FC2ブログ
 
 
 
 
 

政治と経済の関係(2)

 
 政府による強引な不良債権処理など市場が歓迎はずもなく、「竹中ショック」という株価の暴落を引き起こす。
 小泉政権は「りそな銀行の一時国有化」によって清算主義的構造改革を事実上放棄した。その後現在の景気回復?をもたらした一因だと考えてよいでしょう。
 ちなみに私は「不良債権は不況の原因ではなく、結果でしかない。不良債権処理は、政府が余計な介入をすべきではなく、民間で解決すべき問題だ」と考えです。
 世論は、誤った「改革なくして成長なし」という清算主義的構造改革路線を政権初期には熱狂的に支持したのは言うまでもありません。 このように明らかに間違っている政策が実行されてしまう危険性が民主主義にはあるのです。間違いをいちはやく気づくには、経済学や経済学者の意見を尊重すべきだと考えます(ただし本物か偽物かを区別するにはするには結構難しいのも事実です。これも後日書きたいと思います)。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2006/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー