メイドカフェ「Love Cafe」にご帰宅してました

 
 先月開店したメイドカフェ「Love Cafe」にご帰宅しました。メイドカフェと言っても、撮影スタジオ(5階)・カフェ(6階)・ゲーム等の遊戯ルーム(7階)の複合店のようです。

 私はカフェ目的ですから、5階の入口から階段上がって6階のカフェルームに行きました。前の前の店(メイドカフェ)にはご帰宅したので、壁の色とかは変わっていても、その雰囲気が残っていたので懐かしかったですね。ちなみにチャージが開店から17時までが500円/h、17時以降が700円/hと記憶しています。

 店名が「Love Cafe」ということで、カフェスペースはピンクの壁の内装でした。メイド服もピンク色のメイド服でした。珍しいと思ったのは、2つありました。まずは、他のメイドカフェではカフェの座席でやるゲームが7階の遊戯スペースでやるらしい。その時は時間がなくてやりませんでした。私はゲーム全般弱いので、ゲームはほとんどしません。メイドカフェだと罰ゲームが結構あるので(苦笑)。あとチェキのメニューがありませんでした。撮影スタジオがあるので、本格的なメイドさんを撮影して欲しいのでしょう。ただ自分で撮影するとメイドさんと一緒に撮影するのとは違うと思いますけどね。「メイドとのツーショット限定でチェキメニュー」というのも悪くないと思います。私は写真撮るのが下手くそなので、女性を撮影する趣味はありませんので、参考にならないかもしれませんが。

 萌え萌えを前面に出すことなく、こういったお店も増えてくればいいですね。

スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 

メイド喫茶・メイドリフレ複合店「アリスの隠れ家」に帰宅してみました

 
 3月に開店したメイド喫茶・メイドリフレ複合店「アリスの隠れ家」に帰宅してみました。その存在は知っていたけど、場所がいまいち分からずご帰宅できませんでした(苦笑)。

 歩いているとようやく看板を見つけてお店の場所を知りました。ということでご帰宅してカフェを選択。カフェの方はかなり小規模ですね。テーブル席があるかどうかも確認できませんでした。ちなみにカフェはチャージ無しの600円からなので、良心的な価格設定です。ただ私がいるときには、カウンターにメイドさん一人しかいませんでしたが。

 もらったチラシに「初回のみリフレ10分延長」とありましたので、リフレも体験してきました。リフレを受けた部屋は緑色で少し照明を落とし、施術用のベットもある本格的な部屋でした。リフレ店の中ではベットではなくマットのお店もありますので。施術の方は、開店して間もないのでまだまだ慣れていないようですが、しっかり研修は受けていると思いました。

 昔は数店ありましたが、メイド喫茶とメイドリフレ複合店は秋葉原では珍しくなってしまいましたので、こういった形態の店も続いて欲しいですね。

 
 
 
 
 
 

メイド タイ古式マッサージ店「わっとぽーAkiba」に行って来ました

 
 今月2日に開店したということで、メイド タイ古式マッサージ店「わっとぽー Akiba」に行って来ました。私はタイ古式マッサージを受けたこともないし、葉っぱをイメージしたと思われる独自のメイド服など興味があることばかりでした。

 入店して、コースを決めて前金で支払い、カーテンで仕切られた部屋に入ります。まあまあ広いですね。そして指定された服に着替えます。シャワーのメニューがあったので、シャワーを浴びた後に着替えるかと思いましたが、予想が外れました(苦笑)。60分のメニューだとシャワー料金が含まれてないかも知れませんが。

 着替えた後に、のぅあ(メイドさん、タイ語でマッサージを行うスタッフという意味らしい)さんと挨拶をしてから施術開始。一般的な(といってもコスプレしている店しか私は知りませんが(笑))リフレとは全然違うものでした。それは、パウダーやオイルを使わないで指圧や腕によるマッサージ、そしてプロレスみたいな(表現下手ですいません)ストレッチが多かったです。いろんな姿勢でストレッチを受けていて「自分が今どんな姿勢なのかな?」と思うと非常に興味を持ちました。ただ、私は体がかなり柔らかい方なので、さほど苦にはなりませんが、体の硬い人は大変だと思います(笑)。しかし、公式HPにもある「2人でやるヨガ」という表現は、上手いですね。

 施術終了後、着替えてお茶を飲んでポイントカードをもらって終了。さらに長いコースだと、さらにいろいろなマッサージがあるので、機会があればもっと長いコースで体験してみようと思っています。料金も秋葉原のメイドリフレと比較しても良心的ですしね。

(追記 2012/2/13)
アキバ経済新聞さんに紹介記事があったので、リンクしておきます。こういった風に施術されているのですね。受けている本人は見えないので・・・(苦笑)。

 
 
 
 
 
 

秋葉原 メイド喫茶&バー Crown TiarA(クラウンティアラ)に行って来ました

 
 昨日グランドオープンしたとTwitterにあったので、ご帰宅してみました。いきなりですが、どうしても前の店と比較してしまうでしょうが、ご容赦下さい。

 エレベーターから降りると分かるように黒を基調とした店内になっています。店内はカウンターが新たに設置されていますね。

 システムは「旅人」というランクでチャージ1時間800円からスタートですが、時間が来ても「メイドさんがお知らせすることはないので、時間は自分で管理して下さい」とのことです。時間が経過すると新たにチャージ料がかかるのは言うまでもありません。そして店内がお城の設定なので前の店のようにご帰宅すると上がる階級がいろいろあるようです。

 メニューを見ると、いろいろなメニューがあって驚きました。チェキやゲームなどはよくありますが、メイドと乾杯できるとか、一番高いオリジナルカクテルを頼むとメイドが耳元で何か言葉をささやいてくれる、というのもありました。ちなみに私は注文しなかったので、どのような言葉がささやかれるのかは知りません。それに飲食店でメイドが客にビンタするビンタメニューを初めて見たような気がします。皆さんが見てる前でのビンタですか・・・。私はリフレでもやったことありません。

 メニューを見て分かるように、「メイド達とわいわいやりながら過ごす」という印象が残りましたし、メイドさんや男装さんもそういったキャストだったと思います。

 こういったメニューを揃えているお店は今後どうなるのでしょうか。ちょっと楽しみです。 

 
 
 
 
 
 

「神リフレ」にご帰宅してみました

 
 「神リフレ」というすごい名前の理由は、お店のあるビルが「神タワー」だからです。しかしすごい名前だな・・・。

 失礼ながら、このお店の開店したことに全然気がついていなかった。気がついたのは、足裏の絵が書かれた看板を持って呼び込みをやっていたからです。まだ公式だとmixiとビルのTwitterしかないようです。情報が一番載っているのは働いているメイドさんのブログだったりします。

 ちょっと気になったので、先日ご帰宅してみました。お店には、チケットの自動販売機があります。そういえば、自動販売機って以前あったメイドリフレのアニーさん以来ですね。どうでもいい話ですが、つい書いてしまいました。

 内装は落ち着いていますね。ただ、施術中他のご主人様やお嬢様が見えてしまいますが。

 担当されたメイドさんは施術はまだまだですが、初々しさに癒されました。こういった経験もいいですね。

 最近はリフレの店(と言っても女子中高生のコスプレした店が多い)が増えて競争が激しく生き残り大変でしょうが、頑張って欲しいです。

 
 
 
 
 
 

「恋愛リフレ◇こいがく」に登校してみました 

 
 先日、今月開店した「恋愛リフレ◇こいがく」に登校してみました。
 
 店内は華やかなイメージでしたが、意外にも落ち着いた雰囲気でした。受付でメニューを決めて早速に施術する部屋へ。「背中もやるので、ベットかマットがあってそこで施術するのかな?」と思ったら、これも意外で背もたれが倒れるソファーでした。ベットとかマットなどにこだわるとかではなく、イメージとちょっと違いましたね。

 施術中は、楽しめました。ただ、リフレに関しては「開校したばかりで生徒さんが経験がまだまだ必要だな」というのが率直な感想。人の体は大きさなどいろいろ違うので、経験を積まないといいリフレはできないのは仕方ありませんね。生徒募集のページに「技術No1を目指します」とあるので、達成を期待しております。そして60分コースを頼んだら、指名しないと30分で交代するシステムみたいです。私は、リフレ店では指名しないので問題ありませんが、同じ生徒さんに施術してもらうなら指名をした方がいいかもしれません。施術終了後に授業料を払って終了です。

 こういったリフレ店に結構行くと、内装やらでイメージが固まってしまうですよね。だから、イメージと違うとつい書いてしまったりします。すいませんでした。

 
 
 
 
 
 

秋葉原の「JKカフェ」に行って来ました

 
 女子高生のみが店員だという13日にプレオープンした秋葉原の「JKカフェ」に行って来ました。タイトルに「秋葉原の」を付けたのは、千葉県柏市に同僚のお店があるからです(こちらは来店していません)。

 営業は、日曜・祭日のみの営業です。その他の日はキャバクラになっているようですね。来店すると、出迎えてくれました。私は、セーラー服やブレザーなど女子高校生風のコスプレで接客していると思いましたが、AKB風の衣装は意外でした。もしかしたら、本オープンでは、女子高生風の衣装になっているかも知れません。
 お兄ちゃんと妹という設定らしい。こういった店だと先輩と後輩という選択肢もあると思ったが、それは店で決めること。

 接客は、プレオープンということもあり、まだまだぎこちないが楽しくやっているようだった。ただ、日曜・祭日限定営業だから、なかなか接客は向上しなそう。大人の気分で来店されることをお勧めします。
 メニューは、お絵かきオムライスなどのコスプレ喫茶らしいメニューもあります。オリジナルカクテルもありますが、店員さんが未成年のため味見をせずに出してきます(苦笑)。なんだかな~。ジャンケン(勝つとチェキ負ければビンタ)とツーショット又はソロチェキが撮れるメニューもあります。来店時には、チャージはありませんでしたが、運営しているAKJスタジオさんのブログによるとグランドオープン後にはチャージが付く予定のようです(金額は分かりません)。

 女子高生好きには、こういった店もあってもいいですよね。

 
 
 
 
 
 

メイドリフレ「フェリシー」に行って来ました。

 
  最初に店内写真を見たときに、雰囲気の良さと施術する部屋の広さやチェアーやベットの写真を見て「お金かけてるな~(失礼)」という強い印象を受けました。加えて、電気街からかなり離れた場所での出店というのも興味を持ちました。

 なんか敷居が高そうだったので、珍しく予約しました(笑)。公式HPによると施術する部屋も3室しかないそうですし、店舗周囲に暇をつぶせそうな場所もない。部屋が空いてないと暇つぶしが大変そうなので、本当に予約することをお勧めします。

 店内は期待を裏切らない内装や良い雰囲気でした。私にはちょっと場違いな感じもしたので少し緊張しました。ただ、施術を担当したメイドさんが意外にも以前別の店で働いていて私を知っていた方なので、緊張せずに済みました。リフレは当然英国式でした。確かに台湾式で効いて客が痛がっているのは、店の雰囲気に合いませんもんね。私はどこが疲れているかはっきり分かる台湾式の方が好きなんですが、店の方針なので仕方ないですね。

 HPにあった45分のコースを頼みましたが、長く感じなく終わりました。いい雰囲気のお店だし、せっかく立派なチェアやベットもあることだし、背中や腰も含まれる全身施術の90分コースで1万円などのコースがあったらいいな、と感じました。長い時間のコースだとメイドさんが手順を憶えるのは大変そうですけどね。  ←実はこれ言いたいために記事書きました(笑)。

 
 
 
 
 
 
プロフィール
 

百おやじ

Author:百おやじ
 男性 仕事はあまりできないが多少の資格はある。
 経済・自作PC関連・メイド喫茶等に興味を持ち、趣味で日本大学通信教育部経済学部を卒業したかなりの変わり者。

 
 
 
 
 
 
天気予報
 
 
 
 
 
 
 
コスプレ時計コスタイム
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去ログ v Co リバース
 

Plug-in byまる。hi

 
 
 
 
 
 
CATEGORY+PC
 
 
 
 
 
 
 
リンク Twitter関連
 
 
 
 
 
 
 
リンク 経済関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ検索
 
 
 
 
 
 
 
当ブログのバナー