FC2ブログ
 
 
 
 
 

小池和男『仕事の経済学』を読む

 
 小池和男『仕事の経済学』はもともと趣味で買った本だが、労働経済学と経営学の試験対策として読んでいる。この本を読んでいると、日本的経営や海外の労働に対するイメージがいかに怪しいかが、統計や各種調査によって明らかにしている。例えば「年功賃金カーブは、欧米のホワイトカラーにも存在し、日本はブルーカラーにも年功賃金があるのが特徴だ」とか。
 実は、私も小池教授の著作を読んで驚いた一人でした(笑)。日本的経営に興味がある人は必見の一冊です。


スポンサーサイト



 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
11 ≪│2005/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー