FC2ブログ
 
 
 
 
 

政府のすべきことするべきでないこと

 
 おとといの日経新聞で政府の少子化対策に関して、与党内では自民党と公明党、猪口担当大臣と猪口氏主宰の少子化社会対策推進専門委員会が猪口大臣の独断専行によりが全然うまくいってないそうな(記事)。
 私は「少子化対策という費用対効果が低い政策をやる財政上の余裕などないから、少子化対策を政府が行うのは反対」という立場です。もちろん一番悪いのは、少子化対策という無理難題?を政府に押しつける国民大多数が一番悪いのは承知してます(笑)。
 少子化は経済に対して重要な問題だけど、夫婦が子供を作りにくい大きな原因は「将来良くなるという希望が持てない」だからだと思う。給料が上がらないし、税金等の国民負担が増えるだから仕方がない。政府が重視すべきは、長期的な問題よりも短期的なマクロ政策をいかに着実にやっていくかだと、私は考えている。
 非正規労働者増加の問題にしろ、不況の長期化によって若者の正規雇用が妨げれれた結果であろう。そして使い捨て同然の非正規雇用の仕事しかないことは、若者が高度な技能を身につける機会を奪われたことになり、長期的な経済成長に悪影響が出ることは十分考えられる。
 政府もマスコミも長期的な視点よりも短期的視点を重視してくれれば、もう少し良くなるはずなんだが・・・。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2006/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー