平成17年10月の学習記録

 
平成17年10月2日  科目修得試験 2限 日本経済史を受験。
平成17年10月10日 労働経済論 リポート分冊1を郵送。
平成17年10月14日 労働経済論 リポート分冊2を郵送。
平成17年10月17日 メディア授業後期 情報概論MB 受講開始。
平成17年10月29日 経済開発論 分冊1 不合格リポート返送。
             経済開発論 分冊2 合格リポート返送。

取得単位 52単位(結果待ち4単位)
残り単位 10単位 (選択科目10単位)
残りスクーリング単位 なし(3単位超過)


スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 

部報11月号について

 
 12月の科目修得試験に関する情報は、予想通り新情報無し。試験と言えば、明日からポータルサイトからの申し込みが可能と裏表紙に書いてあったので早速申しこみたいと思います。


 
 
 
 
 
 

リポート落ちた(涙)

 
 昨日、部報11月号と一緒に経済開発論のリポートが返却。最悪なことに分冊1が不合格だった。確かに歴史と理論のバランスを欠いた内容だったことは認めるが、「理論の記述が極めて不十分」は、内生的経済論の記述がなかったからだろうか。いくら講評に文句があっても、私が単位を取得したいと思う限り書き直すしかないのが悲しいところ。


 
 
 
 
 
 

OpenOffice.org 2.0 正式公開

 
 昨日、無料で使えMS-Officeと互換性のあるビジネスソフトOpenOffice.org 2.0がようやく公開されました。私はワープロは一太郎2005しか使わない(Ver4.3以来の腐れ縁)ので、MS-Officeは滅多に使わない上値段が高すぎるので(しかもパソコンは自作)持ってない訳です。貧乏人の私には非常に助かります。それでも文章を変更することも滅多にないので、ファイルの表示や文章の印刷だけならWord Viewer 2003Excel Viewer 2003で十分です。


 
 
 
 
 
 

まだリポートが返却されない

 
 経済開発論リポートの結果が今朝時点でまだ分かりません(涙)。これでは、部報11月号のほうが先に到着しそうです(笑)。勉強のほうですが、労働経済論の教材を地道に読んでいます。この件については読み終わってから感想を書きたいと思います。


 
 
 
 
 
 

祝 ロッテ日本一

 
 昨日日本一が全勝で決まりました。野球ファンではありませんが、一応地元ネタということで。
 個人的には、リポート全勝記録(初戦に敗北)、スクーリング・科目修得試験の全勝かどうかに問題です。
 でも昨日も勉強しなかったな・・・・。 


 
 
 
 
 
 

労働経済学 リポート返却

 
 予想通り、労働経済論のリポートが昨日返却されました。これが経済開発論のリポートだったら面白かったのに。
 講評は足りない部分を列挙しただけのもの。しかし、こんなに多くの内容2,000字では書けません。


 
 
 
 
 
 

リポート合格確認 あれ?

 
 今朝ポータルサイトを閲覧してみると、リポートの合格表示がある。よく見ると待っている経済開発論じゃなくて、今月提出した労働経済論のリポートだ。なんなんだ。


 
 
 
 
 
 

リポート返却まだ?

 
 コンピュータのネタが続いたので、本来の学習の愚痴を一言。9月12日に大学が受理した経済開発論のリポート(分冊1・2)の結果がまだ出てないぞ(ポータルサイト・リポート返却 両方)。ちなみに返却予定は今月中旬です。
 昨日東京秋1期が終了した事情もあるでしょうから、来週までに結果が出てない時は大学に問い合わせることにします。
 やまさんはじめ東京秋1期受講された方はお疲れ様でした。私も参加したかった・・・・・。


 
 
 
 
 
 

プラウザ変更を試みる

 
 毎日閲覧しているプログ(日大関係ではない)のプログの表示がInternet Explorer6.0SP2で乱れてしまった(今は復旧しています)のでOperaプラウザを導入したわけです。
 今日の日記を更新したら、またプログの表示乱れてたよ(笑)。このプログやはりIEと相性悪いんだね。でも乱れるようになったのは最近なんだけど、謎だ。

 


 
 
 
 
 
 

日本的経営の続き

 
 昨日の続きですが、結局日本の経営システムに関して企業と従業員の利害関係で考えなければ何も分からないし、イエとかムラの論理では日本人にさえ理解できない。そんな私が、企業と従業員の利害関係で日本の経営システムを論じた、松本厚治『企業主義の興隆』を読んで本当に感動したものです(現在では、多分入手困難)。
 それも私が現役の大学生の時代ですから、懐かしい話です。


 
 
 
 
 
 

日本的経営はいい加減な概念

 
 昨日の日記で、日本的経営の話が出たので個人的意見を少し書いてみます。
 日本的経営といえば、終身雇用・年功賃金・企業別組合の三種の神器であるが、具体的にどのような定義でどれが一番重要かについての統一見解は実はない(詳しくは 飯田史彦『日本的経営の論点』PHP新書などが参考になります)その原因についても、イエとかムラの論理とかいい加減なものばかり。少し歴史を調べれば、現在よりイエ・ムラの影響が強いはずの明治時代における労使関係は最悪で、現在の日本的労使関係の要素はまったくないんだけど・・・。
 以上の理由で、通俗的な日本的経営を語るのは好きではありませんし、むしろ変なレッテルを貼る誤解の元だと考えています。 


 
 
 
 
 
 

経営学 過去問分析

 
 少し早いが、経営学の過去問を調べてみました。12月の科目修得試験でヤマを張るなら、日本型経営や生産論(フォーディズム等)かな。でも、このヤマあまり当てにしないで下さいね(笑)。


 
 
 
 
 
 

メディア授業後期始まりました

 
 昨日から待望のメディア授業が始まりました。早速、目次を見ると、情報概論MBは理解度チェックがない。となると、成績は試験一発勝負ということか?少し驚いた。


 
 
 
 
 
 

昨日は趣味と仕事の本を購入

 
 昨日、通信教育部1号館1階に行くと、なんと2日に行われた第4時限の試験問題が置いてある。もう4時限を受験する予定はないのですが、貰ってきちゃいました(と思ったら6月の試験のだった。なんでいまだにあるの?)。あとは神保町で仕事や趣味の関係の本を少し買いすぎました。
 どうせ日記のネタもなさそうなので、読み終わったら感想を書きたいと思います。


 
 
 
 
 
 

東京秋2期 受講許可到着

 
 昨日、東京秋2期の受講許可が郵送されていた。メディア後期に続いて、またも銀行休みの土曜日到着です(笑)。
 仕方ないので、月曜日以降に振り込むか。
 今日で、東京第1期前半戦終了ですね。他の買い物もあるので、通信教育部1号館に遊びに行くかな。


 
 
 
 
 
 

幻の東京秋第1期開始

 
 昨日はレポートが一段落したので、少し部屋の整理をしてました。それでもまだまだ整理が必要です(笑)。
 さて、今日午後から東京秋スク第1期ですね。当初の予定では日本経済史を受講する予定でしたが、大学側が東京2期に変更したことで断念したスクーリングです。2日の科目修得試験落ちたら、この変更相当恨むぞ。
 12月受けろと言われても、日本経済史の試験時間(2限)経営学と重複してるので、片方の単位取得諦めなきゃいけないんだから(書いたリポートが無駄になる)。


 
 
 
 
 
 

最後の新規リポート完成

 
 労働経済論分冊2が完成したので、新規の提出予定のリポートはすべて完成しました。これで月曜からのメディア授業に集中できるぞ。あとは不合格にならないことを祈るのみ。


 
 
 
 
 
 

リポート下書き完成

 
 日本労使関係の問題点を追加して、昨日ようやく労働経済論分冊2のリポート下書きが完成。新規最後のリポートになるはずだが、最後の新規リポートにしては内容面でちょっと不満。でも提出しないと12月の科目修得試験に受験できないので、今夜から清書したいと思います。


 
 
 
 
 
 

水増しして半分書いた

 
 昨日から書いたリポートも、水増しして半分ようやく書けた。あとは日本労使関係の問題点を列挙して無理矢理1600字以上にしたいと考えています。
 関係ないが、今日のWindows Update8個(XPSP2)か。いつもながら多いね(笑)。


 
 
 
 
 
 

労働経済論分冊2 リポート下書き開始

 
 労働経済論分冊1が終わったので早速分冊2の下書きを始める。日本経済や日本的経営は、得意な分野なので分冊1よりは簡単に書けるだろう、と思ったら大体800字で書けてしまった。約2倍の水増しが必要だ。どうしよう。労使関係の歴史でも追加するか。


 
 
 
 
 
 

リポート完成しました

 
 労働経済論分冊1のリポートようやく完成しました。変形労働制や裁量労働制の説明だけに終わらず(それでは労働法の内容と同じ)、どのような労働問題が生じるかを考えながら書いたので、時間がかかりました。
 しかし本当にこのような内容でいいのだろうか?明日からリポート提出期間なので、今日郵送してインストラクターの方に判断を待ちたいと思います。


 
 
 
 
 
 

平成18年度六法全書買いました

 
 昨日、新聞で有斐閣で『ポケット六法 平成18年版』が販売されたという広告を見たので早速購入。民法・商法の口語化(平仮名表記)や会社法成立など六法の内容が大幅に変わったのを読んで実感した。
 ただ私は、昔から岩波の『コンパクト六法』の方が読み慣れているので少々読みにくい。
 あと、労働経済論分冊1のリポート無理矢理下書き終えました。あとは、修正しながらの清書のみ。


 
 
 
 
 
 

秋地方スクから1年

 
 今日から秋地方スクが始まりますね。私は、該当する科目(なぜか法学部・商学部の専門科目がなく、経済は大阪の経済学概論のみ)がないので、連休はおとなしくリポートでも書いてみます。
 宇都宮(昨年春)と新潟(昨年秋)でホテルからバスで講習会場まで移動していたが、10年以上前の製造だと思われるバスに乗ると「地方に来たな」という感じるのは私だけだろうか?
(注)私の住んでいる地域(東京近郊)は、排ガス規制により古いディーゼル車では車検が通らないので、10年以上前のバスは見かけないのです。


 
 
 
 
 
 

手探り状態でリポートを書き進める

 
 結局、労働経済論分冊1のリポートを近年の労働時間の資料と、労働法で書いた参考文献を使いながら手探り状態でリポートを書いている。ネタ本がないと本当に疲れる。


 
 
 
 
 
 

どのリポート書こうか悩む

 
 労働経済論のリポートだが、課題が少し変わっているので少し悩む。
 分冊1は、労働時間に関する課題だが、キーワードは労働基準法に関するものばかり(多少労働問題もあり)。
 分冊2は、日本的労使関係なんだが、経営学(日本的経営)の内容にかなり近い(ほぼ一緒)。
 いずれにしても、純粋な労働経済論と言えるのだろうか?
 リポート作成は、やはりいつも通り、分冊1から始めるか・・・・。


 
 
 
 
 
 

アニメーションの感想

 
 単位修得方法の確認を含め昨日紹介したアニメ見ましたが、単位取得の方はやはり一般公開すべきだと思います。ここで直接リンクすることは可能ですが、大学に怒られそうなのでいつものようにやめときます。ただ、メディア授業の紹介は実際の画面と多少異なるので、改訂した方がいいですね。


 
 
 
 
 
 

単位取得方法・メディア授業のアニメーション登場

 
 今日ポータルサイトを見たら、単位取得方法(Dカリキュラム)とメディア授業に関するアニメーションが登場していた。
再生条件など詳しくはポータルサイトの該当部分を読んでみた下さい。私の環境では、まだ全部見ていませんが再生できたので、今夜にでもゆっくり見てみようと思います。
 このアニメ在校生しか見られないのが残念だな。一般公開してもいいんじゃないの?
 そういえば、本日創立記念日で休校だそうな。私には、全然関係ない。


 
 
 
 
 
 

労働経済論の参考文献

 
 メディア授業の受講料を本日早速振り込んできました。いつもながら振込手数料高い。
 さて、労働経済論リポート分冊1の参考文献にある『厚生労働白書』よりも『労働経済白書』の方が適切だと思うのだが・・・。厚生労働省のホームページから該当部分を印刷して終わりですね。
 労働基準法関係は、今年リポート書いたので、基礎的な文献あるので、明日にでも下書き開始の予定です。


 
 
 
 
 
 

科目修得試験

 
 今日の科目修得試験は、日本経済史を受験しました。基本的な出題で、なんとか書けたので単位はおそらく取れるでしょう。試験が終わって、労働経済論の参考文献探しをして、夜に戻ってきました。いつもながら、疲れた。


 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2005/10│≫ 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー