植草一秀氏について考えてみる

 
 このネタを書こうとしたのは、当然植草氏の痴漢容疑での逮捕なんだが、経済の専門家としての彼を評価すべきかも問われなければならないだろう。
 残念ながら、私は植草氏の著書を読んだことがない。『エコノミスト ミシュラン』を読むと、財政政策中心に景気回復させようと主張する旧ケインジアンのようだ。検索するとこんな文章が拾えた。
 植草氏の文章を読んでみると、やはり「小渕政権は堺屋太一氏を起用して成功を収めた」(太字:引用者)など積極的は財政出動を行った小渕政権の評価が高い。しかし、堺屋氏がどのように小渕政権に影響を与えたが残念ながら私には記憶にない(国会で長々と自説を述べていたのは記憶にあるが(笑))。堺屋氏の『あるべき明日』も読んだが、当然だが冷徹な経済理論とは無縁の作家さんの本であった。
 植草氏は、竹中氏など小泉政権の経済政策を批判している。当初の清算主義批判は私も同意するが、小泉政権化でここまで景気が回復したのは、消費税先送りなど積極的な財政再建を放棄したり、曲がりなりにも福井日銀総裁の量的緩和をはじめとする金融政策によるものだと私は評価している。福井氏の積極的な金融政策は就任当時予測できなかったが、その福井総裁を選んだのは、小泉首相であることは忘れてはならない。
 だが植草氏の文章を読む限り、金融政策に関する視点はない。これは、彼が旧ケインジアンなので金融政策を重視してからと思われる。これでは植草氏の小泉政権に関する評価は公平とは言えないだろう。経済政策に関して、ここまで詳しく書くスペースがなかった可能性もある。
 植草氏は結びとして「安倍政権発足に際してもっとも注目されることは、経済政策運営の要のポジションにどのような人物を配置するかである」(太字:引用者)と書いてあるが、私はそんなの期待しません。すでにこのブログで批判した再チャレンジ支援などを考えれば、安倍氏の経済政策に期待する気にはなれなせん。いろいろな意味で植草氏の考えが甘いなと感じた内容でした。


スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
08 ≪│2006/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー