けるだろうが、喫煙者のタバコのように止められないのである。

 以上の点を反省し、昨日は2章分なんとか読み終えました。


 
 
 
 
 
 

今度はDVDマルチドライブも購入

 
 日曜はお得意様に書類を届ける(と言ってもポストに入れるだけだが)ついでにDVDドライブも購入してみました。私の使っていたNEC ND-2510AではDVD-Rでは8倍速までであり、HDDのバックアップ用に書き込み速度が速いDVDドライブが欲しかったという理由と、書き込み速度競争が16倍速で落ち着いた(これ以上回転速度を上げるとメディアが壊れてしまうので限界らしい)という2つの理由で購入してみました。ドライブは、ソニーNECオプティアークのAD-7170Aです。どういう裏技を使っているか知らないが、なんとDVD-Rで18倍速の書き込みが可能です。バルク(ドライブにエアパッキンが包装されているだけ)の付属品無しですが、5千円しませんでしたから悪くはない買い物だと思います。
 購入してから下調べするとATAPIだけど「ATA66」で作動するのか(それまでのドライブはATA33で40線ケーブルを使用)そんなの店の広告には書いてないぞ(笑)。80線ケーブルの予備はあったし、取り付ける前に知って良かったです。
 DVDドライブの交換は部品交換の中で一番簡単な方なので何事もなく無事終了しました。でもよく考えてみたら16倍速対応のメディアがないし、8倍速のメディアを購入したばかりでした。夢の18倍速焼きはしばらく先になりそうです(泣)。

 今日のネタは自作PCやらない人には全然分からないネタですね。すいませんでした。 


 
 
 
 
 
 

ようやく本格的な冬の到来です

 
 昨日は一日中寒い雨でした。もう11月末になりますが、これで本格的な冬の到来という感じです。個人的には寒いのは嫌いですが、異常気象はいろいろ悪影響をおよぼすので仕方がないですね。
 こんな天候のなか東京国際女子マラソンで走った選手の皆様ご苦労様でした。そして土佐礼子選手優勝おもでとうございます。
 そして去年のマラソン開催時は東京3期(経済開発論)のスクーリングも開催されていたことも思い出しました。こんなこと書くと「また日大生に復帰したいな」と妄想を考えてしまう最近なのでした。


 
 
 
 
 
 

フリードマン死去に関して似合わないコメント

 
 昨日の日記で金融論を書いたので追加のネタです。 
 偉大な経済学者のミルトン・フリードマンが16日に死去した。私は「20世紀の経済学者の中でケインズの次に影響力が大きかった人物」と考えている。昔は私の中ではケインズの方が評価が高かったが(それ以前に近代経済学自体好きではなかった(笑))、経済政策の考え方がリフレ派に転換すると自然にフリードマンの評価が高まっていった。と書いているが、失礼ながらフリードマンの著作を直接読んだことがない。時間があれば読んでみたいと思う。
 フリードマン死去に関しては、バーナンキFRB議長をはじめいろいろな方がコメントしているが、気になるのが福井日銀総裁のコメントだ。社交辞令としては当然のコメントなんだが、日銀やっていることフリードマン氏の考えとは全然違うことやっているとしか思えですが・・・・。
 もっとひどいのがbewaadさんが紹介している日経新聞の社説です。そこで「バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長はフリードマン氏を尊敬しているが、まだその考え方を採用していない。同氏は本丸の金融政策理論の正否を完全には検証できぬまま鬼籍に入った」と書いているが、大新聞がよくぞここまでデタラメな社説が書けるものかと感心した。実際は、バーンナンキはフリードマンの理論を継承した上でのリフレ派の論客だし、「大恐慌は金融政策の失敗によるものだ」というフリードマンの主張が正しいと決着がついています。人のことは言えないが、下には下がいるもんだ(笑)。


 
 
 
 
 
 

課題をやって拍子抜けする

 
 「放送大学の課題12月1日必着だからもうやらなければ」と課題やり始めたら、2時間弱で終わってしまった・・・・。放送授業をまったく視聴していないから不安だったが、教科書と経済辞典を使ったら10問解答が分かってしまった。いくら日曜までマークシートの選択問題をやっていたからとはいえ、ちょっと簡単すぎない(とか書いておいて落ちると爆笑だが)か?
 久しぶりに読んだが、入門書に定評のある岩田先生(岩田先生の経済入門書は全部お薦めです)だから、効率的に教科書に書いているのが実感できました。
 これから真面目に教科書読みますんで、皆様勘弁してください。放送大学は、過去問が公開されてないから試験対策は大変そうです。まあ、出来る限り頑張ってみますが・・・。

 課題が終わったので、今日ポストに投函します。


 
 
 
 
 
 

PCをやっている息子に対する親の気持ち

 
 先日、理容院(床屋)で整髪してもらった時に、ご主人の息子さんがインターネットを始めたようで、ご主人はコンピュータ全然やらないから「ブローバンド」などの用語と息子さんが何をやりたいか、が理解するのに苦労されてるようだった。
 いくつになっても子供は子供だし、ましてコンピュターみたに自分の理解できないことをやっていると、親として心配するのは当然だ。私もこの話を聞いていて「自分の親も同じ事思っているだな」と思ってしまった(うちの両親もPCとは無縁です)。
 ちなみに私がHPやブログをやっていることは、誰にもに言ってません。言うと私がブログやっているのを知っている人を気にして自由に書けませんし、両親に言うにしても説明が面倒くさいので(笑)。


 
 
 
 
 
 

更新プログラムに不具合?

 
 昨日、マイクロソフト月例パッチが公開されたのですが、Windows UpdateやOffice Updateを使っても「Office 2003 更新プログラム: KB919029」のインストールが失敗してしまします。いったんダウンロードして実行ファイルを動かしても駄目でした。
 そのまま放置しても「更新してください」メッセージが出るし、自動更新を切るのもセキュリティ上不安だ。
 そこでインストールしてあるExcelとWord Viewer2003をアンインストールして再インストールした後にWindows Updateを実行したら、無事成功しました。これで一段落できます。一体何だったんでしょうか?もう1台のPCでは何事もなく成功したから、今使っているメインPC側が原因の可能性が高いな。 


 
 
 
 
 
 

部屋の片付け

 
 資格の本はもう見飽きた(笑)ので、昨日は資格試験の本を押し入れに片付けました。
 本当はいらない本の処分などもう少し整理する予定でしたが、今週は、先週からの仕事の疲れや試験の精神的な疲労、朝と昼と10度近くある温度差などが重なりいまいち調子が良くありません。今夜は徹夜なので、明日じっくり休みたいと思います(爆)。


 
 
 
 
 
 

それなりに頑張った(笑)自分へのご褒美

 
 日曜日の試験が終わった後、帰宅途中に秋葉原に寄り、それなりに頑張った(笑)自分へのご褒美としてサウンドカードを購入しました。その理由は、製品紹介の「スタジオクオリティを超えるオーディオ体験」を本当かどうか体験してみたくなったからです。やってみると前のサウンドカードに対応したソフトがアンインストールされてないなど結構苦労しました。結果は、満足できる音質です。
 ただ「Pentium® 4 1.6GHz」と高スペックが要求されているので、私のPCだとDVD再生中に他の操作をすると音がすぐ歪みます(笑)。来年は、Windows Vistaも販売されるのでWindows Vistaに十分対応できるPCを制作するのは悪くないと思っています。現状では、XPに対する不満はないのですが、どうせXP HOMEはVista販売後2年でサポートが打ち切られる予定らしいから、仕方なくVistaを検討するのが実状です。


 
 
 
 
 
 

試験の結果は・・・

 
 昨日は慣れない資格試験で本当に疲れました。前回は、日大通信に入学する前の話ですから2年以上経過している訳です。
 こういう試験会場は大学が定番(千葉在住だけにに1回だけ幕張メッセだったこともありますが(笑))なので、大学の雰囲気を久しぶりに味わってきました。放送大学の学習センターと通学のキャンパスとは全然違うので、また大学生になってみたくなりました(爆笑)。去年の今頃忙しくて徹夜明けでスクーリングに参加していたのに「喉元すぎれば熱さも忘れる」とはこのことかと、自分でも呆れてしまいます。
 試験の方は、筆記は多分合格。実技はよそ言う以上に書けたが、当落線上かな(記述式だし、配点基準も不明なので本当のところは分からない)。
 筆記・実技ともに途中退席してしまったので、問題用紙が貰えませんでした。今日試験問題がダウンロードできると告知があったので、仕事から戻ったらダウンロードしてみて、出来る限り解答を再現してみようと思ってます。

(11/14 追記)
 夜遅かったので昨日ブログに更新できませんでしたが、公式解答も出ていたので記憶による自己採点だと、筆記は合格していました。実技は、分かりませんが・・・・。


 
 
 
 
 
 

これから試験に行ってきます

 
 これから資格試験受験行ってきます。学科はなんとか大丈夫そうですが、実技は多分駄目ですが、挑戦だけしてきます。
 この試験落ちたら再受験するかどうかは、来年結果が出てから考えます(その前に放送大学の課題提出しないと・・・)。


 
 
 
 
 
 

天気同様すぐれぬ体調

 
 今朝は一時的に雷も聞こえた一日中雨の日。昨日までの仕事の疲れが残り、気分は小雨の天気と全然変わらない。今日も体力回復に専念するしかなさそうだ。「明日はゆっくり休むぞ」と書きたいが、明日は資格試験だから朝からお出かけだ(笑)。明日寝坊できないので、せめて今夜さっさと寝ることにします・・・。


 
 
 
 
 
 

昨日今日と仕事で疲れた

 
 昨日と今日は、遠方+きつい仕事で本当に疲れた。帰宅するとブックマーク(お気に入り)をいろいろ見たり、メールをチェックすると眠くなり、勉強ができない・・・。体調の維持が最優先ということで、自分に納得させます。もうすぐ10時か。疲れたから、パソコンの電源を切ってさっさと寝る。


 
 
 
 
 
 

Firefox & Thunderbird 1.5.0.8が公開されたが・・・

 
 旧バージョンだが、Firefox1.5.0.8が公開された。これを見ると重要なセキュリティ問題の修正が4つされているが、2.0ではいつ修正されるか現時点では分からない。ただし2.0の脆弱性については、モジラは反論している(記事)。
 そこで泣く泣く1.5.0.8に戻すことに。さらにFirefox 1.5.0.8ではTab X(2.0 0.92両方とも)使えない。これでタブ閉じるとき面倒くさい。納得いかない。
 Thunderbird 1.5.0.8は最新版だから、問題がないんだけどね。

(追記)
 1.5.0.8のリリースノートで2.0推奨ということで、結局元にもどしました。早く2.0.1リリースして安心したいところです。


 
 
 
 
 
 

昨日は千葉でも強風でした。

 
 昨日、北海道の竜巻によって死傷者が出たが、私の住む千葉でもかなりの強風でした。昨日に限って高い場所にいた(笑)ので、一瞬吹き飛ばされそうな感じになりました。強風よりも階段の上り下り(エレベータやエスカレーターなどない)でそっちの方でかなり疲れました。この仕事も昨日で終わりだったので、ほっとしてます。

(追記)
 千葉でも海に近い京葉線がやはり一時運休したり、千葉市で怪我人が出たとか(記事)。竜巻の被害者も含めて、お気の毒としか言いようがありません。 


 
 
 
 
 
 

放送大学課題到着

 
 待ちに待った放送大学の課題が到着しました。内容は、五択のマークシートです。教科書・参考文献(日大時代に数冊持ってます)・ネットを駆使すれば、さほど苦もなく課題ができそうです。しかし放送大学は、テレビやラジオ聴いて資格試験と同じようなマークシートだから、今のところ創造的な活動とは無縁だな(笑)。自分から動きたい人間にとっては、正直放送大学はかなり不満です。それも自分が選択した結果ですから、仕方がないのですが・・・。


 
 
 
 
 
 

法律で規制すれば問題解決するとは思えないが・・・

 
 最近、非正規雇用者の話題が多いが早速「パート正社員化促進 法に明記、義務づけ」という規制強化の話が出てきたようだ。
 規制が強化されても、非正規雇用者にとって良い結果にはならないだろう。規制強化によって違法な偽装請負がますます合法のように巧妙化されるのは目に見えている(違法な偽装請負を肯定するものではなく、規制強化によって偽装請負を行うインセンティブが逆に高まるという意味)。
 正社員同様働きをするパートが逆に解雇されて、正社員にますます長時間労働しわ寄せが来るだろう。パートが正社員になっても、こないだの『エコノミスト』の特集のように社員とって良い結果が出るとは限らない。規制する側が考えるほど世の中は単純ではないのだ。一体何を考えているのだろうか。


 
 
 
 
 
 

放送大学の課題がまだ来ない

 
 大学と自宅が同じ千葉ということは理解しているが、入学時に今週水曜日に到着しなければ大学に連絡する指示があるにもかかわらず、まだ課題が到着していない。通信制大学からの郵送が遅れるのは慣れているが、資格の試験後、課題が遅れては勉強のしようがない。どうせなら教科書と課題を同封してくれればいいと思うのは私だけであろうか。ただ「同時に課題を郵送すると課題の該当部分しか勉強しないから駄目です」といった大学側の事情(これは私の推測ですが)も分からないこともありません。
 放送授業もまともに見てない私に文句を言う資格がないと言われればそれまでですが、放送大学は通信制のみの大学ですから、もう少し何とかして欲しいと発言する権利はあると思っています。


 
 
 
 
 
 

休日に体力回復を優先させる

 
 試験直前だが、先月からの疲れもかなり溜まっており、昨日も緊急で出掛けたので今日は体力回復に努めました。
 ということでこの時間での投稿になりました。
 さてこれから夕飯と風呂済まして、少しでも勉強しないと。ただ、無理すると今週の仕事に影響するので控えめにします。まあ、そんな根性は私にはないのですが(笑)。
 明日から仕事をそれなりに頑張っていきたいと思います(あまり頑張ると帰宅後勉強する気力がなくなるので)。


 
 
 
 
 
 

IE7あえてインストールしない選択

 
 昨日の日記で、IE7をインストールしたが、自分のHPの動作確認しただけで、さっさとインストールしたと書いたが、その補足です。多分11月1日までIE7RC1が公開されてましたが、全てのHPで表示テストをしていたとは到底思えませんし、IE7正式版で変更になった部分もあるかも知れません(RC1がそのまま正式版になったかどうか現時点では私には分かりません)。タブフラウザ化という大きな変更のあったIE7は、まだ各HPの表示できるかどうかと問われると、その信頼性は低いと評するしかありません。この責任は、マイクロソフト側に全てのHPがちゃんと表示できるか確認しろと言っても物理的に無理なので、各HPの管理者が動作を確認するしかないのが現状です。

 もし私が日大通信の学生でメディア授業で受講していたら、IE7側の問題で課題・試験提出時に不利益が出たら嫌なので、大学側がIE7対応を表明しない限り絶対IE6を使っています。

 個人的な事情では、プラウザは95%以上Firefox2.0を使っており、IEを使う機会がほとんどないし、お気に入りの部分が、中央下から左上に移動したため、慣れるまで面倒くさいというのもあります。たまに使うIEの表示があまり信用できないのでは、はっきり言って困ります。

 いろいろ書きましたが、年内にIE7に関する問題は解消されるでしょう。日大通信も該当しますが、来年にはWindows Vistaが発売されそこにIE7がインストールされているのでIE7対応を放置する訳にはいかないからです。でも個人のHPは結構放置かも。そもそも自分のIEのバージョン知らない人もいるかもしれない(笑)。


 
 
 
 
 
 

昨日はソフトウェア更新ラッシュ

 
 昨日は、AMDに買収されURLが変更されたばかりのATI Catalyst 6.10 Windows XP、Internet Explorer 7日本語版OpenOffice.org 2.0.4といったソフトウェア更新ラッシュになりました。これは連休前からなのでしょうか?でもAMD(ATI)は海外の会社だから連休前は関係ないと思うが。
 IE7で自分のホームページがきちんと表示できることを確認したので、TOPページのみ更新しました。確認した後、IE7は速攻アンインストールしました。なぜならタブフラウザ2ついりません(笑)。

 世間が連休といっても、今日仕事です(泣)。


 
 
 
 
 
 

2月面接授業の案内が届く

 
 おとといの話で恐縮ですが、放送大学から2月面接授業の案内が郵送されていました。面接授業の幅広さは、「さすが放送大学」と思いながらも、「申込期間短すぎる」という感想です。面接授業は卒業を目指す全科履修生優先なので、卒業と関係ない選科履修生の私が申しこんでも全滅の可能性が高いです。
 でもダメもとで申しこんでみるかな。もう少し考えてみます。

 それよりも放送授業の課題が来ない。とブログに書くと案外今日到着していることが多い。


 
 
 
 
 
 

NHK「クローズアップ現代」肩すかしにあいました

 
 昨日のNHK「クローズアップ現代」を期待していたのですが、意外なことはなく、肩すかしにあったような気がしました。該当している方々は気の毒と言うしかないのですが、「人の不幸は蜜の味」という視点でも見ていた自分が恥ずかしくなりました。以降反省したいと思います。

 話は変わりますが、昨日の千葉日報で県内の高校でも未履修問題が発覚しました(記事)。ここでは千葉県内に204校掲載されており、「該当なし」はあり得ないと思っていましたが、県は公表するの遅いよ。


 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2006/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー