最速のブルーレイドライブを購入してみました。

 
 本人も忘れた頃にブログを更新します。 ←何それ?

 最近発売されたのLG社のPC用ブルーレイドライブ「BH14NS48」を購入してみました。BD-R最大14倍速ができるという製品です。ちなみに以前の最速が12倍速で複数製品存在しました。

 ブルーレイドライブの交換は、簡単なので何の苦労もしないと思いましたが、ケースとドライブのネジの位置が多少違い手間取りました(苦笑)。

 こういったドライブで一番困るのがメディア探しです。PC用のブルーレイドライブだと14倍・12倍・10倍速などの製品が市販されていますが、それらの速度が実現できるのは一部のメディアだけです。そもそも6倍速のディスクまでしか市販されてないのですから、6倍速でしか焼けなくても文句は言えないのです。試しに手元にあるSONY製の6倍速メディアで試すと14倍速で焼けるようです(ただし、製品によって差があると思います)。次にPanasonicの6倍速メディアは12倍速までした。そして太陽誘電の6倍速メディアは6倍速までしか焼けないようです。まあ、太陽誘電のメディアは国産なのに安いですから・・・。

 ということで試しに約23GBのデーターを14倍速で焼いてみることにしました。結果は、9分17秒で焼けました。やっぱり少し早いですね。12倍速では10分以上だった気がします。 ←いい加減。
 気が短い私には、ちょうどいい買い物だと思ってます。「最近は、BD-Rにも大容量の3層や4層のメディアが登場しているので、それも焼けたらな~。でもメディア高いから対応ドライブまだいいや」と思っていましたが、この記事書くために公式HPを見たら3層や4層に対応しているようでした。まさか1万円しないドライブで対応しているとは思わず、びっくり。

 本当は、14倍ドライブなんかは日本の国内メーカーが開発して欲しかったのですが、円高デフレの影響で開発力が落ちてしまったのでしょうか?こういった光学ドライブの世界も日本企業がかなりあったのですが、多くは撤退または縮小しているようです。残念です。「こういった日本企業を守るために、過度な円高の是正とデフレ脱却とでそれを担保する日銀法改正は必要である」という、脱線した結末で終わるのでありました(笑)。

スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 

「ATOK Passportサービス」を購入しました。

 
 知らない人も多いでしょうが、今日は「一太郎2012」と「ATOK2012」の販売日です。

 スマートフォンに製造メーカーのATOKが付属していますが、日本語変換がいまいちでした。試しに「ATOK for Android」の無料体験版をインストールして使ってみると、辞書が違うのか効率的に日本語変換が出来ます。一番の原因は、「ATOK Sync アドバンス」を使って、メインPC(ATOK2011)と辞書を同期できたのが大きいのでしょう。

 「ATOK for Android」を購入してもいいのですが、PCにもより良い変換効率を確保するには、「ATOK2012」も欲しい、となってお得な月額300円の「ATOK Passportサービス」を購入することにしました。年3,600円なら 「ATOK for Android」と「ATOK2012」を同時購入した方が得だと思ったので。どうせ購入するなら「ATOK2012」が販売される本日以降と決めていました。なぜなら、2011を購入してすぐ2012にアップグレードするのが面倒くさかったからです。

 早速、PC版からインストール。あれ、無料体験版をインストールしてからシリアルナンバーとアクセスキー入力して製品として有効化させるって何?とかいろいろやってみてインストールできました。

 インストールしましたが、実感するほどの良さは感じられませんね。まあ「ATOK2011」でも完成度は高いので仕方ありません。少しずつ「ATOK2012」の良さが分かればいいと思っています。そもそもスマートフォンの日本語変換はかなり改善され、PCとの辞書等の同期ができるのですから、満足しています。

 
 
 
 
 
 

パソコン起動するのが怖い・・・(苦笑)。

 
 訳の分からないタイトルですが、要するに「1年近く立ち上げてないパソコンを立ち上げるのが怖い」ということです。
 そのノートパソコンは、電子入札用のパソコンですが、使用する用事がなくて全然使ってない。その一番の問題は、電子入札サイトでJREのバージョンが固定されているからです。1年前以上のバージョンだからJREのですから、脆弱性ありまくりなんですよね(苦笑)。ちょっと怖くて普段のネット接続には使えません。

 でも、電子入札の更新のためにパソコンを起動しなければならない。だが、どうセキュリティを保ちながらソフトの更新をするか悩みます。でも、こういった難しい課題に自作魂?に燃えますね。ただ、時間はかかりそうなので、相当な覚悟がないとできません。
 まあ、新しいパソコン購入すれば楽なのですが、予算の問題が・・・(苦笑)。

 なんとかやってみます。

 
 
 
 
 
 

やっぱり情報のないモデルに手を出さない方がいい。

 
 最近秋葉原でLG製のブルーレイドライブ「WH12LS38K」が販売されている。海外モデルということで格安なので購入してみました。バルクながら、取付ネジ・S-ATAケーブル・SATA変換電源ケーブルも付属しているので、取付の容易です。さて、付属のバンドルソフトをインストールしたら、驚きました。なんと私の場合だと、ライティングソフト「Power2Go」がインストールできません。なんで?せっかく12倍速で焼こうとしているのに書き込みソフトがないんじゃ、意味がありません。ちなみCD-ROMににプログラムは入っているのですが、直接「SERTUP.EXE」をクリックしましたがダメでした。なんででしょうね。

 結局、別なLG製のブルーレイドライブに入っていたバンドル用CD-ROMから、ライティングソフト「Power2Go」インストールし直しました。無事BR-Rで12倍速で焼けました。めでたし。めでたし。でも、ライセンス上大丈夫なのだろうか?ダメですか。でも、付属のCD-ROMからインストールできなかったので許して下さい・・・。

 あと、付属のDVD・ブルーレイ視聴ソフト「PowerDVD9」は、3D対応のようですが、CPRMに対応してないので地デジのレコーダーで録画したDVDをそのままで視聴することはできません。ただ、ハードの方は対応しているので、CPRMに対応している視聴ソフトにすれば再生は大丈夫です(確認済)。

 どうしても12倍速で安く焼けるドライブということなら購入する価値はありますが、そうでなければ10倍速の「WH10LS30」の方がいいかもしれません。最近の付属のバンドルソフトも「PowerDVD10(多分CPRM対応)」と新しいようですし・・・。

 
 
 
 
 
 

スマートフォンを購入してから1ヶ月だったのか・・・。

 
 スマートフォンを購入して、もう一ヶ月が経過しました。毎日ドタバタしているとはいえ、時の流れるのは本当に早いです。購入時には、「使いこなせるのかな?」と思っていましたが、文字入力も結構慣れました。ただ、キーボードと比較すると非常に入力しずらく、140字以上は入力したくありません(笑)。

 意外だったのは、メインのプラウザが決まっていないことでしたね。一番多く使っているのは、画像を圧縮して受信しているので速度が速いとされる「Opera Mini」です。ただ「Opera Mini」はFlashには対応してないので、「Opera Mobile」を使ったりしています。さらにパスワードが必要なものには、PCと同期できる「Firefox」を使っています。アンドロイドの純正プラウザもあるので、使えるプラウザは4種類って・・・、と自分でも思います(笑)。そのうち絞りたいのですが、難しいかも知れません。こうやってソフトのインストールやアンインストールができるが、スマートフォンの魅力でしょうね。

 今の機種をどれだけ使い続けるか分かりませんが、しばらく使ってみようと思っています。次はやはりデュアルコア搭載の機種がいいですね。

 
 
 
 
 
 

Firefox 5 正式公開

 
 ネタ切れで全然更新してないので、とりあえず書いておきます。

 「Firefox 5」が正式公開された。今まで開発のスケジュールが遅れまくったFirefoxが、ここまで早く次期バージョンを出してきたのは正直驚いている。これも営利企業の開発とは言え、「Google Chrome」のバージョンアップが異常に早いからだろう。競争というものは消費者に良い影響を与える場合が多い(ただ、そこに所属している人は大変になるが)。

 私のPCでは昔からの設定を引き継いでいるので外見上の変化はない(笑)し、私の環境では問題なく使えている。

 私は今後もFirefoxをメインのプラウザを使うか分からないが、他のプラウザに負けないようとにかく頑張って欲しいものである。

 
 
 
 
 
 

UVD3に釣られちゃいました・・・。

 
 私は、「Radeon HD6XXXシリーズ」が販売された時に動画支援機能「UVD3」が搭載されていると聞き興味を持っていた。その目的は、動画支援機能によってPCが少しでも軽くなることを願ってだ。だが、GPUの常として消費電力の制約がないハイレンジの製品が優先される。当然、補助電源が必要となるので、今まで購入を控えてきた。

 今週、AMD社の「Radeon HD 6450/6570/6670」が販売されたので、徹夜明けでしたが、早速購入してみました。ただ昨日時点では、SAPPHIRE製のグラフックカードしか店頭に並んでいませんでした・・・。震災の前までは、Radeon HD5670を使っていたので後継の「6670」にするか、現在節電用GPUの「5450」の後継「6450」と、どのGPUにしようか迷いましたが、とりあえず中間を取って6570に落ち着きました。VRAMも2GBのも販売されていますが、DDR3の1GBです。

 ハードを変更したので「Windows Windows エクスペリエンス インデックス」を動かすと、「グラフックス」で「6.8」という予想以上に高い数値が出ました。私は「5くらい評価されればいいのにな」と思っていたのですが。ちなみにVRAM512MBの5670のスコアは7.0でした。VRAMのせいかもしれませんが、下から2番目のGPUだから、どんだけ評価高いのでしょう。まあ、ベンチマークテストやゲームでもやらない限りその性能の高さを実感することはあまりないでしょうが。

 でも、1スロットのみの6670が販売すれば購入しちゃう気がします・・・。

 
 
 
 
 
 

無線LAN接続に一苦労(苦笑)

 
 先週末は、外出した上モバイル環境がなく1日分TLを読めなかったが、今週はポケットWi-Fi端末が届いたから大丈夫と思っていたら、慣れない無線LAN設定で一苦労しました(苦笑)。

 一番の原因は、私が説明書を熟読しなかったことです(笑)。いつもだと適当に見ても設定できてしまうのだが(単なる偶然?)、今回は全然ダメでした。しかも、「接続できない」と苦労していたら、単に無線LANをONしてなかったという単純ミス(今まで使ってなかったから切っていた)という単純ミスも重なった。いやはや。

 苦労して、なんとかネットに接続できるようになりました。無線LAN接続は、LAN側でWi-Fi端末探さないといけないから接続に時間かかりますね。これなら今までのUSB接続の方が早いような気もするが、USB接続だとダイアルアップ型式(懐かしすぎる)だし、ネットブックの3つしかないUSBボードの1つを使うのは厳しいのだ。しかも1つは、ReadyBoost用のUSBメモリーが常駐しており、もう1つはマウスに接続している。そしてUSBのモバイル端末を接続するとUSBの空きがないのだ。今までの環境だとネットに接続しながらCDやDVDドライブを動かすのが厳しい環境にあった(重くなるのでそんなことやらないけど)。
 これが無線LANにより解消したのは大きい。パソコンに限らず、他の無線LAN機器にも接続できるようだし。

 まだまだ無線LAN接続に慣れていませんが、徐々に修行していきます(笑)。 

 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー