平成18年2月の学習記録

 
卒業を待つだけで、書く内容なし。
取得単位 74単位
残り単位 なし(12単位超過) 
残りスクーリング単位 なし(7単位超過)


スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 

やっと2月も終わりです

 
 徹夜明けで昼近くまで寝てました。部報はまだ到着していません。まあ、卒業延期の通知が来ないだけでも結構です。来月は、学期末と卒業関係やらいろいろあると思うが、なんとかやっていきたい。


 
 
 
 
 
 

来年度第1回科目修得試験

 
 全然関係ない(笑)けど、ネタとして書いてみます。
 「今年度の経済原論は全て持ちこみ可だが、問題数があまりにも多いで問題である」と以前書いたのだが、来年度は定規以外不可になりそうです。定規持ちこみ可なのは、定規を使わないと学生がうまくグラブを書けないからだと思います。昨年度のような一行問題が科目修得試験には適切だと私は思います。
 併用で経済原論の単位取得した人間が偉そうなことを言ってすいません。


 
 
 
 
 
 

部報3月号PDF版公開

 
 部報3月号は、卒業式が午前10時開始以外私にとっての新情報なし。個人的には埼玉学友会の卒業を祝う会にも出席したいが、3月最終土曜日に出席できるのだろうか?ちと疑問。


 
 
 
 
 
 

昼間スクーリング

 
 昨日ポータルサイトを見ると、来年度の昼間スクーリングの説明会が書いてあった。昼間スクは、リポートも書かなくて良く一年間じっくりと講義が聴けるのが魅力だが、単位取得の点からするとあまりにも効率が悪い。リポート2本書いて短期スクで3日又は4日で併用かけた方が効率がいいからだ。
 通学だと昼間が普通(唯一)の単位取得方法だから、そんなこと思わないんだけどね。


 
 
 
 
 
 

他の大学で科目履修生になるのもいいかも

 
 実は日大以外なら興味がある科目はあります。卒業したり、遠いのでスクーリングに参加する気もないんで、科目履修生でもやってみるかな。実施は数年後?、いややらないかもしれない。
 そろそろ私にとっての最後?の部報が到着する頃です。到着しても特に見る内容はないと思うが・・・。


 
 
 
 
 
 

幻の履修計画

 
 もし留年したとして来年度の履修計画をたててみた。興味ある科目の多くは単位取得済なので、併用もなかなかかけられない。科目修得試験狙い中心で相当迷うことになるだろう。興味のある科目が残っていたら、科目履修生で日大に残ることも一時考えたが、その可能性も消えました。


 
 
 
 
 
 

来年の履修計画

 
 他の学生さんの日記を拝見すると、来年の履修計画のことが書いてありますね。私も去年は「どの科目履修しようか、そしてスクーリング計画しても会社が許してくれるか」などいろいろ悩んだものです。来月卒業予定者には、そんな計画は考えようがありません。でも、念のために少し考えてみるのも面白いかも。だが、お願いだから、学費の振り込み用紙と履修届来ないでくれ(笑)。


 
 
 
 
 
 

ちょっと驚いた記事

 
 昨日の日経新聞一面「大学激動 第6部 全入時代の学生像1」を読んで驚いたのでちょっと引用。

 金沢大、岡山大、佐賀大などの国立大は相次いで相談室を設置した。「リポートの書き方が分からないという」学生に句読点の付け方などを初歩から伝授。選択科目のとり方、図書館の使い方なども教える。中堅私大はさらに厳しい。関東学院工学部は、04年度、新入生と教授らが “交換日記”を始めた。講義や大学の仕組みになじめないためか、03年度は40人以上が退学したからだ。退学は減ったものの、日記を読んでみた教授陣は不安になった。論分(論文)、不胆(負担)、詐期(詐欺)・・・・・。元高校教師を雇い、高校卒業レベルの学力をつけさせることにした(注:引用時に数字は漢数字から変更してます)。

時代は変わったもんだ・・・・。


 
 
 
 
 
 

新たな目標を探さねば

 
 大学という趣味が終わりつつあるので、現在かなり堕落しているような気がします。会社にも大分迷惑かけたし、昨年秋は疲れたのでどこかの大学に編入はありませんが、新たな目標を探したいと思います。
 仕事の資格でも取るかな・・・。資格の勉強は、つまらないけど(笑)。


 
 
 
 
 
 

堅苦しい話が続いたので

 
 最近堅苦しい話が続いたので、今日はくだらないことを書きたいが、いいネタがない(涙)。私の近況は、趣味の本がなかなか読み進めらせん。期限がないものは、仕事と日常の雑事なかなか進まないものです。
 今後使いそうもない本を学習センターに寄付したいのだが、今月の日曜は、仕事で行く時間がありません(笑)。


 
 
 
 
 
 

法律の話いろいろ

 
 TOMOYA@国文さんが民法科目を履修されると日記に書いたので、コメントさせて頂いた。法律といえば、個人的には今年5月に施行されると言われる(正式には政令で決定)会社法が気になる。今月、会社法施行規則や会社法計算規則(特に会計学で重要になると思われる)などの省令が公布されたので会社法関係の法令整備もかなり進んだと素人は思っている。現在も新会社法の本がいろいろ出ているが、買うのは大学生向けの概説書が販売される4月まで待ちたいと考えている。
 法律・政令・省令などややっこしい言葉が出てきたので、ここにリンクしておきます。


 
 
 
 
 
 

インセンティブって何?

 
 昨日の日記で書いた「インセンティブ」って説明しろと言われると難しい言葉ですよね。素人に上手く説明できないので、プロの文章を引用してみます。
 受験英語ではインセンティブのことを「刺激」とだけ学ぶようだ。ここでの意味は、「人々の努力を引き出すような誘因や動機」というものである。
 ただ、良く誤解されているようだが、経済学が扱うインセンティブとは金銭的なものだけではない。(中略)むしろインセンティブとは社会的なもの
(威信、名声、プライド)であったり、道徳的なもの(善悪、名誉、義務)であったりする。
 若田部昌澄『改革の経済学』2005、P18より

 私もこのくらい上手く説明できれば、苦労しないのだが・・・・。


 
 
 
 
 
 

変わった経済学の本

 
 昨日新聞を見ると変わった本の広告を見た。その名も『障害者の経済学』です。この著者(中島 隆信 慶應大学教授)は、他にも『大相撲の経済学』とか『お寺の経済学』なんかも出版されてます。内容は、「本書では、同情や単純な善悪論から脱し、経済学の冷静な視点から障害者の本当の幸せや福祉の現場の正しいインセンティブを考えます」といたって真面目。他の本でもamazonでは結構評価されてます。内容が面白そうだから、暇だったら読んでみようかな。でもまだ読んでない本を数冊消化しないと・・・・。
注)この文章で障害者を差別するような意図は一切ありません


 
 
 
 
 
 

エコノミストの格付けが欲しい

 
 日大関連ネタがないのでしばらく経済ネタを書きますが、勘弁して下さい。
 9日の日記で書いたように、はっきり言ってエコノミストと呼ばれる文章もいい加減なものが多いです。問題は、ある程度経済や経済学を学ばないと「誰が信用できて、誰が信用できないか」の判別が難しいことです。
 株式や債券みたいに格付け機関が存在しエコノミストの格付けがあれば、経済に詳しくなくても判別が楽なのに。
 ちなみに、ジャーナリストの東谷暁氏が『エコノミストは信用できるか』文春新書などで格付けをやっていますが、若田部昌澄 早稲田大学教授が言うように「経済学を使わない格付け」など役にたたないんだよね。東谷氏の基準では「論理の一貫性」が重視されてるけど、「アホな主張をしても自分の間違えを絶対認めない鉄の意志の持ち主は、どんなに間違っていても評価高くなってしまう」ことになってしまうのだが(笑)。


 
 
 
 
 
 

そろそろ3月卒業予定者最終リポートかな

 
 3月卒業予定者最終リポートが返却される時期になりました。せっかく試験に合格してもリポート不合格で卒業延期という方がいると考えると同情せざるを得ません。私もその立場だったら必死にポータルサイトや郵便ポスト毎日確認して落ち着かないよ~。そして不合格→卒業延期なら一ヶ月程度立ち直れません。
 去年卒業単位取得して本当に良かった。14単位オーバーしているから、多少の計算間違いも問題なし。


 
 
 
 
 
 

一太郎2006使ってみる

 
 Wordの互換性が向上したというので、10日新発売した一太郎2006をインストールしてみる。一太郎2006のデザインが変更されたので慣れるまでしばらく時間がかかりそうだ。起動も多少早くなったような気もする。


 
 
 
 
 
 

リポートガイダンス ビデオの感想

 
 今となっては無意味だが、リポートガイダンス ビデオ見てみました。大学側がリポート課す意義がよく理解できました。不良学生から新入生(見てないな(笑))に言いたいのは、あのビデオどおりに書ければ理想ですが、実際にはなかなかうまくいきません。 一部科目では問題文やキーワードが多すぎて 2,000字では自分の意見まで書けないという例もあります。インストラクターの方々には迷惑かと思いますが、不備なくリポートは書ければまず提出すべきです。出さないと、いつまでたっても学習が進みませんし、文章力も上達しませんよ。
 ちみに今日は久々の休日出勤。きつい仕事ですが頑張ってきます。


 
 
 
 
 
 

ポータルサイトに学習支援アイコン追加

 
 昨日ポータルサイトを見ると、ポータルサイトに学習支援アイコン追加されていた。メディア授業紹介アニメーションと単位取得方法アニメーションは既出だが、リポートガイダンスビデオは初めて知った。学習終わっているが、暇なので視聴して明日の日記にでも書きたいと思う。


 
 
 
 
 
 

こんな経済学でも一応学ぶ理由(2)

 
 よくある誤解の1例が「国際競争力の強化」というものです。この議論は、強化する以前に一国全体の国際競争力なるものを測定できなければ話になりません。しかし、厳密に測定したものなど見たことがありません。その理由は、

 1)経常収支(貿易収支)と国際競争力というイメージと関係がない。日本の高度成長期や現在のアメリカは景気が良いにかかわらず、経常赤字である。現在の日本は長期的不況でも経常黒字である。中長期的な経常収支の原因は一国全体の貯蓄投資バランスであり、国際競争力なるイメージとは関係ない。
 2)ある産業が成長すれば必要な資金や人材が成長産業に集中する。競争力のない産業は資金や人材が不足しさらに衰退する。一国全体の競争力を測定するのに必要な成長産業と衰退産業の競争力をバランスをとった競争力指標はない(少なくても私は知らない)。
 3)サービス業など非貿易財では、国際間の比較はできない。従って国全体の競争力を測定できない。日本の美容師が中国の美容師より数倍価格が高いのは、日本の物価や賃金が高いだけで、生産性が中国より数倍の差があるわけではない。

 が考えられます。特に1)を理解するには、国際経済学を学ぶ必要がある訳です。


 
 
 
 
 
 

こんな経済学でも一応学ぶ理由(1)

 
 昨日の日記のような難解な専門用語を使う経済学でも当然価値はある。経済学をある程度学ぶと分かるのだが、「世間の経済に関する常識が間違っていることが多い」ことです。経済学を知らない人が真剣に経済を語っていても「これはよくある誤解だな」と笑えてしまうことも多い。こういったトンデモ経済論者は、経済学も知らないし、経済史や過去の経済論争も正確に理解して発言することはない(続く)。


 
 
 
 
 
 

経済学の専門用語はなんとかならないか

 
 経済学は、数式の多用(厳密に理解するには数式の使用は不可欠)もあるが、厄介なのは調べないと理解できない専門用語の数々。限界効用逓減の法則とか書かれても、私みたいに頭の悪い人間にはなかなか理解できない(笑)。
「財の数を増やすと満足度がだんだん減っていく法則」とか書けないのか。確かに書く立場からすると、そんな名前で普及したら分量が多くなって大変だから、難しい用語になってしまったと思っている。
 そこで経済学事典や経済辞典に助けて頂きました。特にネット検索でなかなか引っ掛からない古い専門用語を調べるには有効でした。もちろん、専門辞書はページを含めて参考文献として書きました。


 
 
 
 
 
 

同世代の悩みに同感する

 
 昨日2kyo.netの掲示板で私と同じ世代の方が「学習の意義が感じられず、リタイヤしたい」という書き込みがあったので、早速返事を書いてみた。仕事が忙しくて辞めたいという相談者の意見も理解できるし、他の方の書き込みを読んでも「通信制といえども、学習以外にも得られることが大きい」という意見も私と同意見です。書き込みする人は、私を除いていい人ばかりだ。


 
 
 
 
 
 

たまには通教の思い出ネタを

 
 1日の日記に「日大通信に関する感想をいろいろ書いてみようかな」と書いたが、昨日まで時事ネタに流されてしまった。少し反省しないといけない。
 日大の入学して教材が届いた時、他のHPなどは「こんなにいっぱい送られてきて驚いた」と書いてありますが、別に驚かなかったですね。経済学の教科書は馬鹿みたいに厚いのが多くいくつかは持っていたから(笑)。特にスティグリッツとかマンキューなんかの翻訳物はすごい、あまりにも分量が多いので日本語版は分冊してあります。
 経済原論の教材なんかは薄い方です。ただ、理論経済学と数式の苦手な私は、45線分析とかIS-LM分析などを理解するのに3ヶ月程度を要しました(笑)。でも理解した後は、秋の併用で受講したスクーリングは余裕でした。


 
 
 
 
 
 

プラウザのあれこれ

 
 昨日Mozilla Firefox 1.5.0.1が公開され早速インストールしましたが、インストールしてあった拡張機能が見事に外されました(笑)。結局、別の拡張を入れて外された拡張も再度インストールできましたが、たった0.01のバージョンアップでこんなになるとは、驚きでした。 しかし、タブプラウザ使うと便利でIE戻る気ないんだよね。タブフラウザが導入されるIE7のベータ版(開発途中)は、まだまだ開発がうまくいかずバク出まくりみたいです(笑)。その記事はこちらです。
 本当はすべてのプラウザ表示位置が統一できればいいのですが、難しいようですね。


 
 
 
 
 
 

ネルのノートさんの掲示板閉鎖

 
 予定通りネルのノートさんの掲示板が昨日?閉鎖された。ネルさん本当にご苦労さまでした。ということでここのリンクのページを一部更新しました。掲示板閉鎖は、ネットをやる日大通教生にとっては大きな出来事ですが、世界経済にとっては今月のバーナンキFRB(米連邦準備理事会)議長就任のほうがよっぽど重大です。バーナンキみたいなリフレ派が日銀総裁ならば、日本経済は現状より良くなっているはずなのに・・・。


 
 
 
 
 
 

今日は追試の日

 
 今日は3月卒業の追試の日です。受験予定者がいろいろな掲示板に質問をしているが、具体的な回答はない模様。
 スクーリングで「追試受けて卒業するんだ」と言っていた方は、無事卒業できればいいのですが。


 
 
 
 
 
 

2月になりました 今月のネタどうしよう

 
 今日から2月です。しかし、学習が終わり試験結果も出たので今月以降書くネタがありません。そこで「日大通信に関する感想をいろいろ書いてみようかな」と思っています。


 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2006/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー